南瓜

今日はハロウィンとかで騒々しいが、いつ描いたか忘れた古い「かぼちゃ」を・・・。
南瓜
関連記事

花菖蒲園の草刈り

肌冷えする月末、援農クラブの作業は環境整備グループに加わり、花菖蒲園の雑草除去作業。エンジン刈払い機で藪萱草を刈らないよう気をつけながらの作業だった。
MYEC1031a MYEC1031b
田圃グループは畦の補修作業。畑グループは「野良ぼう菜」の定植、堆肥作り、焼き芋など・・・。気温が上がらず肌寒い今日は熱々の焼き芋はちょうど良かったな。
MYEC1031c MYEC1031d
定植した「野良ぼう菜」の畝。 「菊芋」も掘り上げた。
MYEC1031e MYEC1031f
関連記事

花梨を描く

花梨a
ディサービス絵手紙ボランティア、今日のモチーフは花梨、ハヤトウリ、ミカン、柿、綿の実、落ち葉など。 
花梨bせっかくいろいろ集めて持って行くんだが、参加者は4人、最近はメンバーが増えないなぁ・・・。

参加者が少ないと、それがしの描く時間ができるので嬉しいが・・・。

「表面のキズなど忠実に描かなくてもいいですよ」と助言すると、なかなかいい感じの花梨に仕上がりそう!
関連記事

車内素描48

二人を描くのは焦る・・・。 大急ぎで。
車内素描48
関連記事

ツユムシ

ツユムシa

ツユムシb援農クラブの畑、食用菊に「ツユムシ」がいた。

草食性なので、菊の花も食べるか?
関連記事

柾目ヒゴの「花籠」完成!

柾目ヒゴ花籠a

柾目ヒゴ花籠b柾目ヒゴで編んだ「花籠」がようやく完成!

サイズ:
  直径
  (上)100mm
  (下) 85mm 
   高さ 150mm
 
箍編みも工房で教わって、なんとかできるようになったのは収穫だった。

次は網代編みで作ってみようかな。
関連記事

車内素描47

近頃肝がすわってきて、真正面の人も臆することなく描く。
 (こちらを見ていなければだが)。(汗)
車内素描47
関連記事

「藤沢 自然と親しむ会」プレイベントに参加

昨日、「藤沢 自然と親しむ会」のプレイベントに援農クラブも参加した。
会場は”テラスモール湘南”1F北アトリウム、4階まで吹き抜けのフロアに各種団体の展示ブースがある。 仲間の手作り作品を飾り、竹トンボやゴム鉄砲を訪れた子供たちに作って遊んでもらった。 子供たちがイキイキと楽しむ姿が良かったなぁ。
プレイベントa
吹き抜けの2階から見下ろした会場。 ここから植物の種が風に乗って飛ぶのを模した、折り紙で作った簡単な種を下にバラまくと、大人も子供も歓声をあげて見上げながら、追いかけて拾っていた!
会場では、ミニコンサートも開催されて盛り上がった。
プレイベントb プレイベントc
本番の「藤沢 自然と親しむ会」は、引地川親水公園で屋外イベントとして、来月8日に開催予定だ。
関連記事

車内素描46

運転席を見つめるおじさん・・・。
車内素描46
関連記事

「食用菊」咲き始める

今日の援農クラブは、また「ムカデ芝」の雑草除去グループに加わって作業した。
今日は二十四節気の「霜降」、空は秋晴れで気持ち良かった。
芝雑草除去
畑グループはイベントで焼き芋販売のための材料準備、味見の焼き芋は旨かったな。
イベント用芋 焼き芋
仲間の植えた「食用菊」が咲き始めたので、少しお土産にもらった。 いい香り・・・。
食用菊
関連記事

描くひとを描く

常連さんのお一人を・・・。
描く人179
関連記事

柿を描く

昨日菜園に出かけた折、菜園に咲いているコスモスと、そばの柿の木にたわわになっている食べ頃の柿を頂いて、今日のディサービス絵手紙ボランティアのモチーフに持参した。
参加者は3人、いささかさみしかったな・・・。
絵手紙ボランティア1023
関連記事

虫を追うダイサギ

ダイサギa

ダイサギb ダイサギc

ダイサギdダイサギ」が草の間で虫を追っていた。

イナゴか何かを食べていたが、魚ばかりではなく、虫も食べるんだな。

長い首がよく伸びる・・・。
関連記事

車内素描45

片方の靴を脱いでリラックス?
靴
関連記事

コキア(箒草)の紅葉

援農ボランティアの道すがら、見事な秋を見つけた!
コキアa
コキア」の畑、別名箒草が紅葉している。
コキアb
色も微妙に違い素晴らしい・・・。
コキアc コキアd
コキアg コキアh
高さ1m程で、コロコロ、ふわふわ、柔らかな丸い形が面白い。
コキアe コキアf
関連記事

クモヘリカメムシ

クモヘリカメムシa

クモヘリカメムシb遊水地のカヤツリグサの仲間の穂先に、「クモヘリカメムシ」を見つけた。

スリムな体に長い触角と脚が特徴。



関連記事

柾目ヒゴで作る花籠

柾目ヒゴ」という割り方の違うヒゴを使って「花籠」作りに挑戦中。
柾目ヒゴは竹の縦方向の断面を平面になるよう薄く割って作るので、材料の歩留まりがよく少ない竹で多量にできる。しかし、幅挽きに皮側は削らず身側のみ削るので、幅挽きの刃は片側だけ使い、他方は押さえだけに改造した。
柾目ヒゴa
4本ずつヒゴを並べて交差する編み方で側面を編み円筒形にする。茶筒を型に流用して整形。 底は3本網代で編み丸く切断。 詳しい図面がないので試行錯誤中、果たしてどんな花籠ができるか??
柾目ヒゴb 柾目ヒゴc
関連記事

車内素描44

この方、中吊り広告を目で追っている・・・。
車内素描44
いつも車内で使う道具はこれだけ! この鉛筆は6Bで芯が引っ込むので便利。
道具

続きを読む

関連記事

沖縄スズメウリ

まだ緑色で赤くならないのが、庭の南天に絡んだ蔓にいっぱいなっている・・・。
沖縄スズメウリ
関連記事

水辺のタコノアシ

このブログに名前を借りている「タコノアシ」が秋たけなわで”茹で蛸」になっている。
タコノアシa
遊水池の水辺でガマの穂と一緒に生えているが、紅葉して目立つようになった。
タコノアシb タコノアシc
タコの吸盤に見える種も完熟しているだろうな。
タコノアシd タコノアシe
関連記事
カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

タコノアシ

Author:タコノアシ
タコノアシは沼、川原など湿地に生える多年草、花序がタコの足の吸盤のように並ぶさまからついた和名。レッドデータブック(RDB)では絶滅危惧II 類に分類され、年々減少している。
(2007年準絶滅危惧種に分類変更された)
2004年に現役を退き、絶滅危惧種?の仲間入りをしたので、その名を借りて、リタイア後の生活、身近な自然のできごとなどを発信し、落日の輝きを更に増していきたい。

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード