暑中お見舞い

書中見舞今日のディサービス「絵手紙ボランティア」には、昨日畑で採った「米ナス」を持参した。

お年寄りの皆さんと「暑中見舞」の絵手紙を、ワイワイと賑やかに描き楽しんだ。

お手伝いのかたわら、それがしも描いてみた。(携帯のカメラでチョッと光量不足だったか・・・)

関連記事

ムラサキシジミ

昨日所用の帰り、植え込みを飛ぶ小さなコバルトブルーの輝きが目に入った。
目の前の葉にとまって、翅をソッと開いて一休み・・・。
カワセミの背中の輝く色と似ている「ムラサキシジミ」だ。
携帯電話のカメラで撮った。
ムラサキシジミ
関連記事

スズムシ

スズムシ♂昨日、市民センターで市内の愛好家グループが育てた、「鈴虫」の配布があり、ありがたく頂いてきた。
昨年援農ボランティアの仲間から頂いて、秋しばらくの間鳴き声を楽しんだが、世代交代に失敗してしまった。
飼育数が少なかったので産卵しなかったか、飼育ケースの管理不良だったか・・・。
今年はなんとか成功させたいものだ。

関連記事

バラハウスで大汗かく!

サンタ火曜は特に予定がなければ、援農ボランティアが定例スケジュールだ。

降りだしそうな曇天、ハウス内は蒸し暑い。

今回も植え替え準備で、刈り取ったバラの木をフォークで寄せ集めて一塊にして、「エィヤッ」と担いで外に運び燃やす。

何度も往復するうちに、汗だくとなりフラフラ~・・・。
熱中症予防に、水分補給と休憩は欠かせない。

既に植え替えた新苗が写真のように開花してしまった。 本来はこの花を咲かせる前の、蕾のうちに全て摘み取って、苗の勢いを増してやらなければならないが、人手不足でどうしようもない・・・。
農家は大変だなぁ。

関連記事

ヒヨドリジョウゴ

ヒヨドリジョウゴヤマユリの華やかさと比較するのはいささか申し訳ないが、この「ヒヨドリジョウゴ」(蔓性多年草)の花も捨てがたい味がある。
谷戸の薄暗い林縁に、ヒッソリと咲いている。
花の後、丸い実が成熟して秋になると、鮮やかな赤に色付き、その存在感を誇示するのだ。
関連記事

豪華なヤマユリの花

ヤマユリ谷戸に「ヤマユリ」が華やかに開花した!

6個の蕾が全て開くとみごとだ!


ふる里の実家の庭には、自然に増えたヤマユリが10本以上あり、毎年花が咲くが、残念ながら空き家で見る人もなく静かに散ってゆき、お盆に墓参で帰省するとタネが膨らんでいる・・・。

関連記事

ヨツスジトラカミキリ

ヨツスジトラカミキリ2丸山谷戸援農クラブの7月最後の定例会は、畦の草刈りと畑の雑草取り。
畑のトウモロコシは、ハクビシン?に食われたらしく全滅で、折角の苦労が水泡となってしまった。

休憩時に周囲を観察。

ヨツスジトラカミキリ」のペアを見つけた。
デジカメの電池切れで携帯電話のカメラで撮影したが、ピンボケで残念・・・。

ヨツスジトラカミキリ1付近でもう1匹みつけた!

この谷戸は、本当にさまざまな生き物や植物が、四季おりおりに楽しませてくれる。


関連記事

植え代え準備の床掃除

1248172506-2009-07-21_10-31_00010001.jpg久しぶりのバラハウス援農ボランティア。

植え代えのため、ベッド上の古い株を全て刈り取って、床に溜った切り株や、枯れ葉、枯れ花びらなどを掻き集めて、畑に運び燃やした。

霧雨で気温が上がらず、汗をかいたが、しのぎやすかった。

遂に衆院解散、これからの日本を託す、ひと、政党をジックリ考えてみよう。
関連記事

USBメモリーを洗濯機で洗ったら??

カミさんがあわてて跳んで来た。
 「洗濯機の中にこんなものが?・・・。」
手にしているのは、なんとUSBメモリーだった!
 「アァ~ッ」・・・一瞬固まってしまった。

苦労して作成中の、ボランティア団体のホームページの未公開ファイルが含まれているのだ。
打ち合わせで持参して会議終了後、パソコンから抜いて胸ポケットに入れたまま帰宅、汗をかいたシャツを洗濯機に放り込んでしまったのだった。

絶望とは思ったが、乾燥させてパソコンにセットしてファイルをチェックしたところ、なんと異常なく読み込んだ!
ファイルも開けるし変更保存も可能で、正常に動作している。
良かった~ッ!!

それにして洗剤や柔軟剤が溶け込んだ水流に揉まれて、鈴とミニ絵馬をつけたストラップが千切れていたにもかかわらず、本体はタフなもので感心した。
これから時間の経過とともに異常が発生する恐れが考えられるので、ファイルのバックアップをとった。
「やれやれ・・・最近モノ忘れが多いような・・・・トシのせいかなぁ。」
関連記事

花カゴ完成!

花かご完成先週編んだ「花カゴ」を工房に持参。

三節の竹から取っ手の材料を割って作り、取り付けて完成させた。

太い竹を切って、皮を剥き、かごの中に入れた。

猛暑で工房の中は暑かったが、窓全開で風が吹き抜けるので助かった・・・。

関連記事

箱根大涌谷

箱根一泊の旅・・・。
ケーブルカー、ロープウェイともに新しくなってからは初めて乗った。
梅雨明けでもう夏空、強烈な日差しの下で、硫黄の匂う大涌谷ロープウェイの展望台からの眺め。
大涌谷
関連記事

じゃがパーティー盛会!

じゃがパーティー1定例会の今日は、日差しがなかったものの、比較的しのぎやすい天気で、2回目の田の草取りを実施した。
前回取ったつもりの「コナギ」は、新しく生えたものと取り残しが混在してずいぶん多くあった。

その後、協力農家の庭で恒例の「じゃがパーティー」に移行。
収穫したジャガイモをメインに、畑で採れた野菜を使ってみんなでワイワイと料理した。

じゃがパーティー3アツアツの「じゃがバタ」で、冷えたビールは格別・・・。

流しソウメン」は、作るのも、食べるのも大人ばかりだったが、みんな童心にかえって賑やかに箸ですくっては舌鼓を打った。

じゃがパーティー2竹を切って鍋として、野菜と肉、調味料を入れて焚き火の周りに立てた「山賊鍋」は野趣に富んだ調理法で好評だった。


関連記事

米ナス遅れて生育中

米ナス早朝、畑に出かけた。

ミニトマトとナス(千両2号)は次々と収穫できるようになったが、米ナスは育ちが遅い。
現在最もおおきいので10cm程になってきた。

追肥を怠りなく施しているので、期待したい・・・。

関連記事

コミスジ

コミスジウォーキング途中で「コミスジ」に出合った。
しばらく追いかけて、やっと葛の葉に止まってくれた。

新鮮な個体で傷みがない。

雨は降らないが曇天で非常に蒸し暑く、汗が間断なく流れる。

関連記事

今日の竹は素直!

かご1これまでは、ヒゴの表面の皮は残していたが、今日は師匠の助言で全て皮を剥いでから割った。

手元が狂って鉈で左手を切ってしまったが、大事には至らず、作業続行。

竹の素性が良かったかヒゴ作りは順調だったが、前半の皮剥きの分時間がかかり、編みの途中で時間切れとなって帰宅。


かご2家で仕上げたが、皮を剥いた材料のシットリした艶のある、落ち着いた色合いが気に入った。

次回、工房で取っ手を作って取り付けると「花かご」が完成する。


関連記事

蒸し風呂ハウス!

1246955521-2009-07-07_09-170001.jpg今日のバラハウスは、天窓全開でも蒸し風呂のようで、暑かった~っ。
株の更新作業、根元から全てを切り取っていく。

ひと手がなくて、出荷されずに開花してしまった、もったいない花がいっぱい!
剪定ハサミで切り取るのが、なんとも惜しいが、いたしかたなし・・・。

例えば、1本○○円。採り放題!とか宣伝して、一般の人に花摘みをやってもらうなんてどうかなぁ・・・。

ばら捨てる前に、良いところを切り取って貰ってきた。

 ・ アバランチェ(白)
 ・ スィートアバランチェ(ピンク)

花屋で買えば相当な値段になるだろうが、豪華なバラもハウスの中で開いてしまうと、無常にも捨てられる運命がかわいそうだ。
関連記事

食用ひまわり

ひまわり2タネが食べられる「ひまわり」を畑に植えているが、花が咲き出した。

梅雨空に鮮やかな色が映える。

ひまわり1こちらはもう、タネが膨らみ始めている。

直径が30cmほどになって重くなり、首が折れそうなので、支柱を立てて支えてやった。

関連記事

「モクレン」今年二度目の開花!

モクレン1今頃、また「モクレン」が咲き出した!

春、まだ葉の出ない前にいっせいに花をつけた木。

葉の生い茂った後にまた蕾がグングン成長して見事に開花した。


モクレン2花の数は少ないが、立派に咲いている。

昨年も同じ現象がみられた街路樹で、同じ並びで数本の木が花を付けている。

何故なんだ?・・・。

関連記事

ネジリ方向どれが??

芝生など開けた草原に多く見られるラン科の「モジズリ」(ネジバナ)の花。
ネジレの向きがネジに例えると、左ネジが写真左、右ネジが中央、ほとんどねじれていないものが右と、さまざまある。 
 ねじれが生ずるのはどうしてかなぁ・・・?
 不思議だ。
モジズリ
関連記事

ベニカミキリ

先日、田の草取りの休憩時に出合った鮮やかな赤いカミキリ。
ベニカミキリ」 背中の黒点がこれまたみごと!
ベニカミキリ
関連記事
カレンダー
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

タコノアシ

Author:タコノアシ
タコノアシは沼、川原など湿地に生える多年草、花序がタコの足の吸盤のように並ぶさまからついた和名。レッドデータブック(RDB)では絶滅危惧II 類に分類され、年々減少している。
(2007年準絶滅危惧種に分類変更された)
2004年に現役を退き、絶滅危惧種?の仲間入りをしたので、その名を借りて、リタイア後の生活、身近な自然のできごとなどを発信し、落日の輝きを更に増していきたい。

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード