おもちゃかぼちゃ

おもちゃかぼちゃa
ディサービス絵手紙ボランティア。 常連さんのお一人が、娘さんに産直で買ってきてもらったとおもちゃかぼちゃを持ってきてくださった!
おもちゃかぼちゃb初めて見る面白い形。

あとで調べたら「王冠(クラウン)かぼちゃ」というアメリカ原産のおもちゃかぼちゃのようだ。

その他「茄子」、「アイコ」、「三尺ささげ」、「シシトウ」など菜園で採れた野菜もモチーフになった。

参加者は5名、右手の不自由な方も左手で筆を持って頑張って描いておられる。

嬉しいねぇ・・・。

いろいろな夏野菜を描く

ボランティア先の農家からナス、ゴーヤ、ピーマン、オクラなどいろいろな種類の夏野菜をいただいたので、ディサービス絵手紙ボランティアに持って行った。 
描くお手伝いをしながら、合間に色違いのゴーヤを少し描いた。
夏野菜ディサービスはお盆休みもなく日曜日だけが休み、スタッフの皆さん大変だなぁ・・・。

落ちこぼれザクロが人気!

絵手紙ボラ0707a

絵手紙ボラ0707b今日のディサービス絵手紙ボランティアは、拾ったザクロの落果が人気!

形と色が面白い。

その他にアジサイや菜園で採れた茄子、ミニトマト、ジャガイモなどを持参した。

今日も参加者は3人、見学だけの方がひとり・・・。

一緒に描く時間ができて良かったような、悪かったような・・・。(苦笑)


アジサイを描く

6月最終日はディサービス絵手紙ボランティアで、梅雨らしい小雨の中を出かけた。 せっかく行ったのに参加者は3人! お陰でそれがしもゆっくり一緒に描くことができた。
アジサイと新ジャガ、ミニトマトを持参。
絵手紙ボラ0630
お年寄りは体調が一定していないようで、デイサービスに来ても描く意欲のでない時もあるんだな。 無理にお誘いはしないが、いささか寂しいボランティアだった・・・。
今年もハヤ折り返し点に来てしまったなぁ・・・。

アジサイや青梅を描く

梅雨入りして最初の絵手紙ボランティアは、特養老人ホーム。
6名参加されたが、自力で描ける方は二人しかおらず、他の方はいつものように輪郭を描いてあげて塗り絵をやっていただく。 簡単なモチーフの青梅の下絵に色を塗るのだが、これがなかなか大変な作業で、もう一人のボランティアさんと大忙し。
102歳のおばあさん、途中で居眠り! 
それでも頑張って塗り上げたぁ! ハイタッチ(笑)
今日は予定時間を30分以上延長して、最後の一人もお名前を記入するまでやってようやく完成、嬉しそうにニコニコ笑顔で車椅子でお帰り・・・。部屋に飾ると仰っていた。 あまり変化のなさそうなホームの日常で、ほんのわずかな時間だが脳の活性化するひと時だな。
絵手紙ボラ0608

虫メガネ

有料老人ホームの絵手紙ボランティア。 4人の参加者の中で、だいぶ機能の衰えた車椅子のおばあさん、自力では描けないとおっしゃるので、輪郭を描いてあげ、塗り絵をやっていただく。 老眼鏡をかけて、さらに虫眼鏡で拡大して輪郭線を確認しながら色を塗っていく。 モチーフは持参した赤く熟した「草苺」。
丹念に色付けして完成、ご自分の名前をひらがなで書き込むのが精一杯、よく頑張りました。👏 (hakusyuと打ち込んで変換したら漢字の拍手の他に絵文字も出るんだねぇ!)
虫メガネ

久々の男性参加!

ディサービス絵手紙ボランティアで、珍しく男性お一人参加された!
通所のみなさんもほとんどが女性の中で男性は数えるほど少ないが、その中からだいぶ以前に何回か参加された方をお誘いしたら、今日は快くテーブルに来ていただけた! 
演歌がお好きのようで、描きながら小節を効かせたメロディーを小声で口ずさんでご機嫌・・・。 
嬉しいねぇ、久しぶりに皆さん会話が弾む。
絵手紙ボラ0414

ストーンペインティング

昨日のディサービス絵手紙ボランティア。
絵手紙ボラ0310b

絵手紙ボラ0310e「つくし」を熱心に描く、始めて間もない方。

ものすごく細かく丁寧に描いていくのに感心した!

脳トレにはもってこいだなぁ。



メンバーのお一人が昔描いたストーンペインティングをわざわざ持って来てみんなにご披露していただいた! 同じ石に裏表描いているので面白い。 なかなか素晴らしい作品に一同感嘆の声! 描いてない石もたくさん持って来ていただいたので、活用を計画するかな・・・。
絵手紙ボラ0310c 絵手紙ボラ0310d

毎回描いた作品は、ルームのガラス窓の桟に並べて他の方にも見ていただいているが励みにもなり好評・・・。
絵手紙ボラ0310a

ディサービスの雛祭り

ディサービスの絵手紙ボランティアに「草雛」を持参。
ところが草雛は出来栄えを褒められたが、難しいと誰も描かず。(汗) 
雛祭りa
持参した「デコポン」が描きやすいと・・・。(笑)
昼食は雛祭りスペシャルランチの「ちらし寿司」。
雛祭りb 雛祭りc
招かれてお相伴に預かった! 
ちょうどいい日にボランテイアでラッキー、美味しくいただいた。

春一番!

今日のディサービス絵手紙ボランティアは、強い南風の春一番に吹かれてよろけながら出かけた。 前回同様5名参加。 参加して3回目の方、少し認知症気味の方のお二人を、つきっきりでお手伝い・・・。
なんとか完成させた、お二人の満足の笑顔がいいねぇ。
絵手紙ボラ0217a 絵手紙ボラ0217b

夏みかんを描く

絵手紙ボラ0210a

絵手紙ボラ0210bディサービス絵手紙ボランティア。

持参したモチーフの中で1個だけの「夏みかん」が人気で早い者勝ち。

形が複雑でなく描きやすいのだそうだ。

「夏みかん」から遠い方は、仕方なく「ブロッコリー」や「バラ」に挑戦していた。

今回は5人参加でテーブル満杯、いつもこんな盛況だと嬉しいんだがなぁ。

紅梅を描く

デイサービス絵手紙ボランティア。 今回も施設見学(体験)の方が一人加わった。
恒例の似顔絵をプレゼントして、好印象を期待する作戦。 
通所を決めていただくと参加メンバーが増えるのだが・・・。

紅梅
モチーフは、援農ボランティアでいただいたブロッコリー、おはようボランティアの小学校に咲いていた紅梅などを持参。

ディサービスは老人ホームの人たちより元気な人が多く、ボランティアの負担も少ないので、みなさんとおしゃべりしながら一緒に描くゆとりがある。

ウチへ帰して・・・

有料老人ホームで「絵手紙ボランティア」。
ここでボランティアしての帰り道は、いつも気持ちが下降線をたどる・・・。

今回は参加者が4人、ボランティアはそれがしともうひとりの女性の二人だが、自力で描けない方が二人いて、付きっきりでお手伝い。

あらかじめモチーフの輪郭を下絵として描き、塗り絵方式で進める。

右耳の不自由な方は左側に寄り添って耳元で大声で会話。

文字を思い出せないと、紙に大きく描いてみせる。

パレットに絵の具を溶いて混色、筆に絵の具を含ませてティシュに塗って目で色を確認していただいてから、その筆を持って描いていただく。

頑張ってようやく描き終えスタッフにも褒めてもらうと、ご満悦の笑顔にやっと救われる。

参加者ではない方が、「ウチへ帰して、お願いだから」と懇願しながら自室からスタッフに支えられて出て来た!
それがしに手を差し伸べて
「先生、ウチへ連れてってください。ここの人はみんな悪い人ばかり。 ウチへ帰してください!」
とすがりついてきた・・・。 (マスクをしていたので医者と思い込んでいる様子)

仕方がないので、色々質問などしながら調子を合わせ、手をつないでロビーから廊下をスタッフと歩き回るのだが・・・。

やがて「足が動かない、歩けない・・・」と立ち止まる。
スタッフが廊下に置いてある車椅子を持ってきて座らせると、気持ちが落ち着いて少し穏やかさを取り戻した。
そのまま静かに自室へ戻されたが、にわか医師のそれがしは複雑な気持ちで皆さんの元へ・・・。

高齢の方からいろいろ得るところも多いのだが、明日は我が身かと思わせる出来事もあるのだ・・・。

介護スタッフの仕事は大変だなぁ、皆さんの苦労に頭が下がる。

ボラティア仕事始め

新しい年の仕事始め、今日はディサービス絵手紙ボランティア。
ルームには「獅子頭」が飾ってあり、正月気分を醸し出していた。
獅子頭
施設見学(体験)の方もお一人参加されたので、いつものように似顔絵をプレゼント!
ここの施設が気に入って通所していただけると、参加者が増えていいんだがなぁ・・・。
絵手紙ボランティア106a 絵手紙ボランティア106b
庭に咲いていた水仙と、ミニ羽子板、途中で拾った椿の落花を持参して描いていただいた。

日本髪の結い方

ディサービス絵手紙ボランティアで、常連さんの方が思い出しながらスケッチブックに描いた「日本髪の色々な結い方」を見せていただいた。 女性の年齢によって結い方が異なることなど、興味深い内容にみなさん話題が盛り上がった。
お年寄りのお話は勉強になるねぇ・・・。
日本髪

落ち葉を描く

今日のディサービス絵手紙ボランティア。 行きがけに拾ったモミジなどの落ち葉が好評で、スケッチブックに描く方も・・・。
絵手紙ボランティア1209a
前回から参加の方は熱心で、じっくりと描いておられた。 少し「モノ忘れ」があるとのこと、念のため、帰り際に事務所で担当課長から接し方の心構えなど伺った。 
 まぁ描くことは脳トレになるから、楽しんでいただけばいいのだ。
絵手紙ボランティア1209c 絵手紙ボランティア1209b
ルームの各テーブルを回って、モミジのタネでヘリコプター、ガガイモのフワフワ綿毛を飛ばして見せると、皆さん興味を示して喜んでいただいた。 描かないひと達にもちょっとサービス。(笑)

誕生会

ディサービス絵手紙ボランティア。 先日見学に来て絵手紙を試していただいた方が通所を決めて、今回から絵手紙も参加された! 久しぶりの新人加入、嬉しいねぇ。 モミジの葉っぱを輪郭を鉛筆で写し取ることから、ゆっくりユックリ描いていただく。 
お隣では、ふるさとから持って来た「マムシグサ」の赤い果実が珍しいと興味津々で描いおられた。
誕生会a 誕生会b
今日は誕生会のイベントで「寿司バイキング」が開催されて、ボランティアのそれがしも昼食をお相伴。 ルームに寿司屋さんが屋台をしつらえて、舟盛りのネタを目の前で握ってくれる。 いい日に当たったなぁ・・・。
誕生会c 誕生会d

コスモス、柿など

ディサービス絵手紙ボランティア。 モチーフは、昨日菜園に出かけてとってきた、コスモスや柿、途中で拾った落ち葉など。 
実りの秋を感じるモチーフに皆さん郷愁を感じるようで、若い頃や子供の頃の秋の話題が次々と出てくる。 東北、関西、九州など皆さん出身地が違うので、おしゃべりに花が咲き楽しいひとときとなった。
絵手紙ぼらンティア1021

自画像に歓声!

ディサービス絵手紙ボランティア、今日は新人が一人参加。この施設を見学に来られた方で、気に入って通うようになって絵手紙を描いて欲しいので、いろいろお手伝いを念入りに・・・。(笑) 恒例の似顔絵を描いてプレゼント。

常連さんの一人が、自宅で鏡を見ながら描いた自画像を披露していただき、皆さん興味深く見せてもらい若く見えると歓声をあげていた。

暇があったら自分を描いてみなさいといつも勧めているので、やってみたそうだ! 
いいね、いいねぇ!  格好の脳トレ・・・(笑)
自画像

参加者減・・・

ディサービス絵手紙ボランティア、せっかく秋らしいモチーフをいろいろ準備して出かけたが、参加者がたった3人。 いささか意欲が減退してしまうなぁ・・・。
常連さんがショートスティだったり、体調不良だったりでまぁ仕方がない。
それがしもテーブルの一角にドッカリ腰を据えて、一緒に描いた。
絵手紙ぼランティア1007
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

タコノアシ

Author:タコノアシ
タコノアシは沼、川原など湿地に生える多年草、花序がタコの足の吸盤のように並ぶさまからついた和名。レッドデータブック(RDB)では絶滅危惧II 類に分類され、年々減少している。
(2007年準絶滅危惧種に分類変更された)
2004年に現役を退き、絶滅危惧種?の仲間入りをしたので、その名を借りて、リタイア後の生活、身近な自然のできごとなどを発信し、落日の輝きを更に増していきたい。

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード