自治会の「夏祭り」に参加

昨日は自治会恒例の「夏祭り」に、今年から新設された「夏祭り支援隊員」として会場設営から参加した。 曇り空で猛暑でないので助かった。
会場設営b 会場設営a

焼きそばスーパーに行った材料買い出し担当から、キャベツが「お一人様1個」の特売でどうしても予定の数量売ってくれないと連絡が入り、急遽会場設営メンバーからそれがしも入れて11人が駆けつけレジの後ろにゾロゾロ並ぶハプニング。(笑)

苦労して買ったキャベツも入れて「焼きそば」担当張り切って・・・。

焼き鳥定番の「焼き鳥」担当は最も厳しい作業で、会場設営後に焼き始めて夜までほとんど休みなしの汗だくで、600本焼いたそうだ!

生ビールこちらは吞み助には人気の「生ビール」と「枝豆」コーナー。



かき氷支援隊員のみで担当した「かき氷」販売は、気温が上がらず苦戦。
40杯に届かなかった。(涙)

かき氷機は電動で氷をセットすれば、スイッチ操作だけで簡単!

フランクフルト「フランクフルト」も売れ行きが芳しくなく、終盤は半額セールで何とか完売。

今年も「湘南太鼓」の打ち鳴らす威勢のいい和太鼓の響きで「夏祭り」が開幕!
夏祭り3
夕闇の迫る中で、太鼓を聴きながら模擬店の食べ物、飲み物で住民同士の交流が始まる。
夏祭り4

輪投げ輪投げコーナーで楽しむ子供たちは、自治会の会員の孫たちだ。

自治会の仲間のほとんどはいつの間にかジジ、ババとなってしまい、年に一度の夏祭りにアチコチから孫たちが集まって参加してくれるのだ。

景品も盛りだくさん準備されていた。

子供たちの楽しみは、「花火」。 それぞれ花火を手に持って着火、歓声が響く・・・。
夏祭り1
フィナーレは、お待ちかねの「ビンゴゲーム」で楽しんで、これで今年の暑い夏は終わった・・・。
夏祭り5
役員、支援隊員の皆さんお疲れさま、雨が降らずよかったなぁ。
関連記事

描くひとを描く

ディサービスの絵手紙ボランティアは、それがしの勉強の場でもある。
余裕のあるときは素描・・・。
描くひと060z
関連記事

アオマツムシ

先日のFGS小ヶ谷緑地恊働作業から帰宅して、シャワーを浴びる際に脱衣カゴに脱いだ汗まみれのシャツにくっ付いていたのがこの「アオマツムシ」。 
まだ翅の伸びない幼体だった!プラケースに椿の枝とともに入れておいた。
アオマツムシ幼体
今日見たら翅が立派に伸びて成虫に変身していた!
翅の模様が複雑なのでオスのようだ。 シメシメ部屋の中で、あのけたたましい鳴き声が聞こえるかな?
アオマツムシa
関連記事

下絵描き・・・

絵手紙ボランティア140828雨が降ったり止んだりで肌寒い今日は、傘持参で特養老人ホームへ絵手紙ボランティア。

参加者は見学を含めて6名。

お馴染みさんも、初めてのひとも、皆さん高齢の女性ばかり。

ほとんどの方は自力で描けないので、塗り絵の下書きを描いてあげ、彩色をやっていただく。

見学していたおばあさんがやりたいとのことで、「ほおずき」の下絵を描くと、そのまま色も塗ってと要求された。

せっかく描く気になった気持ちを絶やすのはもったいないので、何とか塗っていただこうと筆に色をつけて持たせ、手を添えて下絵をなぞって塗っていくとどうにか絵になった!

お隣のおばあさんも下絵をみているだけで、いっこうに描かない・・・。

同じように手を添えて塗っていただき、やっとのことで完成。

はじめはとてもできないと尻込みしていたお二方が、破顔一笑。 

 いい笑顔だなぁ・・・。

自力で描いた方にはご家族が面会にきており、その様子を写真に撮っておられた。


関連記事

ひまわり

今朝は霧雨でちょっと肌寒い、もう夏は終わりかなぁ・・・。
ひまわり
関連記事

バラ新苗の植え付け進行中

曇天で風のない蒸し暑い今日、援農ボランティアでバラハウスへ出かけた。
古い株を取り除いたベッドには、新しい苗が並べられて、オーナーがビニールシートで覆う作業をしていた。
バラハウス140826a
こちらはビニールシートの覆いの完了した列(左)。それがし、今日の作業は床のゴミを外の消却場へ搬出で、この列を完了してきれいにした(右)。
舞い上がる土ボコリで鼻の穴まで真っ黒!(笑)
バラハウス140826b バラハウス140826c
関連記事

緑地整備

昨日、藤沢グリーンスタッフの会(FGS)の協働事業に参加した。藤沢市の「小ヶ谷緑地」で草刈り作業。
FGS140824a
作業前の準備体操。
FGS140824f
今回は緑地の属する自治会から、会長以下5名の方が初めて参加したので、作業前に全員の記念写真を撮った。

地域の一般の方が参加するなんて、今までにない異例のことでビックリ。

会長の挨拶は、我々の活動がとても有難く、地域の環境が良くなっていくので、自治会も出来るだけ手伝いたいとのことだった。

いいねぇ・・・。

休憩時自治会から、冷たく冷えたペットボトルの水がみんなに配られ感激!

背丈より高く伸びた草を刈り、植栽に絡んだ葛を取り除き綺麗になったところ。
FGS140824b FGS140824c
この時期には蜂の巣に遭遇することが多いが、今回はアシナガバチだったので、殺虫剤を噴いて処置して被害なし。
FGS140824d FGS140824e
日射しもなんとなく秋めいており、木陰は風もあって涼しかったが、いい汗をかいたなぁ・・・。
関連記事

台湾リス

藤沢グリーンスタッフの小ヶ谷緑地恊働事業が今日行われたが、始まる前に緑地内を散策すると、奇妙な鳴き声が聞こえた。なんと目の前のケヤキに「台湾リス」がいた!
台湾リスa
鎌倉では様々な被害がでている歓迎されない外来種のリス。近所で見かけるようになったがここで見るのは初めてだ。
台湾リスb 台湾リスc
関連記事

オオモンシロナガカメムシ

援農クラブの倉庫の隣に「山王神社」があり、日陰が涼しいのでいつも作業開始前の打ち合わせの場所になっている。
オオモンシロナガカメムシa
始まる前に周辺を探索するのが楽しみで、こんなカメムシに出合った。
オオモンシロナガカメムシb オオモンシロナガカメムシc
帰宅後調べて「オオモンシロナガカメムシ」と判明。
オオモンシロナガカメムシd
関連記事

かき氷機

ディサービスのルームは天井から夏祭りイベントの飾り提灯の列で華やか、テーブルには「かき氷機」も並べられていた。
今月末の自治会の夏祭りでかき氷の担当になっているので、興味深く観察しながら描いてみた。
かき氷器
関連記事

ほうずき

今日のディサービス絵手紙ボランティアは、「ホウズキ」がモチーフの一つだったが、うっかりカゴから出すのを忘れていた。
既に描き始めた方が二人もいて、今更出すこともできずそのままにしておいた。
終了時間が来て未完成の方から、カゴから出してホウズキだけを描きたかったと言われて恐縮・・・。
カゴの目に気を取られて、時間がかかってしまったようで、申し訳ないことをしたなぁ。(反省)
絵手紙ボランティア140822
関連記事

ヒメギス

ヤブカンゾウの花を食べるキリギリスの仲間「ヒメギス」。 産卵管を持つ(♀)
ヒメギスa
こちらが産卵管を持たない(♂)
ヒメギスd
背中が緑色の個体もいたが、ほとんどは黒褐色。  腹側はこんな色合いだ。
ヒメギスb ヒメギスc
  (谷戸の奥で7月25日撮影)
関連記事

汗だくの窯出し

昨日、バラハウスの援農ボランティアに出かける前に、日曜日に窯入れして酸化焼成した作品の窯出しに参加した。 まだ余熱の残る窯出しは汗だくの作業・・・。
窯出し140819a
今回は、皿、蓋付き小鉢、土瓶、ポットの4点が焼き上がった。
釉薬の性質など、焼いてみて分かることが多く勉強になる。
窯出し140819b
関連記事

クロコノマチョウの産卵

クロコノマチョウの産卵

クロコノマチョウの卵谷戸奥の湿地に生えているジュズダマの葉裏に「クロコノマチョウ」が産卵していた。

翅がほつれて、大分疲れのみえる母親だな。

飛び去った後で、葉っぱを裏返すと小さな丸い卵が輝いていた!

近いうちに、幼虫が見られそうだ。


関連記事

デーニッツハエトリ

デーニッツハエトリ
谷戸の草むらの中で、眼が合ったクモは何か赤いものを2個くっつけていた。大きな単眼が8個もあるので、ハエトリグモの仲間と推定したがそのときは名前は分からず。
大分弱っていて動きが鈍いので、じっくり写真が撮れた。
後日調べてみると、クモは「デーニッツハエトリ」赤いものは「タカラダニ」と判明した。
かわいそうに、ダニに寄生されて生気をすっかり吸い取られてしまったか・・・。
タカラダニa タカラダニb
関連記事

描くひとを描く

img064x
ある日のディサービス絵手紙ボランティアでの素描
関連記事

下刈り作業

今日の援農クラブは、下刈り作業に参加して大汗をかいた。
道路沿いにライオンズクラブが植えた桜などの並木が、雑草で埋もれてしまっていた。
MYEC140816a
背丈以上に伸びた雑草に、道路沿いの柵も埋もれていたが、作業後はすっきりきれいになった。
刈り払い機5台を動員したが、とても終わらず次回に残りをやることになった。
1リットルの氷水を持参したが、全て汗になってしまった!
MYEC140816b MYEC140816c
関連記事

アカハネナガウンカ

アカハネナガウンカa

アカハネナガウンカb谷戸の田圃で久しく見られなかった、「アカハネナガウンカ」にようやく出合った!

小さなハネナガウンカの仲間で、眼がとても可愛いのだ。

田圃の妖精と言ってもいいような姿だが、イネ科の草の汁を吸うそうなので害虫になるのかなぁ。

まれにやっと見つかるほどのムシなので、稲がそれほど被害にあうようなことはないものと思うが・・・。

アカハネナガウンカc
関連記事

ツユクサ

ツユクサ1

ツユクサ2猛暑の季節に涼しげに咲く「ツユクサ」。

ブルーの色が魅惑的で、形も独特だが見頃は朝だけの花、昼には小さく萎んで見えなくなってしまう。


今日は送り盆、送り火はできるだけ遅い時間に焚く・・・。

ツユクサ3 ツユクサ4



関連記事

残暑お見舞い

絵手紙ボランティアのテーブルを準備して皆さんが集まる前の、少しの時間を使い描く。
残暑見舞い
ふるさとでは、お盆が済んだらいよいよ秋の気配なのだが、藤沢の残暑は厳しい・・・。
関連記事
カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

タコノアシ

Author:タコノアシ
タコノアシは沼、川原など湿地に生える多年草、花序がタコの足の吸盤のように並ぶさまからついた和名。レッドデータブック(RDB)では絶滅危惧II 類に分類され、年々減少している。
(2007年準絶滅危惧種に分類変更された)
2004年に現役を退き、絶滅危惧種?の仲間入りをしたので、その名を借りて、リタイア後の生活、身近な自然のできごとなどを発信し、落日の輝きを更に増していきたい。

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード