FC2ブログ

かわいい草取り名人?

合鴨2援農クラブの田圃の下流で、今年も合鴨たちの「田の草取り」が始まった。

田圃を覆った網のなかで、30羽ほどのかわいい雛たちが、せわしなく動き回っている。

見ていると、分けつした苗の1本、1本を根元から嘴でくわえて曲げながら先端にしごいていく。
根元にくっついている藻などを食べているようだ。

我々の田圃は、これから人力でやる「田の草取り」がまっている・・・。

関連記事

赤米

赤米の田古代米の「赤米」も順調に生育中。

このミニ田圃は谷戸奥の草ボウボウだったところに、仲間の有志が今年新しく開田した。

背丈が高いので、お正月の「しめ飾り」用の藁にする予定。

関連記事

ホタルブクロにカマキリ

今日の援農ボランティアは、出かけるところでポツポツ降り出したので中止。

庭のホタルブクロが、いつの間にかヒッソリと咲いていた。

カマキリ1 カマキリ2

見るとあのカマキリの赤ちゃんが、大分成長して花につかまっていた。

前回撮った個体と同じかどうかは分からないが、庭で孵化したもののひとつには違いない。
関連記事

雉が!

キジ早朝草取りで畑に出かけると、雉が!

そ~っと近寄ると、気配を察してスタスタ遠くへ逃げてしまう。

畑を外れて、立ち止まった一瞬!

関連記事

認知症サポーター

認知症サポーター講座所属する福祉ボランティアセンターが開催した講演会「認知症の理解を深め地域づくりに活かそう」を聴講した。

認知症については、おおよその知識はあるが、身近なひとがその状態になったことがないので、実際に認知症のお年寄りに接した経験が無い。

ディサービスのボランティアで時おり、そんな機会があるので今日の講演は大分参考になった。

認知症の人への接し方 「三つの”ない
 1.驚かせない
 2.急がせない
 3.自尊心を傷つけない

心して対応したい・・・。
配布された「オレンジリング」を腕につける自信は・・・?

 でも、自分がそうなったらどうする? カミさんがなったら・・・??
 

関連記事

ホタルガ

ホタル違いの話題を追加!
先日、植え込みの根元のツワブキの葉にいた美しい毛虫。 名前を調べると「ホタルガ」の幼虫だった!
成虫は良く見かけるが、幼虫ははじめて見た。
コレが成虫になると、右のように変身する。 ホタルガと言っても光ることは無い。
ホタルガ幼虫ホタルガ

関連記事

谷戸の蛍

蛍1今年も、ホタルの季節が来た。谷戸のホタルは「ゲンジボタル」だ。

保存会の活動のひとつ、ギャラリーの案内を兼ねた田圃周辺の見回り当番が回ってきた。
今晩の担当メンバーは5人。

リフレクターテープのついた蛍光イェローのベストを着用して、19:00道路の街灯4基を消灯して、行灯にローソクを点しながら一回り、その後持ち場につく。

蛍2まだ時期的に早いのか、ホタルの出現はまばらで、それがしの持ち場では、終了時間の20:30までにわずか5匹!
他の当番に聞くと谷戸の奥に行くほど多かったようだが、まだこれからピークを迎えることだろう。

ギャラリーも少なく20~30人ほどだった。

遊歩道に設置した、孟宗竹で作った手製の行灯。

関連記事

早朝の草取り

イェローアイコ6時に畑へ出た。
もう既に日が昇っていて、雑草に露がいっぱい ついている。

植えてしばらくは葉が黄色っぽくなって成長が危ぶまれたミニトマト「イェローアイコ」は、最近息を吹き返したようで、青い実をつけ始めた!

無数に生えた草との格闘・・・。
ただひたすら摘まんで引き抜くのがストレス解消、癒しのひとときなのだ。
1本残らずきれいに取っていくのがいい・・・。
な~んにも考えず・・・無心の境地。

ときおり雉やムクドリの声で現実にもどり、朝食前の2時間がいつの間にかすぎていく・・・。


関連記事

アオスジアゲハ

アオスジアゲハa庭の花に「アオスジアゲハ」が!!

せわしなく飛び回り、ファインダーで追きれない。

何枚も撮ったうちで、どうやら見られるのがコレ。

この花は「ムシトリナデシコ」と、過日ディサービスのお年寄りから教えていただいた。

関連記事

とり放題のバラ!

バラ6今日も先週に引き続いて、別棟の側面保温用のプラスチックフィルムシート外し作業を実施した。

暑くて汗まみれ・・・。

株の植え替え準備で、出荷しなくなったバラのとり放題お土産!

自転車の前カゴいっぱいにもらって帰った。

関連記事
カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

タコノアシ

Author:タコノアシ
タコノアシは沼、川原など湿地に生える多年草、花序がタコの足の吸盤のように並ぶさまからついた和名。レッドデータブック(RDB)では絶滅危惧II 類に分類され、年々減少している。
(2007年準絶滅危惧種に分類変更された)
2004年に現役を退き、絶滅危惧種?の仲間入りをしたので、その名を借りて、リタイア後の生活、身近な自然のできごとなどを発信し、落日の輝きを更に増していきたい。
神奈川県藤沢市に細々と棲息。

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード