モンキアゲハ

モンキアゲハ

モンキアゲハa大型のアゲハ「モンキアゲハ」の吸水。

吸水を終えて林縁の葉っぱで一休み・・・。

飛んでいるときは、後翅の白い斑紋がよく目立つが、葉っぱにとまると見えなくなる。

関連記事

賑やかな田植

援農クラブ最大のイベントの一つ「田植」が五月晴れの今日行われた!
悔しいが、それがし腰痛で作業はできないので、カメラマンに徹した。
H27田植4
今年は新入会員が多く、参加者は30人を超える賑やかさ!
H27田植2 H27田植1
人数が多いので、植える作業はドンドン進行・・・。 苗は全て古代米(黒米)。
H27田植3
恒例のボーイスカウトの子供達も加わって、親子みんな楽しそう。
H27田植6
今回子供達は、田植の前に田圃でゲームなどを楽しんだので、既に全身ドロンコ!
H27田植5 H27田植7
来年は代掻きに子供達を招いてドロンコゲームをやろうかなどと仲間内の話も・・・?
H27田植8
炊事担当の仲間は、昼食準備に余念がない。

カメラのバッテリーがなくなり、長時間の立ちん坊も辛いので仲間の皆さんには申し訳ないが途中で引き上げた。

旨そうな昼食、食べたかったなぁ・・・。(笑)
関連記事

サクランボ

ディサービス絵手紙ボランティア。
スタッフのお宅で実った「サクランボ」を枝ごとモチーフにと持って来ていただいた!
みなさんと一緒に描いた。
サクランボ
関連記事

車内素描29

スマホではなかった!
車内素描29
関連記事

アオオサムシ

アオオサムシb

アオオサムシa林の道を横切ったムシ、草の陰で立ち止まっている。

アオオサムシだ。

捕まえて観察。

後脚を掴まれているので、逃れようと咬みつこうとしている。

翅の光沢が美しい。

アオオサムシc
関連記事

アオスジアゲハ幼虫

玄関先のタブの若木に、今年も「アオスジアゲハ」の幼虫が3頭生まれている。
それぞれ葉っぱの表面の葉脈の中央で行儀良く昼寝している・・・。
アオスジアゲハ幼虫a
木が小さいので幼虫が育つ餌の量を見て産卵しているのかバランスが巧みで感心する。
毛虫みたいにウジャウジャ発生して、葉っぱを丸裸に食い尽くすことのないところがいいねぇ。
アオスジアゲハ幼虫b アオスジアゲハ幼虫c
腰痛でウォーキングもしていないが、身近で自然観察ができるのはありがたい。
関連記事

待つひとシリーズのしんがりはステッキ

待合室での人間観察も飽きてきて、病院往復の道中で万一歩行困難になった時の用心にハイキングステッキを持参していたので、時間つぶしに描いてみた。
 動かないのでジックリ描けるな。
  山も久しく行っていないが、こんな時にコレが役に立つとは・・・。
ステッキ
腰痛は今日もまだ鈍痛・・・
老化で腰回りの筋肉が衰えているので、腰痛体操で筋肉を強化するようにとの医師のご託宣を、ありがたく守っていこう。 処方された湿布薬を毎日貼って、無理は禁物!
関連記事

待つひとシリーズ5

待合室はドンドン人が入れ替わっていく。 この人シャンとしているが、いったいどこが具合が悪いんだろうか・・・?
待つひとe
関連記事

待つひとシリーズ4

真ん中の横顔を描いていると、番号を呼ばれて行ってしまい、仕方なく余白に次々と・・・。
待つひとd
関連記事

待つひとシリーズ3

会計窓口でジッと番号コールを待っているおばさん。
こっちの椅子に座って待っていればいいのに・・・などと思いながら人間観察。
待つひとc
関連記事

待つひとシリーズ2

病院の待合室での楽描き、作務衣のおじさん・・・。
待つひとb
関連記事

待つひとシリーズ1

腰痛全然良くならず、また整形外科受診。 長い待ち時間に楽描き・・・。
待つひとa
関連記事

開かない花咲く!

庭のプランターに今年も「桔梗草」が咲き始めた。
桔梗草b
同じ茎の下の部分には開花しない「閉鎖花」が咲いている。
(咲いていると言えるのかなぁ? でもちゃんと種が実るのだ。)
桔梗草a
竹細工の工房は腰痛で今日も休み、今月は1度も行っていない。 あ〜ぁ残念・・・。
関連記事

山盛り

莢の色が変わってしまったので、剥いて豆だけを・・・豆、まめ、マメ・・・山盛り!
  ・・・腰痛は続く・・・。
ソラマメ
関連記事

赤星のないアカボシゴマダラ(春型)

腰痛で家の中にばかり引きこもりの毎日で退屈・・・。そんな今日庭に珍客が!
アカボシゴマダラa
蕾が目立ってきたヤマユリに「アカボシゴマダラ」が飛来! 
後翅に赤い斑紋のない春型だ。
アカボシゴマダラb アカボシゴマダラd
痛む腰をかばいながら庭に出て、しばしファインダーを覗き楽しませてもらった。
アカボシゴマダラc
関連記事

ナガサキアゲハ

田圃の泥に「ナガサキアゲハ」が吸水中。
ナガサキアゲハ
よく見ると「コキマダラセセリ」らしいセセリチョウもいた!
ナガサキアゲハa
突然カラスアゲハが闖入! 追いかけたが全然止まってくれずこれ一枚だけ・・・。
カラスアゲハ
関連記事

川鵜の漁を利用する小鷺の群れ

ちょっと古い話だが所用の途中で、コサギの群れがカワウの漁を利用して獲物を捕るシーンを目撃した。
混成群a
カワウは少なくとも5羽以上が潜水して魚を追っていた。コサギたちもカワウの移動を追尾して、追われて逃げる小魚を追いかけている。コサギが単独でカワウの漁を追いかける情景は何度も見ているが、こんなに群れているのは珍しいシーンだ。 
よほどおこぼれが豊富だったようだ。
混成群b
大騒ぎの後に1羽が取り残され、ダイサギと佇む・・・。
混成群c
関連記事

車内素描28

スカーフの似合うご婦人、膝に置いたカセットレコーダのイヤフォンを聞きながら、楽譜を目で追っている・・・。
車内素描28
関連記事

アオスジアゲハ

ネギ坊主にとまる「アオスジアゲハ」。 小刻みに翅を羽ばたかせ静止することがない。
アオスジアゲハ
関連記事

ソラマメ

今日、初夏の旬の味覚「ソラマメ」が今年も親戚から届いた!
ダンボール箱をあけると、畑の匂い・・・いいなぁ。 描かなくちゃ。
ソラマメ
関連記事
カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

タコノアシ

Author:タコノアシ
タコノアシは沼、川原など湿地に生える多年草、花序がタコの足の吸盤のように並ぶさまからついた和名。レッドデータブック(RDB)では絶滅危惧II 類に分類され、年々減少している。
(2007年準絶滅危惧種に分類変更された)
2004年に現役を退き、絶滅危惧種?の仲間入りをしたので、その名を借りて、リタイア後の生活、身近な自然のできごとなどを発信し、落日の輝きを更に増していきたい。

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード