FC2ブログ

タコノアシ干物

遊水池のタコノアシが干物になっている。(笑)

もう秋も終わって遊水池は冬モードだなぁ・・・。


マムシ草

鮮やかな真っ赤な実がいかにも毒草といった妖しい姿のマムシグサだ。
茎の斑紋がマムシに似ているので名前になった。
生育時の栄養状態によって雄雌が分かれる、いわゆる性転換植物。
養分が不足の年は雄株で地下の芋(有毒な塊茎)に十分栄養が蓄えられると雌株になってこのように実をつけるのだそうだ。
(サトイモ科テンナンショウ属の多年草で雌雄異株)

石蕗(ツワブキ)

石蕗(キク科の多年草)が咲き始めるともう冬が迫ってくる感じ、年末の気忙しい気分になってくる。

家の周囲に随分増えてきたようだな。

花は花弁のように見える「舌状花」が周辺に、真ん中は「筒状花」がたくさん集まって一つの花のように見える。


花の構造詳細は福原教授のこちらが興味深い→ ツワブキとキク科の頭花

カラスウリ

庭の青木の枝払いをしたら、カラスウリがひとつ赤らんでぶら下がっていた!
夜咲く花を身近で見たくて何年か前にタネを蒔いていたのが文字どおり”実”を結んだ。
今年生垣に蔓を伸ばしていたのは雄株で残念に思っていたが雌株もあったんだ! 
嬉しいねぇ。
来年からは花も実も楽しむことができるぞ。
カラスウリ

ホトトギス

「ホトトギス」が咲き晩秋に彩りを加えている。
園芸種のタイワンホトトギス
タイワンホトトギスa
枝分かれしてたくさん咲くのが特徴だ。
タイワンホトトギスb

こちらは在来種のよく見られるホトトギス
ホトトギスc
秋の茶室に飾られる「茶花」としても使われる。
ホトトギスd

秋明菊

去年まで鉢植えで一向に咲く気配のなかった秋明菊が地植えにした今年咲いた!
秋明菊b
窮屈な植木鉢より、地面でのびのびとしたほうが良かったか・・・。
秋明菊a

イボクサ

谷戸の田圃の畦でよく見る花であまり気にも留めていなかったが、近寄ってシゲシゲと観察するとなかなか美しい姿だなぁ。
イボクサa
  ツユクサ科イボクサ属の一年生植物。
イボクサb

あざみ

谷戸に咲くアザミ 。 ノアザミだと思うが・・・。
あざみa

あざみb

あざみc

アザミ の種類はたくさんある 詳細はこちら→ 日本のアザミ

 援農ボランティアでバラハウスからの帰路、道端の畑の雑草に混じって「棉」が1本生えていた! 一番下の枝の実は弾けて立派なワタになっている。
棉
上の方はまだ緑色で弾けるのは当分先になりそうだ・・・。
棉

アレチヌスビトハギ

遊歩道脇の植栽の中にはびこるアレチヌスビトハギ(荒地盗人萩)。
アレチヌスビトハギa

アレチヌスビトハギc

アレチヌスビトハギb
北米原産の帰化植物
詳細はこちらをクリック→アレチヌスビトハギ

ニホンハッカ

畦道でニホンハッカの花が咲き始めている。 (シソ科ハッカ属の多年草)
ハッカa
葉っぱを千切って嗅ぐとス〜ッと鼻に抜ける独特の清涼感がいいな。
ハッカb
抽出された「ハッカ油」はいろいろな効能があるようだ。
ハッカc

コスモス

いよいよ10月 秋まっさかり・・・。 消費税複雑な10%にアップ・・・。

菜園のコスモスが綺麗に咲いている。 
コスモスa
ように見えるが、台風で倒れたままで花茎が空に向って90度曲って立ち上がり低い位置で懸命に咲いているのだ!

おやっ! なんかハエの仲間?が写り込んでいる!
コスモスb

コナギ

稲刈りの済んだ田んぼに咲く「コナギ」の花。 厄介な雑草だが花は魅力的だな。(笑)
コナギ

彼岸花

秋の彼岸に咲くので「彼岸花」
彼岸花a
まだ満開ではなくチラホラ開花している。
彼岸花b
ほとんだがまだこんな状態だが、秋分の日にはもっと開花するはず・・・。
彼岸花c 彼岸花d

   9月20日撮影

ツルボ

大群落のツルボが咲いている!
ツルボa
上に向かって次々に開花していく・・・。
ツルボb
キジカクシ科ツルボ属の多年草で球根。
ツルボc

オモダカ(澤瀉)

田圃にオモダカが咲いている。
オモダカa
田圃にはびこる厄介な雑草だが葉っぱが独特の形で趣があり、花も純白で涼を呼ぶ・・・。 絵手紙のモチーフに決まりだな。
オモダカb オモダカc

”オモダカ”は歌舞伎役者 市川猿之助 の屋号でもある。
   詳細はこちら→ 澤瀉屋

モミジアオイ

猛暑の中にふさわしい真っ赤なモミジアオイが咲き始めた。
モミジアオイa
豪華な花も1日でしぼんでしまう。
モミジアオイb

ナンバンギセル

ススキの根に寄生したナンバンギセルが咲いていた。
葉緑素を持たない寄生植物。(ハマウツボ科ナンバンギセル属)
ナンバンギセルa
茎のように見えるのは花柄で茎は地上に出ない。
ナンバンギセルb

キツネノカミソリ

 近所の公園入り口にキツネノカミソリが咲いている!
キツネノカミソリ

露草

爽やかな涼感の露草。 昼にはしぼんでしまう。
ツユクサa
なかなか見られない白花の露草。
ツユクサb
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

タコノアシ

Author:タコノアシ
タコノアシは沼、川原など湿地に生える多年草、花序がタコの足の吸盤のように並ぶさまからついた和名。レッドデータブック(RDB)では絶滅危惧II 類に分類され、年々減少している。
(2007年準絶滅危惧種に分類変更された)
2004年に現役を退き、絶滅危惧種?の仲間入りをしたので、その名を借りて、リタイア後の生活、身近な自然のできごとなどを発信し、落日の輝きを更に増していきたい。
神奈川県藤沢市に細々と棲息。

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード