しめ飾りを飾る

しめ飾り9先日作ったしめ飾りに、水引、御幣、松葉とマツボックリ、ユズリハ、稲穂、千両の各パーツを取り付けて完成させた。

裏白や橙は手に入らないのであきらめた。

玄関に飾ると、なんとかサマになって、正月気分になるなぁ・・・。



関連記事

初めてアオバトに遭遇

アオバト竹炭焼き小屋への登り口で「アオバト」に遭遇!

写真や映像などでみて知っていたが、ナマで本物を間近に見たのは初めてで非常にラッキーだった。

大磯の海岸に群れで出没するらしいが、こんなところにもいることが分かったのは、貴重な体験だった。


関連記事

しめ飾りを作る

しめ飾り7今年は「しめ飾り」を、クラブの仲間と作ることになった。
それがしが昨年作った記録写真をもとに、材料の赤米の藁を使って賑やかに始まったが、初めて作る人が多く大分てこずっていた。
赤米は1.5mもの長さがあり、見栄えの良いしめ飾りが出来るのだ。


しめ飾り83等分した藁の2本を、捻りを強くしながら左巻きに縄に撚り、残った1本を同じように撚りをかけて縄の谷間に捻りこんでいく。

出来上がったしめ飾りはこんな感じ・・・。
これにいろいろパーツをつけて完成となる。

自宅と息子宅、それにボランティア活動センター事務所と3個作って今日は終了。



関連記事

ウラナミシジミ

ウラナミシジミ1月に予定している藤沢市との協働事業指定緑地の下見に、担当者の一人として参加。

その緑地に、まだ咲いていた「コセンダングサ」の花に「ウラナミシジミ」を見つけた!

この辺りで越冬できるのかなぁ・・・。

まだ、翅も新鮮な個体なので、元気そうだ。
頑張れよ!

関連記事

スポーツ吹き矢

吹き矢1地域のスポーツ大会「スポーツ吹き矢」に自治会のチームの一員で参加した。

各自治会チームをバラバラにして、グループに編成して競技するので、日頃お付き合いの無い方と親しくなれるので面白い。

最終的にはそれぞれの自治会メンバーの得点を合計して、自治会の順位付けする。

吹き矢25本の矢を吹き終えると、みんなで的に寄って矢を抜きながら、点数を確認し合う。

わが自治会メンバーでは、それがしが最下位でも合計で高得点となり、総合3位を獲得して、集会所での慰労会が盛り上がった。

関連記事

ハダカホウズキ

ハダカホウズキ「谷戸の小屋」周辺にある「ハダカホウズキ」の赤い小さな実がぶらさがっている。

師走の陽光は弱いが、まだ枯れていない葉がシッカリと暖をとっているように見える。
関連記事

ムラサキシジミ

ムラサキシジミ林縁に日差しを求めて「ムラサキシジミ」が日光浴をしている。

成虫で越冬するシジミチョウだ。


関連記事

熊手完成!

熊手工房で各パーツを作り、未完のまま自宅へ持ち帰っていた「熊手」を完成させ、竹炭焼きの小屋へ持参した。

落葉を集めて腐葉土つくりをしているので、おおいに役立つと仲間から喜ばれた。

使ってみると、大きいので一気に葉っぱを掻き集めることが出来て効率がよい。

関連記事
カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

タコノアシ

Author:タコノアシ
タコノアシは沼、川原など湿地に生える多年草、花序がタコの足の吸盤のように並ぶさまからついた和名。レッドデータブック(RDB)では絶滅危惧II 類に分類され、年々減少している。
(2007年準絶滅危惧種に分類変更された)
2004年に現役を退き、絶滅危惧種?の仲間入りをしたので、その名を借りて、リタイア後の生活、身近な自然のできごとなどを発信し、落日の輝きを更に増していきたい。

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード