FC2ブログ

キツネノカミソリ

 近所の公園入り口にキツネノカミソリが咲いている!
キツネノカミソリ

露草

爽やかな涼感の露草。 昼にはしぼんでしまう。
ツユクサa
なかなか見られない白花の露草。
ツユクサb

セリの花

谷戸の湿地はセリの花盛りだ。
セリの花a
直径2〜3mmの白い小さな花がたくさん寄せ集まって見事!
セリの花b
小さい、小さい・・・が 綺麗だなぁ。
セリの花c

ハス

タウン誌で見ごろになっているとの情報を得ていたが、なかなか出かけるチャンスがなかった。
梅雨の晴れ間の先日やっと行ってみた。
鵠沼の“第一はす池”の「舞妃蓮」(まいひれん)は残念ながらほとんど花が散ってしまい名残りが少し咲いていた。
ハス1
豪華な雰囲気の「舞妃蓮」!
ハス2
このくらいの開き加減が好きだなぁ。
ハス3
掲示されている“説明板”。
ハス4
少し離れた“第二はす池”には「誠蓮」(まことばす)が咲いている。
ハス5
こちらはピンク系の華やかな感じ。
ハス6

ハス7

ヤマユリ

我が家の山百合が咲き始めた! ふるさとから球根を移植したもので毎年豪華に咲いてくれる。
ヤマユリ1
紫陽花の葉っぱに”ミスジマイマイ”が・・・。
ヤマユリ2

キキョウソウ

道端に咲いていたキキョウソウ。 外来種でキキョウ科の1年草
キキョウソウa
キキョウソウ は開放花と閉鎖花があり、こちらは先端部分に咲く開放花。
キキョウソウ b キキョウソウ c
こちらが閉鎖花で、既に子房の側面に穴が開いてタネを撒き散らしている。
キキョウソウ e キキョウソウ d

  参考までに閉鎖花の詳細は→ ここ をクリック

アメリカオニアザミ

道端にアメリカオニアザミが咲き始めた。 (キク科アザミ属の多年草)
要注意外来生物で詳細はこちら→ 侵入生物データーベース
アザミa
花は美しいが、草全体にある硬く鋭い棘は手に負えない。
アザミb

ヤマユリ

 早朝ウォーキングでヤマユリに出会った!
ヤマユリa
 庭のヤマユリは蕾がようやく膨らんできたが、この辺は早いなぁ。
ヤマユリb
 あちこちに咲いていた。  豪華!
ヤマユリc

今年の花菖蒲

援農クラブの”花菖蒲園”で今年咲いた種類の記録。
花菖蒲1
名前はどれも不明・・・。  名前がなくても美しければそれでいいのだ。(笑)
花菖蒲2花菖蒲3花菖蒲4
雑草に負けずによく頑張って咲いてくれた!
花菖蒲5花菖蒲6花菖蒲7
来年もまたよろしくね!
花菖蒲8花菖蒲9花菖蒲10





カキラン

昨年偶然出会ったカキランが今年も咲いている。
カキランa
昨年は1本だけだったが、今年は5本確認!
カキランb カキランc
増えたんだろうか? 嬉しいねぇ・・・。
カキランd

線香花火!

 ノビル









実は野蒜の花をちょっと加工した遊び心・・・。(笑)
のびる

のびるの花x のびるの花y

ガザニア

初めての試み、GIF作成アプリを使って画像のアニメ化に成功!
なるほど簡単にできたが、あまり多用するのはどうかなぁ・・・。

ガザニアの眠りと目覚め・・・。 むすんでひらいてを毎日やっている。
ガザニア

マンネングサ

道端にひときわ目立つ黄色の小さな花が!
マンネングサa
万年草だな。 (ベンケイソウ科マンネングサ属の多年草)
マンネングサb

タチイヌノフグリ

生垣の剪定をしていて出会ったタチイヌノフグリ
”オオイヌノフグリ”そっくりだが、花がだいぶ小さい。
タチイヌノフグリa

タチイヌノフグリbひょろりと地上に立っている。

オオバコ科クワガタソウ属の帰化植物。

ギンラン

”キンラン”の周辺にたくさん見られる ギンラン
ギンランa
花はほとんど開かないこの状態だ終わってしまう。
ギンランb

キンラン

援農クラブのフィールドで出会った「キンラン」。
キンランa
薄暗い林床で際立つ色彩が素晴らしい!
キンランb

ツボスミレ(坪菫)

谷戸の休耕田の畦に咲くツボスミレ(坪菫)。
坪菫a
花びらがねじれるように反り返るのが特徴。
坪菫b 坪菫c

立浪草

 家の周辺で見つけた立浪草。 シソ科タツナミソウ属の多年草。
立浪草a
 敷地内であちこちに咲いているが、増えてきたようだ。
立浪草b 立浪草c

ストロベリーキャンドル

クリムソン・クローバーストロベリー・キャンドル。和名はベニバナツメクサ(紅花詰草)  (マメ科の多年草)
ストロベリーキャンドルa
牧草として利用されるが、根には根粒菌が共生していて、窒素成分を合成するので田圃の緑肥として利用される。 撮影したのは畔に生えたもので、田圃の中は既にロータリーで鋤きこまれて跡形もなかった。
ストロベリーキャンドルb
絵手紙のモチーフにするため採取して持ち帰った。

ホタルカズラ

そろそろ開花しているかと寄り道すると、咲いていた!
ホタルカズラa
鮮やかな紫がかった濃いブルーのホタルカズラ。  ムラサキ科の多年草。
ホタルカズラb
 地面を這うように茎が伸び途中から根が出て新しい株になって行く。
ホタルカズラc
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

タコノアシ

Author:タコノアシ
タコノアシは沼、川原など湿地に生える多年草、花序がタコの足の吸盤のように並ぶさまからついた和名。レッドデータブック(RDB)では絶滅危惧II 類に分類され、年々減少している。
(2007年準絶滅危惧種に分類変更された)
2004年に現役を退き、絶滅危惧種?の仲間入りをしたので、その名を借りて、リタイア後の生活、身近な自然のできごとなどを発信し、落日の輝きを更に増していきたい。
神奈川県藤沢市に細々と棲息。

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード