FC2ブログ

カレーつくり実習

料理1サークルの「料理教室」に参加した。

今回は、女性講師2人を迎えて本格的なヘルシーカレーに挑戦。

先ず、20種類のスパイスをフライパンで混ぜてジックリと炒る。

レシピ片手にワイワイ、ガヤガヤ・・・。

料理2「ビーンズカレー」と「野菜カレー」の2種類を作るのだが、「ビーンズカレー」の班に入った。

いつものことだが、グループ作業のため分担した部分だけは覚えるが、その他は何となく終わってしまうので、自宅でレシピを見ながら再現するのには苦労するのだ。


5品カレーの他にも作って全5品が完成した。

左上から

 1.タイ米のターメリックご飯
 2.ナンとタンドリーチキン
 3.ビーンズカレー
 4.野菜カレー
 5.サラダ

男の腕では、まぁまぁの味かなぁ・・・。

それがしの判定は”星二つ”だった。

初めてのパンづくり

パンつくりサークル仲間で、パンつくりの料理実習に参加した。

幹事が全て準備しており、示されたレシピと材料で作っていくので、まぁそれなりの出来映えで完成した。

焼きあがったリンゴパン。

中にリンゴと干しぶどうが入っていて旨い!
初めてにしてはうまくできたと思う。

グループで分担して作業したので、自分で全工程をやればもっと満足できたかも・・・。

家で、忘れないうちにひとりでやってみようかな?

フライドポテト成功!

サークルの6月今日の例会は、みんなで料理を楽しむ。
会員のひとりが家庭菜園で収穫した新ジャガと、他のもう一人が収穫した新タマネギを提供していただき、それを使った料理を各人が作って皆で味わうという趣向だ。
フライドポテト1料理があまり得意ではない それがしは、簡単にできそうなフライドポテトに挑戦することにした。

ジャガイモを細長く切って水にさらす
鍋にいれてヒタヒタにサラダ油を満たして火にかける
油温が上がって色がつくまで待つ
 (あまりかき回さない方がいいそうだ)
ブクブク油が煮立って うまくいきそう・・・
キツネ色になってきたところで揚げ終了、ザルにとって熱いうちに塩をからめると、「フライドポテト」の完成で~す!  イヤハヤ、冷や汗モノだったが、ホッとした。

フライドポテト2他のメンバーは、それぞれ手のこんだ料理を手際よく作っていくのに感心した。
肉ジャガ、コロッケ、ポテトサラダ、オニオンスープ、オニオンサラダ、小イモの煮っころがしなどなど・・・。
蒸したイモを皮をむき、二つに切って中をくり抜き、そこにタマネギを刻んでツナを和えた具を詰め、とろけるチーズをのせてオーブンで焼き、更に青紫蘇をトッピングする最も手の込んだ創作料理にはビックリした!
くり抜いた部分はポテトサラダに使うなどは、サスガ~である・・・。
ビールとともに、みんなの力作を賞味しながら父の日のひととき、夏至の夕暮れまで楽しんだ。

「桑の実酒」を仕込む

桑の実酒1ジャムを作った残りの桑の実約500gと氷砂糖、焼酎を準備

桑の実酒2桑の実を容器に入れる
氷砂糖約350gを入れる
焼酎(ホワイトリカー35度)1.8Litを注ぐ
蓋をして密封

一晩経過した容器の中は、氷砂糖が下に沈んで全体が赤ワイン色に変わった!
当分このまま放置しておこう。

桑の実ジャムを作る

援農先のバラハウス横に、大きな実のなる桑の木がある。
昨日作業後オーナーとボランティア仲間で、この熟した実の収穫した。
木の下にビニルシートを敷いて、たわわになっている枝を揺すると、バラバラといっぱい落ちてきた。
頂いた実のうち、約500gほどを使いジャムつくりを試みた。

桑の実ジャム1桑の実を洗い水を切ってホーロー鍋に入れる。
青い茎はちぎって取った。
下ごしらえで、指先と爪が黒く染まってしまった!

砂糖をまぶして1時間ほど放置。
砂糖の分量は極めてアバウトな目見当、1kg入りの袋からバサバサと振りかけたが、全体の1/3ほどで止めたので300gぐらい・・・か?


桑の実ジャム2果汁がでるので、水は加えなくて良い。
弱火で煮る。
10分ほど煮てから実を潰す。
アクをとると良いそうだが、汁気が少なく一度試みて止めた。
更に15分ほど煮詰めて火を消した。

ブルーベリージャムみたいな色あいだ。


桑の実ジャム3あら熱をとってから、容器に移す。

「桑の実ジャム」の完成で~す!

試食すると、ねっとりとしたほどよい甘さのジャムで、先ずは成功と言える。


残った約500gの実は、果実酒にすることにした。




カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

タコノアシ

Author:タコノアシ
タコノアシは沼、川原など湿地に生える多年草、花序がタコの足の吸盤のように並ぶさまからついた和名。レッドデータブック(RDB)では絶滅危惧II 類に分類され、年々減少している。
(2007年準絶滅危惧種に分類変更された)
2004年に現役を退き、絶滅危惧種?の仲間入りをしたので、その名を借りて、リタイア後の生活、身近な自然のできごとなどを発信し、落日の輝きを更に増していきたい。
神奈川県藤沢市に細々と棲息。

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード