FC2ブログ

カキドオシ(垣通し)

土手の草むらにカキドオシが咲いている。
(シソ科でつる性の多年草)
蔓状にどんどん伸びて垣根を通り抜けて伸びることから垣通しの名がついた!

若葉は食べられるそうだがまだ食べたことはない。 
葉や茎を乾燥させてお茶がわりに飲用もできるそうだ。試してみるか?

小さい花は可愛らしい・・・。



レンゲ満開

援農クラブの復元田に昨年秋に播種したレンゲ草が満開になっている!

いちめん花の絨毯・・・。

ひとつひとつは小さいが、アップで見ると色といい、形といい見栄えの良い花だ。


 やがて全部田圃の肥料になってしまう。

シュンラン(春蘭)

林床に今年も春蘭が咲いた! (ラン科シュンラン属の野生蘭)

野生蘭だが気品のある容姿でいいなぁ・・・。

このまま大切に守っていこう。



ニリンソウ(二輪草)

ふるさとの実家の敷地や、山菜採りの沢にも大群落のあったニリンソウを援農クラブのフィールドで見ることができて感激!
葉の付け根にもう一つの蕾がありこれが伸びて咲くので二輪草。
 (キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草)

山菜として食べられるが、毒草の「トリカブト」に似ているので要注意! 
花を見れば容易に区別できるので花のない若葉のころは気をつけることだ。
 


アネモネ

消えたと思っていた鉢からアネモネがたった1本蕾を膨らませて突然開花!
 その頑張り偉い! 嬉しいねぇ。 お礼肥たっぷりあげるから来年もよろしく・・・。



ラッパスイセン

綺麗で豪華なラッパスイセン

真正面から撮ってみると・・・。
だまし絵みたいにラッパ部分の底が出っ張っているようにも見える、不思議な感覚・・・???



イタドリ

徘徊中に太くて旨そうなイタドリを見つけた!

ひとつかみほど採って帰宅。 調理はうまくいったら別途アップしようかな。

ヒトリシズカ

知人のメールに誘われて近くの公園に出かけ、ヒトリシズカの開花を確認。
花弁はなく雌しべ1個と白い雄しべ3個だけの単純な構造の花。
外側の雄しべの基部に黄色い葯(花粉を入れる袋)がある。
 (センリョウ科 チャラン属の多年草)

遠出しなくても近所で見られるのはありがたいね。
 
草丈20cmほどの清楚な姿に癒される。



ハナニラ

庭でいっぱい増えたハナニラ

何にも世話することなくほったらかしでも毎年綺麗に咲いてくれる。

掘ると小さな球根がザクザク出てくる。



シロバナタンポポ

今年も良いところを見過ごしたようでシロバナタンポポは少し残った花が咲いていたがショボい。

既にタネが飛んでしまった!

さえない残り花・・・。
 


オオアラセイトウ

この花正式にはなんて呼べばいいのかな?


 オオアラセイトウ、 ハナダイコン、 ムラサキハナナ、 ショカツサイ・・・・
 


ホトケノザ

田圃の土手で夕日に照らされ後光のさしているホトケノザ






少し撮る角度を変えると・・・。





レンゲ開花

昨秋谷戸の田圃にタネを蒔いたレンゲ草がチラホラ開花!

種まきの過去ログはこちら→ レンゲの種まき


この花は春を告げるのに最適な容姿だなぁ・・・。

やがて田圃一面に花盛りとなる筈だ。

カタクリ開花!

昨日偵察に行き未だ蕾の状態だったカタクリが今日はもう開いていた。

昨日の状態
 

1日で開花! いいタイミングだったなぁ。

丈が低くスマホで撮るのに苦労した。

今年は開花が早いようだ。 まだ蕾もあるのでもう少し楽しめそうだ。



タネツケバナ

田おこし前の田圃でタネツケバナが花盛り。
アブラナ科タネツケバナ属の田圃の雑草のひとつで食べられるそうだ。


 
たくさんタネが出来つつある。



ムスカリ

道端の土手に雑草に囲まれて咲くムスカリの群落発見!

なんでこんなところで咲いているんだ?



ノシラン(熨斗蘭)

徘徊途中で見つけた綺麗なノシランの果実。
(ユリ科ジャノヒゲ属の宿根草)



オオイヌノフグリ

春を探し田圃のあぜ道を徘徊、オオイヌノフグリが咲いていた。


 
パラボラ形の小さな花はしっかり太陽を向いている!



コハコベ

どこでも見られるが小さくて目立たないコハコベの花。
白い花弁は実際は5枚なのだが、真ん中が深く切れ込んでいるので2倍の枚数に見える!
田おこし前の谷戸の田圃。
そろそろツマキチョウが飛ぶころだなぁ。


小さい花
 ハコベの花
  お母さんの花

   いつも僕を見てる花

・・・・・・???

遠い記憶のおぼろげな歌詞とメロディ 
曲名も歌詞も定かでないが妙に気になる・・・
昔 むかし 小学校で歌ったか聞いたか????

ご存知の方いらっしゃいませんかねぇ。
もう一度聴いてみたい・・・。

2021/3/2追記
かぜくさ さん 早速ご教示ありがとうございました。
 曲名、歌詞、歌の誕生などはこちら→ 玉川の丘で生まれた歌 『小(ち)さい花』
 メロディーはこちら→ 小さい花 Tiny flower

 

蕗の薹(その2)

 家の周りで見つけた蕗の薹はもう開いている。
これを見るともう春だなぁ。



カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

タコノアシ

Author:タコノアシ
タコノアシは沼、川原など湿地に生える多年草、花序がタコの足の吸盤のように並ぶさまからついた和名。レッドデータブック(RDB)では絶滅危惧II 類に分類され、年々減少している。
(2007年準絶滅危惧種に分類変更された)
2004年に現役を退き、絶滅危惧種?の仲間入りをしたので、その名を借りて、リタイア後の生活、身近な自然のできごとなどを発信し、落日の輝きを更に増していきたい。
神奈川県藤沢市に細々と棲息。

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード