クダマキモドキ

クダマキモドキ公園と林縁の境界で出会った「クダマキモドキ」。

大柄なキリギリスの仲間で、よく飛ぶ。

近づくと飛んで逃げるので、なかなか良い姿が撮れない。

曲がった産卵管が見えたので♀だ。

アップルの創業者スチィーブ・ジョブズ氏が亡くなった!
我がパソコン歴はマックで始まって現在4台目
途中で1台浮気したがまたマックに戻った
iPodも愛用しているが iPad2も欲しいなぁ
偉大な人を失ったがアップルの将来は?・・・
関連記事

金柑の花

金柑4月に買って植えた「金柑」に実が付いて大きくなってきたのに、また花が咲いた。

また結実するのかと思って調べたら、金柑は四季咲きの傾向があることが分かった。

花をそのままにすると養分が分散してしまうので、摘花するほうがいいらしいので、全て摘み取った。

10粒ほど実が付いているので、このまま黄色く熟してほしいなぁ・・・。

関連記事

棕櫚の葉細工第二弾!

棕櫚の葉バッタ棕櫚の葉を使ったバッタの作り方をネットで知り、早速挑戦した。

大苦戦・・・(汗)。

何とか、まとまった!

トホホ・・・触角が長すぎてキリギリス?

関連記事

秋の木の実

秋は、サマザマな木の実が拾えるので楽しい季節。 キンモクセイも咲き出した!
秋の木の実
描いたのは、以下の4種類の木の実
 ・小粒の・・・「ハクウンボク」
 ・台風で落下した緑の・・「スダジイ」
 ・大きなドングリ・・・「マテバシイ」
 ・イガイガの・・・「モミジバフウ」
 
関連記事

棕櫚の葉細工

棕櫚の葉細工棕櫚の葉2枚を使って、「花籠」を作ってみた。

 口径約12cm 深さ約22cm

30分ほどで完成したが、なかなか趣のある形だなぁ・・・。

葉が枯れたらどんな風情になるか楽しみだ。

関連記事

迷彩服

トノサマバッタ
彼岸花ロードで出会った「トノサマバッタ」は、見事な迷彩服を着用していた。
枯れ草と、その中に点在する緑の草の葉の背景で、全体の姿が溶け込んでしまい、全く見分けがつかない。
お見事!!
関連記事
カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

タコノアシ

Author:タコノアシ
タコノアシは沼、川原など湿地に生える多年草、花序がタコの足の吸盤のように並ぶさまからついた和名。レッドデータブック(RDB)では絶滅危惧II 類に分類され、年々減少している。
(2007年準絶滅危惧種に分類変更された)
2004年に現役を退き、絶滅危惧種?の仲間入りをしたので、その名を借りて、リタイア後の生活、身近な自然のできごとなどを発信し、落日の輝きを更に増していきたい。

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード