新しい命の誕生

孫今日、二人目の孫(男児)が無事誕生!

病院に会いに行ってきた。

真っ赤な顔の小さな口を精一杯広げて、元気に泣いて存在感十分・・・。

少子化のこの時代に、よくぞ生まれた来たことに感謝。

この子の未来に、多くの借金や、原発の廃棄物をこれ以上増やして残すことは、何としても避けたいものだ。

現在生きるわれわれ大人の責任は重大で、改善せずに先延ばすことは申し訳ないことと改めて思うのだ。


・・・ともあれ、明日から「お兄ちゃん」が我が家から幼稚園に通うことになるので、カミさんと奮闘?しなければならない。


関連記事

れんげ祭

2年ぶりにれんげ祭が開催された。
鯉のぼり
大空に泳ぐ鯉のぼりは圧巻!
れんげ祭1
昨年種をまいた「れんげ」の花は寒さが長かったせいか、今年はちょっと少ないようだが、見事に咲いている。
れんげ祭2わが「丸山谷戸援農クラブ」は蛍保存会の冠をつけて出店した。

カワセミの大きなマスコットと、ゲンジボタルのパネルを取り付けたテントでは、竹炭、竹酢液(ちくさくえき)を販売した。

レンゲの花に混じって咲いた菜の花が、店頭のアクセントになった。

れんげ祭3テントの前では、仲間の手作り竹玩具を販売した。

竹トンボ、独楽、笛など子供たちには人気の商品。

みんなで実演しながら、売り上げアップを図った。

れんげ祭4援農農家提供の「蕗」は、同時進行で農家の庭先で束ねて、一輪車で会場に搬入。

ひと束100円で採れたてとあって、大人気商品となった。


関連記事

バラハウスの花摘み

久しぶりの晴天で気温も上昇・・・。
これまた久しぶりに、バラハウス援農ボランティアに出かけた。
捨てるバラ1
オーナーの指示で、大輪種の脇芽かきをしながら、出荷できない花を摘む。
芳香がすばらしい。 コンテナに並べてしばしみとれる・・・。
捨てるバラ2
作業が進んで2列目のピンクも入れると更に豪華になるのだが、つかの間の楽しみもコンテナが満杯になると外に持って行き廃棄処分となるのだ。
関連記事

八重桜満開

桜並木1

桜並木2先日の夜桜見物した八重桜の並木道。

数えたら32本あった!

濃いピンクは満開、淡いピンクはピークを過ぎて、花弁が風に舞い始めた。


今夜から雨の予報なので、満開の豪華な花のトンネルも今日で見納めかなぁ・・・。

関連記事

ヒメジュウジナガカメムシ

ヒメジュウジナガカメムシタンポポの花に「ヒメジュウジナガカメムシ」が頭を突っ込んで吸蜜していた。

朱の襷をかけた姿は鮮やかに目に入る。

自転車で通り過ぎてから「アレッ、今のはなんだっけ?」と引き返して、携帯電話のカメラで撮った。

寄り過ぎてピンボケ・・・。(涙)

関連記事

八重桜

夜桜1
自宅直ぐ近くの道路沿いに、八重桜の並木がある。
今夜はカメラ持参で夜桜見物・・・。
マッタリした八重の特徴が美しい。
夜桜2
2本だけ種類の異なる八重桜、見上げるとこちらは濃い桜色でまだ蕾が多い。



13日に大飯原発の再稼動は妥当と判断した政府の「関係閣僚会合」は
発言者を特定しない議事要旨を事務方が作成したそうだ
このような重大決定の議事録を記録せず
誰が発言したのかもアヤフヤな要旨のみを残すとは
いいかげんにしろ!
野田総理、藤村官房長官、枝野経産相、細野原発相
斎藤官房副長官、仙石政調会長代行
この6名シッカリ覚えておこう
万が一事故が起きたときはこの6名は責任など取れっこないことは
誰でも想像がつく

夏場に電力供給が不足するなら
節電計画を綿密に積み上げて
ピーク時の需要を抑制する方法を研究して
原発に頼らない方策を検討することを先にやるべきだ
電力会社が正直なデータを示して真摯に協力を呼びかければ
消費者は協力するだろう

関連記事

土瓶完成

土瓶「蕎麦釉」をかけて本焼きした土瓶に「取っ手」を取り付けて完成した。

「取っ手」は100円均一でも売っているが、既製品では手作りにこだわるそれがしの沽券にかかわるので、竹細工の材料を使って自作した。

被覆針金に沿わせて竹材を曲げて、籐を密に巻いてなんとかサマになった。

関連記事

倒れた桜咲く!

山桜1先日の春の嵐で倒れた公園の桜の大木から折って持ち帰った枝。

水に生けておいたら、蕾が伸びて見事に咲いてくれた!

山桜2桜の品種は良く分からないが、蕾が全体に緑色系で、花は真っ白だ。

折れた桜1幹の途中から折れた無残な傷跡
(4月4日撮影)

折れた桜2遊歩道を塞いだ桜の樹も当日すっかり片付けけられたので今は無い。
(4月4日撮影)


関連記事

クサイチゴ

クサイチゴ薄暗い林床に目立つ白い花弁。

「クサイチゴ」が咲いていた。

草がつくが草ではなく、木の類なそうだ。

関連記事

桜満開

桜
明日は花散らしの雨の予報なので、早朝桜を撮りに出かけた。
茶会のときは一輪しか咲いていなかったが、満開!
ウィークデイの早朝なので、花見の予約席のブルーシートもなく、存分に花を愛でることができた・・・。

今日は孫の入園式、100人ぐらいの新入園児がいるというマンモス幼稚園なそうだ。
晴れて穏やかな日で良かったなぁ。
関連記事

レンギョウ

レンギョウ以前に挿し芽をした「レンギョウ」が咲いている。

庭の生垣の補植に3株地植えしたが、どうなるかなぁ・・・。




大飯原発再稼動に向けて関電が工程表を提出

車検切れの車ですがなんとか・・・

ブレーキが甘い・・・来年直しますので
ライトがつかない・・・夜は走りませんので
ワイパーの調子が悪い・・・当分雨は降らないと思いますので

そうだなぁ
せっかくガソリンが満タンで
ハンドルの効きも異常ないので
マァ とりあえず走るのには支障がないのだから
政府が保証するので明日から運転してもいいよ!
関連記事

キブシ

キブシ桜ばかりがもてはやされている今の時期、花見の宴をよそに、ひっそりと「キブシ」が咲いていた。

「エノシマキブシ」というのもあるそうだが、それがしには識別ができないなぁ。

関連記事

うぐいす

ウグイス「ホ~ホケキョ!」

早朝の林で「うぐいす」に遭遇した!

これまで何度も姿を見ていても、写真に撮ることはなかった(できなかった)。

トリミングしてやっとこのサイズ・・・。

でも、喉を震わせて、さえずっている雰囲気はでているかな?


関連記事

一年生が行く

一年生1いよいよ新学期が始まった!
昨日入学式を済ませた一年生たちは、今日身の回り全て新品ずくめで初登校だ。

上級生に手をつながれてくる子、母親と一緒に来る子、同じ一年生仲間でグループで来る子など、サマザマだ。

新入生はランドセルのカバーをつけているのですぐ分かる。

一年生2通常は月曜日だけの父兄の横断歩道監視当番も、新入生のためにしばらくは毎朝交代で立つそうだ。

事故のないことを祈る・・・。

校門横の「ソメイヨシノ」は二分咲きかなぁ。

ガンバレ新一年生たち。

関連記事

春の嵐の爪あと

桜倒木1早朝「大庭城址公園」を歩いて行くと、桜の大木が通せんぼ!

昨日の強風が如何に凄かったかの証だ。

散歩の人たちが、身をかがめて倒れた枝の下を通っていく。

桜倒木2太い幹の途中から折れている。

山桜だと思うが、たくさんの膨らんだ蕾が枝々についており、痛々しい。

どうせ細切れに切断されて処分される運命と思い、蕾の膨らんだ枝を3本ばかり折って持ち帰り、花瓶に挿したが、咲いてくれるかな・・・?

関連記事

アネモネ咲く

アネモネ12月に3本咲いた庭の鉢植えの「アネモネ」が次々と咲き出した。

日中暖かいと大きく開き、夕方は花弁を閉じて眠り?に入る。

アネモネ2色とりどりの花も、今日の春の嵐でみんな倒れてしまった。

花散らしの風雨でも、ソメイヨシノはまだ咲き初めだったので被害はなかったようだ。

関連記事

たった一輪の桜花を愛でる・・・

茶会2

茶会1

茶会4昨日、春の嵐で順延の「花の茶会」。
大震災で昨年は中止したので、2年ぶりの開催となったが、肝心の桜は間に合わず・・・膨らんだ蕾を恨めしげに見上げるばかり。

晴天の日曜日というのに、桜の名所「大庭城址公園」は人影もマバラ・・・。

例年通り「琴と尺八」の演奏が花を添えたが、予定の三味線演奏は、順延が禍して、お願いしていた方が出演できなくなってしまった。

茶花は「貝母百合」。 「威厳」「凛とした姿」の花言葉のとおりで桜がないぶん、より引き立っていた。




茶会3主役は茶道部の高校生。

真剣にお茶をたてる姿は、とても素晴らしい。

それがしもお相伴にあずかり、馥郁とした抹茶の味を堪能。


茶会5やっと見つけた桜一輪!

申し訳なさそうに下を向いて・・・。

野田総理は顔を見せなかった! が、中塚一宏内閣府副大臣や、藤沢市長が訪れて序盤は席がにぎわった。

しかし、期待した一般のお客様は例年より大幅に少なく、多量に残った茶菓子(桜餅)は企画したわれわれサークルのメンバーが、10個ずつ引き取るハメになり、「サクラ」に泣かされたお茶会となってしまった。
 「あぁ~ぁ・・・」

関連記事
カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

タコノアシ

Author:タコノアシ
タコノアシは沼、川原など湿地に生える多年草、花序がタコの足の吸盤のように並ぶさまからついた和名。レッドデータブック(RDB)では絶滅危惧II 類に分類され、年々減少している。
(2007年準絶滅危惧種に分類変更された)
2004年に現役を退き、絶滅危惧種?の仲間入りをしたので、その名を借りて、リタイア後の生活、身近な自然のできごとなどを発信し、落日の輝きを更に増していきたい。

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード