干上がるザリガニ

昨日は、田圃の「水管理当番」が回ってきたので、猛暑の中見回りに行ってきた。
ザリガニa

ザリガニb水路からの取水口の網に落ち葉がたくさんへばりつき、水の流入が遮断されており、一部の田が水不足になっていた!。

稲だけでなく住んでいる生き物もピンチ!

アメリカザリガニは穴を掘って身を沈めていたが泥まみれで、浮草も泥にへばりついて・・・。

網の落ち葉を取り除き、勢いよく水が流れ込むのを確認して帰宅。

オカヤドカリ

世界自然遺産小笠原諸島観光で出会った「オカヤドカリ」。 
南島の砂浜で、ガイドさんの指差す方向の草陰にいた!
オカヤドカリa
大きいなぁ! カタツムリの貝殻が5〜6cmはありそう・・・。
オカヤドカリb

オオイワガニ

世界自然遺産の小笠原諸島観光で、南島の扇池で綺麗なカニを見つけた!
大きさは甲羅の幅は約5〜6cm、全体で20cmぐらいで、波打ち際の岩の上にいた。
オオイワガニa
周りの景色は最高に美しいが、生き物に出会うとさらに興味がわく。
グループのみんなはガイドさんに従ってどんどん奥に歩いていくが、せっかく来たんだからとしばしカニと戯れた。
帰宅後に調べて「オオイワガニ」と分かった。奄美大島以南、小笠原諸島。熱帯インド~西太平洋広く分布。食べられるそうだ。
オオイワガニb

卵を抱いたサワガニ

卵を抱いたサワガニa
今日の下刈りで、仲間が卵を抱えたサワガニを見つけた。
皮手袋の上で迷惑顔のママさんガニが睨んでいる、
卵を抱いたサワガニb
流れの水で泥を洗い流してみると、はちきれそうな卵はきれいなオレンジ色に輝いている。
意外に大粒なんだなぁ・・・。

サワガニ

クラブの作業がいつもより早めに終わったので、谷戸の下流に借りている畑に寄って草取りをした。
サワガニa
林縁の水路に行って泥まみれの手を洗っていると、「サワガニ」が出てきた!
この谷戸で見られるサワガニは青灰色が殆んどと思っていたら、意外にも赤いのも居たんだなぁ。
少しの間、カニと戯れた・・・。
サワガニb

サワガニ

サワガニ1

サワガニ2
下刈り作業中に、出てきた「サワガニ」。 この谷戸のサワガニは、色がブルーっぽい灰色で、赤くない。
水路の泥をすくうと、小さなサワガニがたくさんみられるのだ。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

タコノアシ

Author:タコノアシ
タコノアシは沼、川原など湿地に生える多年草、花序がタコの足の吸盤のように並ぶさまからついた和名。レッドデータブック(RDB)では絶滅危惧II 類に分類され、年々減少している。
(2007年準絶滅危惧種に分類変更された)
2004年に現役を退き、絶滅危惧種?の仲間入りをしたので、その名を借りて、リタイア後の生活、身近な自然のできごとなどを発信し、落日の輝きを更に増していきたい。

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード