FC2ブログ

カマキリに歓声!

絵手紙の画材に今朝採ってきた「クサギ」(臭木)の実に、「ハラビロカマキリ」がいた!
そのほかに「オトコエシ」の花などといっしょに、ディサービスに持参した。
ハラビロカマキリがモデルみんな花に見とれていて、オトコエシの花の先に摑まっている、薄緑色のハラビロカマキリには気が付かない・・・。
さすがに保護色の効果か?

それとなく、指でつついてやると、カマを振りたてファイティングポーズをとったところで 「あーっ!」 と気がついてくれた。

全員カマキリを間近で目にしたのは何年ぶりかと、口々に感嘆の声!

騒ぎを聞いてスタッフの皆さんも見物にきて、「バッタ?」と問う声もありビックリ!
しばし、カマキリ談義でワイワイやった。

毎日、同じような時間が流れているように見えるお年寄りたちに、こんなサプライズは脳を刺激して効果的なのかもしれないなァ。

楽しませてくれたカマキリ君は、帰路植え込みに解放してやった。


関連記事
カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

タコノアシ

Author:タコノアシ
タコノアシは沼、川原など湿地に生える多年草、花序がタコの足の吸盤のように並ぶさまからついた和名。レッドデータブック(RDB)では絶滅危惧II 類に分類され、年々減少している。
(2007年準絶滅危惧種に分類変更された)
2004年に現役を退き、絶滅危惧種?の仲間入りをしたので、その名を借りて、リタイア後の生活、身近な自然のできごとなどを発信し、落日の輝きを更に増していきたい。
神奈川県藤沢市に細々と棲息。

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード