FC2ブログ

キスゲフクレアブラムシ

谷戸奥の林の中で見慣れない”アブラムシ”を見つけた!

帰宅してから調べて「キスゲフクレアブラムシ」と判明!(初見)
 
”ゴンズイ”の幼木に幼虫から成虫までいっぱい!

(3月11日撮影)

ガガンボ

ムシの少ない季節だが暖い谷戸の陽だまりの中でガガンボに出会った!
ガガンボにもいろいろあるがこの個体は??

ナナホシテントウ

ツクシを探しに行った時に出会ったナナホシテントウ

少し離れた場所にも・・・。

ムシの少ない冬の間でも成虫越冬の虫に出会うと癒されるなぁ。

蜜蜂の巣

倒木処理で切り倒した杉の切り株に日本ミツバチの巣があった。
だいぶ前に盛んに蜂が飛び回って根元の地際から出入りしていたが、スズメバチに襲われたようで出入りが見られなくなってしまった。

巣は既に空き家でカサカサに干からびていた。
 
30cm以上の深さのウロが巣でギッシリ埋まっていた!
崩れそうなのでそ〜っと取り出して並べてみた。
これだけの規模の巣なら蜂蜜もたくさんあったろうなぁ・・・。


ゴマダラカミキリ

援農クラブの仲間の畑でまだ「イチジク」が残っていた!

枝分かれしているもう一方に目をやると!
イチジクの害虫ゴマダラカミキリがへばり付いていた。

立派な触覚だなぁ・・・。

カミキリムシの眼は外光を反射しないようで精気を感じさせないなぁ。
 

 (援農クラブの仕事納めの日の一コマ)

今年もあと1日を残すのみ、昨日から”孫台風”が上陸して非日常の世界が・・・!

オオカマキリの卵嚢

剪定していた梅の枝にオオカマキリの産みつけた卵嚢が!

 こっちにもあった!


ツマグロキンバエ

シマシマ模様の複眼が面白い小さなハエツマグロキンバエが”明日葉”の花で蜜をなめていた。 

体長が10mmに満たない小さなハエだが、口吻が長く突き出て複眼の横縞が独特の姿。


ハラビロカマキリ

洗濯物を取り込んだら一緒にくっ付いて部屋に入ってきた
 ハラビロカマキリ
体色が一般に見られる緑色ではなく、翡翠のように半透明のちょっと珍しい色。
ハラビロカマキリa
柿の上でポーズをとる。
ハラビロカマキリb
また越冬させてみようかと思ったが、まだ外はそれほど寒くないので放してやった。

キマダラカメムシ

図書館の駐輪場で目の前に飛来した大きなカメムシ!(初見)
キマダラカメムシa
クサギカメムシに似ているが・・・。
キマダラカメムシb
鼻筋が通っていてなかなかの美形。
キマダラカメムシd
帰宅して調べてキマダラカメムシと判明。
キマダラカメムシc

キマダラ〇〇と ”キマダラ” のつくムシはいろいろあるなぁ。

オオスズメバチ

援農クラブの活動フィールドに仕掛けた”八チトラップ”の一つを開けたところ、オオスズメバチがいっぱい!
オオスズメバチa
まだ瀕死の蜂もいて鋭い大顎を動かしているすごい形相・・・。
オオスズメバチb

アキアカネ

 ”彼岸花”にとまるアキアカネ。  秋だなぁ・・・。
あかとんぼ

ハラビロカマキリ

倒伏稲の立上げ作業を一休み、みんなで休憩して水分補給していると・・・。
 「アッ! カマキリ カマキリ!」 誰かが叫んだ。

Nさんの帽子にチョコンとのっかっているハラビロカマキリ
ハラビロカマキリa
水筒に移すと、チラリとこちらをうかがう。 ズングリした太めの姿が愛らしいね。
ハラビロカマキリb

 猛暑の辛い作業の中にもつかの間の癒しのひととき・・・。

コカマキリ

植林地の下刈りで驚いて飛び出したコカマキリ」。
捕まえて手に乗せて撮らせてもらった。 意外に落ち着いていて逃げ出さない。
コカマキリa
そのうち鎌の手入れ?を始めた!
コカマキリb
鎌の内側の斑紋がなかなか粋な感じ・・・。
コカマキリc

クマゼミ

近年クマゼミが定着して生息範囲を拡大しているが、実物を撮ったのはこれが最初になるかな。 高木の梢のほうで鳴いているので探すのが大変。
たまたま庭の前の”辛夷”の幹で鳴いていたのでコンデジで撮ってみた。
トリミングしているのでまぁ証拠写真てとこだな。(汗)
クマゼミ クマゼミb

シオカラトンボ

援農クラブの畑で出会ったシオカラトンボ。 
この個体は体色から”ムギワラトンボ”とも呼ばれるが、本来老成しても体色がこのままならシオカラトンボの♀だが、ややこしいことに未成熟の♂もこの体色なのだ。
シオカラトンボb
前肢を首の横に折りたたんでとまる習性はタテハ蝶の仲間と同じで興味深い。
シオカラトンボa
尻尾の先が不鮮明だがほっそりした形態から推定するとどうやら若い未成熟の♂のようだ。
複眼の色もまだ青みがかっていない。
シオカラトンボc

空蝉

庭で見つけた蝉の脱け殻は「ニイニイゼミ」のモノ。
脱け殻a
いつも不思議に思うのは、全身泥まみれで汚いこと・・・。 他の種類は同じ地中から出てきてもみんなツヤツヤでキレイだが、この種は泥を塗っているのだ。幼虫の生育環境が水分の多い地層を好むからなそうだが、そんな田圃みたいな泥んこ状態のところがあるのかな?
脱け殻b

蝉の羽化の不思議

近くの公園に蝉の羽化する場所が集中しているところがある。
脱け殻がいくつも重なり合っている場所も!
蝉の羽化a
3個も同じ場所にひしめいている! 同時にシンクロ羽化?するなら面白いんだが果たしてどうなのか興味が湧くなぁ。
蝉の羽化b 蝉の羽化c

謎を探るべく夜探検に出かけた。 我ながらモノ好きだなぁ。(汗)  
いたいた!今まさに脱け殻におんぶする格好で体勢を整えた幼虫。(眼が黒いので脱け殻ではないことが分かる)
蝉の羽化d
こちらは3個の脱け殻を尻目にまだ羽化の場所を決めかねてモゾモゾ動き回っている。(左端)
蝉の羽化e

周辺を探すと、羽化の進行中の個体がたくさんいたのでその撮影した代表例を・・・。
2020 2024 2025
 20:20発見の個体 →20:24発見の個体 →20:25発見の個体

同じ位置でのシンクロ羽化は見つからなかった。
従って重なり合った脱け殻は”羽化した日にちのズレたもの”と推定。

なぜ羽化する場所が集中するのか、セミに聞いてみないと分からないが、
・地中の幼虫生息密度が高い
・脱け殻は安全に羽化した証拠で自分もあやかりたい
・あちこち探すより位置決めが手っ取り早い
など理由を考えてみたが・・・。(笑)

と まぁ好奇心の満たされた楽しいひとときではあったな。

タマムシ

援農クラブの作業終了後、いつもの広場でひと休みしていると、
  タマムシ、タマムシ!の声が・・・。
Mさんが捕まえてくれた。
タマムシa
飛んでいるところをはたき落とされて少し痛んでしまったなぁ。
それでもこの素晴らしい輝きはさすが!
タマムシb

竹籠で羽化したミンミンゼミ!

地上に出てきて羽化する場所を探している蝉の幼虫。
羽化を観察するため持ち帰り竹籠に入れてやると・・・。
しばらく歩き回っていたがやがて足場をしっかり固めて羽化の体勢になった。
羽化1
以下羽化のナイトショーを時間を追って・・・
羽化2 羽化3 羽化4
22:44には背中が割れてこの状態→ 22:50半身出る→ 22:55反り返る

羽化5 羽化6 羽化7
23:03腹筋を使って→ 23:18ヨッコラショと起き上がる→ 23:20翅がドンドン伸長

羽化8 羽化9 羽化10
23:23翅の伸長完了→ 23:27横から見る→ 23:29籠の中で1時間ほどで無事羽化完了

羽化11
翌朝5:46完全に立派なミンミンゼミ(♂)に変身していた!
戸を開けて外に解放、力強く飛んで行った。

カナブン

谷戸の森の中のクヌギにある虫の酒場は昼間から大にぎわい!
カナブンa
最も多いのがカナブン
カナブンb
「カナブン」は体色に個体差があるし、見る角度でも色が変わって見える。
カナブンc
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

タコノアシ

Author:タコノアシ
タコノアシは沼、川原など湿地に生える多年草、花序がタコの足の吸盤のように並ぶさまからついた和名。レッドデータブック(RDB)では絶滅危惧II 類に分類され、年々減少している。
(2007年準絶滅危惧種に分類変更された)
2004年に現役を退き、絶滅危惧種?の仲間入りをしたので、その名を借りて、リタイア後の生活、身近な自然のできごとなどを発信し、落日の輝きを更に増していきたい。
神奈川県藤沢市に細々と棲息。

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード