fc2ブログ

ハチの巣(4)

6月25日のセグロアシナガバチの巣の様子。

働き蜂が5〜6匹に増え、巣の増築も進行中・・・。






関連記事

山百合

今の時期野生の花の女王とも言える山百合が華麗に咲いている。

香りも良く見栄えも素晴らしい。






 




関連記事

藪萱草

「花菖蒲」が終わって土手で藪萱草が咲き始めた!

主役の交代で梅雨明けのような強い日差しのもとで輝いている。

たった1日で萎んでしまうが、たくさんの蕾が次々と開花するので花期は長い。












関連記事

トビヒシバッタ

菜園で草取りしているとピョンと跳ねた小さなバッタが・・・。

動かなければ見つからないと思われるトビヒシバッタのようだ。

体の外形線境界が地面とほぼ見分けがつかない。





関連記事

枯れ木伐採

援農クラブの定例活動日

竹林に6本枯れた大木があり倒れる危険があるため環境整備グループはその伐採作業を実施。

先ずは倒す方向へ引っ張るロープ掛けを・・・。

 倒す方向を慎重に検討。

 チェーンソウのエンジン音が竹林に響く・・・。

 枯れ大木は狙った方向に地響きを立てて見事に倒れた!

倒した大木は1mほどに玉切って整理、今回は2本を処理してタイムアップ。

梅雨明けのような日差しの暑い日だったが、竹林の日陰で助かった。
皆さんお疲れさまでした。



関連記事

茄子

菜園の茄子がどんどん大きくなっていく。


 「千両2号」


 「賀茂茄子」





関連記事

ムラサキシキブ(紫式部)

林縁でムラサキシキブの花が満開だ。

小さな花だが色合いがいいなぁ・・・。










関連記事

ムラサキツバメ

庭に飛来したムラサキツバメの♀。

どうぞ撮ってくださいとばかりに翅を全開してくれた!





関連記事

クチナシ

ジメジメ ムシムシの梅雨時に咲くクチナシの濃厚な香りは素晴らしい!












関連記事

ヒメウラナミジャノメ(姫裏波蛇目)

草の間を飛び回っているヒメウラナミジャノメ




翅の裏に細かい波型模様があり名前の由来となった。





関連記事

ヤマモモ

”夏至”が過ぎてヤマモモの果実が熟している。

う〜ん ジャムにしたら旨そう・・・。

公園や街路樹でよく見られるが果実が完熟すると落果して一面に路面を汚してしまう、



 

見上げると おおぉ 鈴生りだ!





関連記事

神社境内清掃

援農クラブの定例活動日

環境整備グループは参加者が4名と少なかった。

まず氏神様の山王神社境内の清掃作業。



そのあと竹林の細竹伐採と桜広場へ登るアプローチの雑草刈りをやった。
アプローチの両側は雑草がだいぶ伸びていたが、手刈りでキレイになった。
 


畑グループは2回目のジャガイモ掘り。
今回も掘りあげたメークィンの分配があった。 ありがとう!


蒸し暑い気温でだいぶ汗をかきくたびれた・・・。



関連記事

ハチの巣(3)

菜園のセグロアシナガバチの巣は今日見たら1匹増えていた!

働き蜂が生まれると作業も捗るだろうな。

これからが楽しみ・・・。








関連記事

マミジロハエトリ

林縁で出会ったマミジロハエトリ(♂)。

 メス(♀)はこちら→マミジロハエトリ

何度も気を引こうと指を近づけるも何故かこっちを向いてくれない・・・。

そのうちピョンと跳ねて視界から消えてしまった。








関連記事

カメムシの幼虫

谷戸で見かけた孵化したばかりのカメムシの幼虫たち。 小さい!

おそらくあの臭〜いクサギカメムシの幼虫だと思う。






関連記事

庭の花「ユキノシタ」

我が家の狭い庭でユキノシタが花盛り!

今まであんまり熱心に観察したことがなかったが、アップでみるとなかなか趣のある形の花だと気がついた。

ツルを伸ばして途中から芽が出て次々と増えていく。

葉っぱを「天ぷら」にして食べたことがあるが山菜としての利用価値ありだな。










関連記事

昼ホタル

田圃の見まわりで畦を歩きながら源氏ボタルを探す。

水路沿いの木の葉を根気よく下から覗いていくと見つかる。


 お昼寝のところゴメンよ〜・・・。
 

 今シーズンのホタルもそろそろ終わるなぁ・・・。



関連記事

ハチの巣(2)

菜園そばのセグロアシナガバチの巣を見つけてから2週間経った今日の状況。

まだ単独で子育て奮闘中。





巣の上部に増築した育児室奥には卵が見えた! 幼虫になる前に更に外壁の延伸工事も必要でシングルマザーは大忙しだな。
 



関連記事

アカスジカメムシ

人参の花にアカスジカメムシがたくさん集まっていた!

こんな綺麗な縞模様は野鳥(捕食者)への警戒色なそうだが、それがしにはただ美しく見ているだけで満足・満足なのだ。











関連記事

人参の花

援農クラブの畑グループが”タネ採取用”に収穫しないでいた人参の花芽が背丈ほどに伸びて白い小さな花を咲かせている!

「人参」の花は初めて見たが「セリ」に似ているな。










関連記事
カレンダー
05 | 2022/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

タコノアシ

Author:タコノアシ
タコノアシは沼、川原など湿地に生える多年草、花序がタコの足の吸盤のように並ぶさまからついた和名。レッドデータブック(RDB)では絶滅危惧II 類に分類され、年々減少している。
(2007年準絶滅危惧種に分類変更された)
2004年に現役を退き、絶滅危惧種?の仲間入りをしたので、その名を借りて、リタイア後の生活、身近な自然のできごとなどを発信し、落日の輝きを更に増していきたい。
神奈川県藤沢市に細々と棲息。

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード