FC2ブログ

クチナシ

梅雨の季節にクチナシが咲き始めた。
 
数日前はまだこんな蕾状態だったが・・・ドンドン膨らんで!

周りには濃厚な香りが漂っている。

ここのは八重咲きだ!


ヤマモモ

道路上がたくさんの落果で汚れている。
お〜なってるなってる山桃が、残念ながら手が届かない。



桑の実

梅雨入り宣言が出たが朝から雨の予報は外れて一部青空も見える天気で早朝徘徊に・・・。
桑の実がたくさんなっていた!
もう少し熟すと旨くなりそうだな。



サクランボ

林縁のヤマザクラの”さくらんぼ”が色づいている。 旨そう。

黒く熟したのを味見・・・。 苦甘な果汁と大きなタネでとても食べられない。(笑)
 
 すずなり!



ウグイスカグラの果実

今年もウグイスカグラの果実が熟している。


 甘くて旨い。



ガマズミの花

徘徊途中でガマズミの花に出会った! (ガマズミ科ガマズミ属の落葉低木)

 ちょっと薄暗い林縁でもiPhoneのカメラは優秀だなぁ・・・。

 グッと寄って。


 秋になれば真っ赤な実がなるので期待しよう・・・。

柊南天

柊南天 今年は実つきが良好でたくさんなった!

ブドウかブルーベリーみたいだが不味くて食べられない。



白丁花の異花

足跡を残さずそ〜っとお帰りになる謎のお方(笑)から鍵コメをいただきました。
(鍵コメにするのは事情がお有りのようですので)
鍵コメは直接お返事ができませんが画像でお許しを・・・。
今日改めてツブサに調べてみましたが、花弁が6枚の花は3個見つかりました!
5枚の花に比べて極端に少なく、理由は素人には分かりませんが四葉のクローバーみたいなものかと・・・。(汗)
それにしても画像をご覧になって5枚と6枚を見分ける観察眼には脱帽です。


 


苗代いちご

徘徊途中でナワシロイチゴの群生を見つけた!
ちょうど花盛り!

果実が完熟したらぜひまた来よう。 たくさん採れそうだぞ・・・。



シロダモ

新緑の季節、シロダモの若葉は遠目には銀色に輝いて見える。

密生する産毛が乱反射するせいで銀色に見えるんだろうな。
そばによると柔らかそうな若葉だ。


  秋には真っ赤な実がたくさんつく こちら参照→ 「白梻」の真っ赤な果実


白丁花

庭の白丁花が咲き始めた! (アカネ科の常緑低木)

挿し木するといくらでも増やせる。枝が密生して刈り込みにも耐えるので庭木には適しているが何せ狭い庭でもてあましている。



小米空木

谷戸の林縁で小米空木(こごめうつぎ)が咲いていた!
直径5mmほどの小さな花。

バラ科コゴメウツギ属の落葉低木。



梅の花

ふるさとの春の訪れは遅く、膨らみかけた梅の蕾

もう直ぐ開きそう・・・。




トドマツのタネ

枝ごと折れて落下していたトドマツの松ぼっくり。
長さ10cmぐらいでかなりの大型!

何日か経過して松笠が開いてきた!

地上にはバラバラになって落下した松笠片が散乱している。

硬い松笠片の間に薄い羽根を付けたタネが詰まっている。
これが風に乗ってヒラヒラ飛んでいくんだなぁ・・・。

バラバラにしてみた。 中心に尖った芯が残っている。
 

トドマツ

ふるさとの埴生の宿の敷地にはトドマツの大木が1本そそり立つ。
亡父が北海道から苗木を持ち帰って植えたもので、ひと抱えもある太い幹に成長した!

今まで気が付かなかったが松ぼっくりがたくさん生るようになった。

長さが10cmほどの大きさだ。トドマツの松ぼっくりは樹上で完熟すると、ばらけて飛散してしまうので原形のまま地上で見つかるのは珍しいようだ。強風で枝折れして落下したのかも・・・。



紫木蓮

街路樹の「紫木蓮」が咲いている。


 


十月桜

秋から冬に咲いていた十月桜は春の桜の季節にまた咲いている!

相当なエネルギーの持ち主だなぁ。



草苺(クサイチゴ)

藪の中に純白の花がいっぱい! 草苺の花だ。


名前は”草苺”でいかにも草のようだが、バラ科キイチゴ属の木本なそうだ。



花桃満開

援農クラブのフィールドに隣接する農地で花桃が満開!
”菜の花”との色の取り合わせも趣がある。


なんとも見事で華麗!


樹形の違う2本の共演・・・。


同じ木でも枝によって色が異なる不思議?

更紗木蓮

公園のサラサモクレンが咲き始めている。

「紫木蓮」と「白木蓮」の種間交雑種なそうだ。

 見上げるほどの大きな木!


カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

タコノアシ

Author:タコノアシ
タコノアシは沼、川原など湿地に生える多年草、花序がタコの足の吸盤のように並ぶさまからついた和名。レッドデータブック(RDB)では絶滅危惧II 類に分類され、年々減少している。
(2007年準絶滅危惧種に分類変更された)
2004年に現役を退き、絶滅危惧種?の仲間入りをしたので、その名を借りて、リタイア後の生活、身近な自然のできごとなどを発信し、落日の輝きを更に増していきたい。
神奈川県藤沢市に細々と棲息。

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード