FC2ブログ

青首大根

葉っぱも本体も食べてしまい残った部分はコレ。
凄い生命力。
新芽が伸び始めているのでしばらく観察してみるか・・・。(笑)



アレチウリ

 川沿いに枯れたアレチウリが絡まっている。

 トゲトゲだった果実も干からびて・・・。

 絡まったツルも面白い。



水仙

 もう水仙が咲いている。
 ひと足早い春プレゼントだ。
 雪に悩まされている地方には申し訳ない気持ち・・・。


 


ツクシ出ている!

ポカポカ陽気に誘われて春を探しに徘徊を・・・。
道端の南斜面でしゃがんでツクシを探すと、あったぁ〜!


防寒着から顔を出す姿は寒そうに首をすくめているように見える。
 

一列に並んで・・・。


“大寒”を前にしてここではもう春の気配だなぁ。



オナモミ

田圃の畔道で干からびたオナモミがたくさんあった。

ひっつき虫と言われるトゲトゲ果実のくっ付いたら離れにくい仕組みは棘の先端が内側にカギ形に曲がっているからだ。





福寿草

咲いたぁ〜 ! ありがとう。
ふるさとから移植した福寿草がたった1本正月に咲いた!
輝く黄色の小さな花が特別に愛おしくなる。
実家の周りにたくさん有る福寿草はまだ凍てついた土の中で満を持していることだろうな。

これは縁起がいいぞぉ。 何かいい事ありそう・・・。


孫たちもそれぞれに帰ってしまい騒々しくも楽しかった正月。

今日はカミさんと二人っきりでヒッソリ・・・。


タコノアシ干物に!

冬枯れの公園の干あがっ湿地でタコノアシが干物になっていた!


 


セイタカアワダチソウ

モコモコ綿毛になったセイタカアワダチソウの花。

まだ咲いているのも見られる!
 


明日葉

明日葉の種子が生育中。 若葉と茎が食べられる。

セリ科の多年草でやたらと増える。



枯れ芒

快晴の空に枯れ芒・・・。
ドカ雪に悩まされる地域の人々には申し訳ない。


コシロノセンダングサ

コセンダングサの仲間はいろいろあるが、コシロノセンダングサ(小白の栴檀草)もそのひとつ。 黄色い筒状花のまわりに白い舌状花が数個ついている。

放射状に展開したタネは先端に2〜3本の棘があり、その棘には釣り針の返しのように細かな逆向きのトゲがあり衣服に突き刺さると抜けない構造。 いわゆる「ひっつき虫」のひとつだ。



コセンダングサ

竹林の林床で「コセンダングサ」が咲いている。 

菊科センダングサ属の1年草。
 
放射状に展開したタネは先端に2〜3本の棘がありそれに更に細かい逆向きの棘がある。

この棘が衣服に突き刺さると細かい逆向き棘が引っかかって抜けない仕組みは凄いな。

こうしてタネは広範囲に移動して新しい命を繋いでいく・・・。

藪茗荷の果実

秋の果実は真っ赤な色のものが多いが、林縁のヤブミョウガ」は渋い控えめの色合いだ。

少し明るい色合いのも・・・。





j

ヤマノイモの果実

ヤマノイモの果実がぶら下がっている。
ヤマノイモは雌雄異株で果実のつくのはもちろん雌株。
この根が芋として大きくなるといわゆる自然薯(ジネンジョ)として珍重される。

ダーツの矢の羽根見たい・・・。

完熟したものを割って見るとヒラヒラの薄い皮膜の真ん中にタネが見える。



同じツルにムカゴもたくさん生っている!

ムカゴご飯旨いんだがな。



皇帝ダリア

援農クラブのフィールド山王神社境内の皇帝ダリアが咲き始めた。

毎年この花を見ると秋も終わりで冬を迎える感じがピッタリだなぁ・・・。



ハヤトウリ

援農クラブの畑の土手に作られた棚でハヤトウリがたくさん採れるようになった! ブラン ブランと・・・。

活動日の分配に登場し始めた。



食用菊

援農クラブの畑で食用菊が咲いている。
見てよし食べてよしの花だなぁ・・・。青森県八戸地方の特産で阿房宮(あぼうきゅう)。




こちらは山形県特産のもってのほか
面白い名前の由来は、「天皇の御紋である菊の花を食べるとはもってのほか」とか「もってのほかおいしい」といったことからつけられたといわれているそうだ。





ヤマノイモ

ヤマノイモの葉が鮮やかな黄色に色付いている。

ムカゴもだいぶ採れた。



キツネノマゴ

まだ頑張って咲いているキツネノマゴ

5mmほどの小さな花だがよく見ると魅力的だね。



レンゲ芽吹く

田圃にタネを巻いたレンゲが芽吹いて生育中!

  種まきの過去ログはこちら→ レンゲの種まき



きれいに咲いてくれよ。



カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

タコノアシ

Author:タコノアシ
タコノアシは沼、川原など湿地に生える多年草、花序がタコの足の吸盤のように並ぶさまからついた和名。レッドデータブック(RDB)では絶滅危惧II 類に分類され、年々減少している。
(2007年準絶滅危惧種に分類変更された)
2004年に現役を退き、絶滅危惧種?の仲間入りをしたので、その名を借りて、リタイア後の生活、身近な自然のできごとなどを発信し、落日の輝きを更に増していきたい。
神奈川県藤沢市に細々と棲息。

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード