FC2ブログ

蝋梅を描く

ディサービス絵手紙ボランティア。  持参したモチーフのメインは蝋梅
 (室内に一晩置いていたら膨らんだ蕾が一気に開花していた!)
あたり一面芳香を漂わせて、描かないひとたちも歓声をあげていた!
絵手紙ぼランティア0118

絵手紙ボランティア仕事初め

今日はデイサービス絵手紙ボランティアの仕事初め!
大小の羽子板、水仙などを持参。
大きな羽子板を飾ったら

 ”あら素敵!八重垣姫やなぁ 昔見に行った歌舞伎を思い出すわ”

物語では武田勝頼の許嫁なそうだ。
恥ずかしながら、それがし羽子板の押絵の素性を知らなかった。
へ〜 ひとつ教えていただいた。

#ボ〜ッと生きてんじゃねぇ〜よ!!# (汗)

絵手紙ボランティア0104

105歳のお祝い!

ディサービス絵手紙ボランティアで105歳になったおばあさんのお祝いスペシャルランチに招待された!
天井から祝福のデコレーションが!
105a
絵手紙を早めに終えてそのスペースに寿司屋のカウンターが用意されて、にぎり寿司が次々と・・・。
105b
フロアの皆さんは、好きなものを注文して握ってもらうが、ボランティアには1人前がお皿に載っているのを美味しくいただいた。 ラッキーな日に巡り合わせたなぁ。
105c 105d
主役の方は102歳の時に似顔絵を描いたことがあるが、その後もお元気で105歳になられて本当におめでたいことだ。

"研修生も一緒に描く

特養老人ホームの絵手紙ボランティア。
行ったら教会のボランティアが「聖しこの夜」を歌っていた!
そういえばもうすぐクリスマスだなぁ・・・。
賛美歌
ロビーで合唱が終わってから片隅で絵手紙ボランティアを始めた。
今回は「千両」などモチーフに年賀状を描くことにしていた。
参加者が2人しかいなかったが、看護福祉士研修生(フィリピンからの若い男性1名、女性3名)の皆さんも特別に参加して、英語と日本語のチャンポンで面白い体験ができた!
研修生
フィリピンでは年賀状のような習慣はないそうで、みなさん思い思いに楽しそうに描いていた。
年賀状
漢字もひらがなもちゃんと書けていて、さすが有能な皆さんだと感心した。
出来上がった年賀状を大事にしまっていた。

4人ともフィリピンでは優秀な能力のある若者で、日本の国家試験合格を目指しているそうだ。
このような人たちにいつかお世話になるのかなぁ・・・と複雑な気持ち。

施設のスタッフは、研修生の個性を判断するいい材料になったと喜んでいた。

獅子柚子と花柚子

ディサービス絵手紙ボランティア。 常連さんがママレードを作るために買った獅子柚子(鬼柚子ともいう)を持参。送迎車の運転手さんが自宅の花柚子を枝ごと切って持ってきていただき、期せずして柚子の競演となった!
バラは、ボランティア先のバラハウスから開き過ぎて売れないのを貰ってきたもの。
テーブルは色々なモチーフであふれて贅沢気分。(笑)
絵手紙ボラ1207
役得で「花柚子」は帰りにいただいてきた!

晩秋のいろいろを描く

北の各地で遅い初雪のたより。
今日のディサービス絵手紙ボランティアのモチーフは、カラスウリ、クチナシの実、野ブドウ、ツルウメモドキ、栴檀の実など今見られる旬のものを描いていただく。 
菜園で採れたジャンボオクラの枯れた種が珍しがられた。
ディサービスは祭日は休みなし、日曜だけが休み、スタッフはハードな勤務だなぁ・・・。
絵手紙ボラ1123

新人参加!

今回のディサービス絵手紙ボランティアは、しばらくぶりで新人が参加。
恒例となった「似顔絵」を描いてプレゼントしたところ、若く描がれていると嬉しそうだった。

モチーフは秋らしく、ザクロ、柿、野葡萄、アキノノゲシ、キノコなど持参。
参加者が6人もいてテーブルが足りず、別の席でも描いていただいた。
先日補聴器の小さなボタン電池をなくして大騒ぎした方、今回も参加されていたが補聴器でもよく聞き取れないらしく、耳元でゆっくり話すように気を遣っている。
絵手紙ボラ1015

木の実を描く

 台風の置き土産などを卓上に並べて、好きなものを描いていただいた。
絵手紙ボランティア0907
 「ミズキ」の葉っぱを指で切り離してぶら下げて見せると、これが大受け!(笑)
 葉脈の芯の細い繊維が伸びて、葉っぱの切れ端が全て繋がったままブランブラン!
 早速トライする方も・・・。 こんなお遊びも楽しいねぇ。
みずきの葉

台風一過

 台風20号が日本海にあって強風が吹いていた昨日、デイサービスは休みなし、従って絵手紙ボランティアも雨が降ろうが風が吹こうが出かけることになる。
 援農ボランティアで頂いてきた、鶏頭やカラーピーマンなどを持参。
 お盆に仏壇に飾ったホウズキも持って行ったら、好評! これは後日スケスケの網ホウズキを作るつもり・・・。
絵手紙ボランティア0824

苦瓜、ぶどうなどを描く

ディサービス絵手紙ボランティア。 今回は入れ替わり立ち替わりで7名も参加してテンテコ舞い、それがし描く余裕は全く無かった。
途中でお一人が、筆洗のカップに筆を引っかけてひっくり返してしまい、卓上が水浸し!
描きかけの絵が濡れてしまい、慌ててティシュで吸い取りドライヤーで乾かす。
まぁ、こんなハプニングもまた楽しい?ひととき。(汗)
絵手紙ボランティア0817a
ゴーヤは難しいと仰るので、「とにかくイボイボをギッシリいっぱい描けばゴーヤになりますよ」とアドバイス。
オーやってるやってる!その調子で・・・。(笑)
絵手紙ボランティア0817b
このぶどうは、カミさんが知り合いのぶどう園に買いに行った時、廃棄する摘果した葉っぱ付きをモチーフにともらってきたもの。 
未熟で食べられない廃物利用だが絵になった!(笑) (カミさんに感謝)
絵手紙ボランティア0817c 絵手紙ボランティア0817d

 孫台風が吹き抜けて行ってしまい、仏壇のお盆の飾りも片付けて・・・。
  ふ〜 〜 ・・・。   秋風が吹き始めたなぁ・ ・ ・ 。

おもちゃかぼちゃ

絵手紙ボランティア0803a

絵手紙ボランティア0803b暑くて暑くて・・・。

ディサービス絵手紙ボランティアは、到着するともうヘロヘロ。

昨日菜園で採った夏野菜と早朝ウォーキングで採った花など持参。

常連さんが「おもちゃかぼちゃ」を持ってきてくださり、助かった。
おもちゃかぼちゃは、色、形が様々で面白い。

耳の遠い方が参加しており、耳元で会話するよう気をつけながらお手伝い。

出来上がった作品は、配膳室仕切りの窓ガラスに掲示してルームの皆さんにも見ていただけるようにしており、前回の作品と交換してお持ち帰りいただくことにしている。

人面茄子だぞ〜!

菜園で採れた面白茄子。 ディサービス絵手紙ボランティアに持参して、カッターナイフで小細工した。 面白がって描いていただけるかと思いきや、意外にも不人気でいささかがっくり・・・。(笑)
茄子 茄子a
やっぱり絵にならないかぁ・・・。  トホホ・・・(汗)
絵手紙ボランティア0727

夏野菜を描く

 特養老人ホームの絵手紙ボランティア。
 出かける前に菜園で採ってきた茄子、ミニトマト、キュウリなどの夏野菜を持参。

 参加者4人にボランティアふたりで余裕があった。
 自力で描けないお一人には、輪郭を描いて塗り絵で仕上げていただいた。

 懸命に完成させた作品を前に、みなさん満足げの笑顔・・・。

 初めて描いた方は、
 「難しいと思っていたが意外に簡単で楽しい・・・」
 とのことで、これからも続けていただけると嬉しいねぇ。
絵手紙ボランティア0712

夏野菜を描く

昨日のディサービス絵手紙ボランティア。
菜園で採れ始めた夏野菜(ミニトマト、シシトウ、ナス、キュウリ)とヒマワリ、ヤブカンゾウなどを持参。 食材を持って行くと、料理の話、食べる話、と話題がドンドン出てきて楽しいねぇ。
絵手紙ボランティア0706

ボランティア研修会

研修会a昨日ディサービスを運営している社会福祉法人のボランティア研修会に参加した。

認知症の方に接する心構えと、やり方について”ユマニチュード”という手法を勉強した。

基本は
 1 見る
 2 話しかける
 3 触れる
 4 立つ

研修会b 研修会c
研修会d 研修会e
基本の4項目を2人ペアで介護する人、される人を交互に交代しながらインストラクターの指示で試してみた。

要は認知症の方も人間らしい尊厳を尊重して接することが大事だということが改めて理解できた。 が・・・本当に実行できるか?
介護に携わっている人たちの苦労を自分は共有できるか・・・難しいなぁ。
でもボランティアの体験を通して、少しずつでも理解して実行できるよう努力あるのみ、明日は我が身かもしれないし・・・。

ユマニチュードについては→ここwikipediaを参照

セッカチな描くひと

ディサービス絵手紙ボランティア。 今日のモチーフは紫陽花と新玉ねぎ、メークィン、ナス、シシトウなど畑の産物を持参。 
ものすごくせっかちな方がおられ、テーブルの準備をしていると真っ先に陣取り、毎回10分そこそこで描いて席を立ってしまう。 
目の前の視界に入ったものは全てハガキの小さいスペースにドンドン描きこんでしまうのが早いこと早いこと!
聞けば家事もそんなペースでこなしていたそうで、モタモタしていることが嫌いなんだそうだ。
今更直そうとしても無駄。(笑) 
ご本人の意のままに楽しんでいただけばいいかなと・・・。
描いた作品がだいぶ溜まってきて嬉しいとおっしゃる。 

ウンウン それでいいかも・・・ね。
絵手紙ボランティア0608

編み物パッチワーク

 ディサービス絵手紙ボランティアで見たカラフルなパッチワーク。
 通所の皆さんが編んだ作品が繋がって面白い造形美。
編み物

"草雛"を作って描く

ディサービス絵手紙ボランティアで 草雛 の材料を持ち込み、作って描く試みをやってみた。 6名の参加者全員作るかと思いきや、興味を示して作り始めたのはたった二人! う〜ん残念・・・。 少し難しかったかなぁ?
草雛作り
お二人は、出来上がったマイ「草雛」をそれぞれ描いて嬉しそう。
作った「草雛」は大事にティシュに包んでお持ち帰り。
草雛描きa 草雛描きb

巨大「鬼柚子」を描く

今回のディサービス絵手紙ボランティアは、持参した鬼柚子が珍しがられて、ひとしきり話題に・・・。
先日援農クラブで剪定作業した木になっていたのを、その農家から頂いたもの。
絵手紙ボラ309a
ひな祭りは過ぎたが、まだ描く方も。巨大きな「鬼柚子」はハガキ2枚を並べて描く!
絵手紙ボラ309b 絵手紙ボラ309c
「鬼柚子」は「獅子柚子」とも言うらしい。 農家では「獅子柚子」とよんでいた。

お雛様

ディサービス絵手紙ボランティア。 通所の皆さんが紙で作った「お雛様」もモチーフになった。
絵手紙ボラ223a
前回体調不良だった方は今回は大丈夫の様子、さっさとお雛様を仕上げてお風呂へ・・・。
絵手紙ボラ223b
それがしも合間にゆっくり皆さんと一緒に描けた。
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

タコノアシ

Author:タコノアシ
タコノアシは沼、川原など湿地に生える多年草、花序がタコの足の吸盤のように並ぶさまからついた和名。レッドデータブック(RDB)では絶滅危惧II 類に分類され、年々減少している。
(2007年準絶滅危惧種に分類変更された)
2004年に現役を退き、絶滅危惧種?の仲間入りをしたので、その名を借りて、リタイア後の生活、身近な自然のできごとなどを発信し、落日の輝きを更に増していきたい。
神奈川県藤沢市に細々と棲息。

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード