オオイヌノフグリ

 毎年春はこのオオイヌノフグリから始まるな。
 今日は暖かかった。 3月初旬の気温なそうだが、明日からまた寒波が・・・。
オオイヌノフグリa
 田んぼの畦や、畑の土手にたくさん咲いている。
オオイヌノフグリb オオイヌノフグリc

立春前の土筆(ツクシ)

 毎年早く芽吹く土筆を探しに出かけた。
土筆a
 お〜ッ! あった、 あった!
土筆b 土筆c
 あちこちに・・・  いよいよ 春だ 春だぞぉ!  明日は立春
土筆d

水仙咲く!

スイセンa
 雪に苦労されている地域の方には申し訳ないが、当地は早くも春の便り?が・・・。
スイセンb

カラスウリ

 通りかかった田圃道の藪でたくさんぶら下がっていたカラスウリ。 いい色合いだ。
カラスウリa
 絵手紙のモチーフに採ってきた。
カラスウリb

トロロアオイ(ハナオクラ)

トロロアオイ」別名「花オクラ」の実がたくさんついている。
オクラのようなこの実は食べられないが、大きな花は食用、オクラのように粘りのある食感で美味しい。
Wikiによると、主に根部から抽出される粘液を「ネリ(糊)」と呼び、和紙の紙漉きの際にコウゾ、ミツマタなどの植物の繊維を均一に分散させるための添加剤として利用されるそうだ。
ハナオクラa
 熟し始めた実は割れてタネがこぼれ落ちる。
ハナオクラb ハナオクラc

皇帝ダリア

 初冬の陽光の下で皇帝ダリアが輝く!
皇帝ダリアa
 見上げるほど丈の高い位置で咲いている大輪の花・・・。
皇帝ダリアb

風船唐棉の綿毛

 先日見かけた「風船唐綿」が爆発していた!  なるほど棉のような・・・。
風船唐棉a
 茎についているアブラムシを狙っててんとう虫が!
 「フタホシテントウ」と「ナナホシテントウ」がいた。
風船唐棉b 風船唐棉c
 タネについたフワフワ綿毛はガガイモの種に似ているな。
風船唐棉d

トキリマメ(吐切豆)

 谷戸の林縁でトキリマメが実っていた!
トキリマメa
 赤い莢の中から黒い艶々の豆がのぞいている。
トキリマメb

オギ

 毛槍のごとく天を衝くオギの穂は、晩秋の趣・・・。
オギa
 風になびく綿毛の柔らかな感じがいいな。
オギb

ガマの穂

休耕田のガマの穂。   フランクフルトソーセージそっくり!
がまa
 爆発しているものもある。
がまb

仙人草のタネ

ふるさとの別荘に滞在、落ち葉掻きや庭の植栽や周囲の草木の手入れをしてきた。
木の生育の凄まじさには毎度のことながら、驚かされる。
仙人草a
ボウボウの生垣に絡まって、仙人草のタネが仙人の白髭のように綿毛をつけていた。
仙人草b

カントウヨメナ

 田圃の畦に咲くカントウヨメナ。 淡い色が好きだなぁ・・・。
ヨメナ

ツワブキ

晩秋の花ツワブキが咲き始めた!
つわぶき

タコノアシが茹でダコに!

タコノアシa
 公園の水辺でタコノアシが赤く色づいている。 酢だこ、茹で蛸・・・。(笑)
タコノアシb

フウセントウワタ

農家の畑で見かけたこの面白い形の「?」。 名前がわからずそのままになっていた。(9月26日撮影)
偶然ブログ「IKEBANA_k花空間」を拝見して、生け花の材料に使われていてその名前がわかった!
 恵さんに感謝!
  風船唐綿(フウセントウワタ) 南アフリカ原産のガガイモ科の多年草
フウセントウワタa
 花もたくさん咲いていて、キイロスズメバチが訪れていた!
フウセントウワタb フウセントウワタc

チカラシバ

 ビンを洗うブラシのようなチカラシバの大きな穂。
チカラシバa チカラシバc
 イネ科の多年草。
チカラシバb チカラシバd

アキノノゲシ

 休耕田に咲くアキノノゲシ
アキノノゲシa
 この淡い色は清楚で好きだ。
アキノノゲシb
 綿毛がふわふわで秋風に乗ってタネが飛んでいく・・・。
アキノノゲシc

色づく秋

 秋色 鮮やか!
秋色
  農家の畑に「コキア」が色づいている。
コキアb
 微妙な色違いで趣がある・・・。
コキアc コキアd

コスモス畑

 菜園はコスモスの花盛り! 2mほどの高さに伸びて、里芋が埋もれてしまった!
コスモス

ヤマホトトギス

谷戸の竹林にヒッソリと咲くヤマホトトギス。 ユリ科ホトトギス属の多年草
ヤマホトトギスa ヤマホトトギスb
 花びらが下方に反り返るのが特徴。
ヤマホトトギスc
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

タコノアシ

Author:タコノアシ
タコノアシは沼、川原など湿地に生える多年草、花序がタコの足の吸盤のように並ぶさまからついた和名。レッドデータブック(RDB)では絶滅危惧II 類に分類され、年々減少している。
(2007年準絶滅危惧種に分類変更された)
2004年に現役を退き、絶滅危惧種?の仲間入りをしたので、その名を借りて、リタイア後の生活、身近な自然のできごとなどを発信し、落日の輝きを更に増していきたい。

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード