福寿草

 2月も終わりだなぁ・・・。
福寿草a
援農クラブがお世話になっている地主さんの庭にひっそりと咲いていた「福寿草」。
福寿草b
関連記事

ソロソロ・・・

谷戸の杉林。 ソロソロ飛び始めるかなぁ・・・花粉症の方は見るのも嫌なアレ。
それがしはあまりひどいアレルギーの経験がないが、ご注意を!。
杉の実
関連記事

車内素描123

 肩にかけたバッグの猫が妙に気になった!
車内素描123
関連記事

観梅の宴

田起こしに汗を流した後、剪定した梅林の花が見頃になったので仲間で観梅の宴を盛大に!  新入会員が2人おり、歓迎会となった。
観梅会a
カンパ〜イ
観梅会b
仲間の”料理長”が準備した手羽元の焼き鳥、白菜と塩昆布の炒め物など・・・。
観梅会e 観梅会f
ドンドン追加して焼きながら味わう。
観梅会c

観梅会g青竹で燗をつけた野趣たっぷりの酒は旨い。

網の上では焼き鳥がジュ〜ジュ〜。


柔らかな暖かい陽射しの下で宴は続く・・・。

梅林
関連記事

田起こし始まる!

援農クラブの田圃作業は、今日から”田起こし”が始まった。
田起こしa
例年通りの人力作業、多勢でやればそれなりに早い。
田起こしb

竹運搬それがしは、環境整備グループで前回間伐してあった残りの孟宗竹の運搬作業。

田圃のそばの休憩小屋まで運び、小屋の竹屋根葺き替え材として備蓄。

その後、田圃グループに合流して田起こし作業に汗を流した。

関連記事

車内素描122

 スマホは若者だけではないなぁ。
車内素描122
関連記事

絵手紙48

頂き物の夏みかん、絵手紙ボランティアで描いた後、「夏みかんピール」と「ジャム」に変身した!
絵手紙48
関連記事

寒緋桜

バラハウスへボランティアに行く途中の道端に「寒緋桜」が咲いている。
寒緋桜a
先日の強風で花びらが破れたり吹き飛ばされたりで、状態がよくない。
これから開花する蕾に期待するか・・・。
寒緋桜b 寒緋桜c
関連記事

車内素描121

 ホームのベンチに座って電車を待つ間に描く。
車内素描121
関連記事

素焼き窯出し

昨日、援農ボランティアに出かける前に、陶芸サークルの、日曜日に窯入れして素焼きした作品の窯出しをした。
素焼きb 素焼きc
今回の素焼き作品4点。 うまく焼けていたな。
素焼きa
関連記事

車内素描120

車内ではなく、ホームで電車を待つひと・・・。 
車内素描120
関連記事

地域活動見本市で会員募集

土曜日の竹林間伐作業後帰宅して昼食を済ませて、大急ぎで市民会館で開催される地域活動見本市へ自転車を飛ばす。
今年から援農クラブは自前の「復元田」の他に、新たに農家から委託された田圃が増えたので、その耕作要員の増員が必要になり、会員募集をするためだ。

活動紹介パネルを背に勧誘パンフレットを手渡し、パソコン画面でイベントなど楽しい写真を見せ、収穫した黒米の袋入りサンプルを示して訪れた方々に稲作の楽しさを必死で説明する。 が、しかし 反応はイマイチ・・・。
熱心に説明を聞き、質問にも丁寧に回答、入会申し込み用紙を持ち帰る人も何人かはいたが、果たして入会される方はいるのか・・・。
PR
見本市の詳細はこちら→地域活動見本市
関連記事

大根

ディサービス絵手紙ボランティアで、お手伝いの合間に描いた。
大根
関連記事

竹林間伐

昨日の援農クラブ定例活動は、孟宗竹の間伐を頼まれて、仲間であらかじめ赤マークされている伐採対象の孟宗竹を伐採。 棍棒で叩いて枝を払い、屋根葺き替え材に使える部分を切り取り、他は廃棄処分として集積した。
竹林間伐a
20人ほどで作業したので捗り、予定の範囲を午前中で終了したが、頼まれている範囲はまだ残っている。 今回は50本以上伐採した。
竹林間伐b 竹林間伐c
竹の曲がりのない部分を長さ2.5mに切り揃えて、谷戸の休憩小屋の「竹屋根」の葺き替え材に貰ってトラックで小屋のそばまで運んだ。
竹林間伐d
材料はまだ必要数の半分ほどなので、次回の作業でもっと集める予定。
関連記事

孫 その後

 ガラ携に送られた”写メ”は画面が小さく細部がわからない。(汗)
孫
関連記事

春一番!

今日のディサービス絵手紙ボランティアは、強い南風の春一番に吹かれてよろけながら出かけた。 前回同様5名参加。 参加して3回目の方、少し認知症気味の方のお二人を、つきっきりでお手伝い・・・。
なんとか完成させた、お二人の満足の笑顔がいいねぇ。
絵手紙ボラ0217a 絵手紙ボラ0217b
関連記事

マンサク

 ウォーキングのコースに咲いているシナマンサク
マンサクa

マンサクc マンサクd

マンサクb
関連記事

車内素描119

寒風の中を、こんな格好で歩くなんて気がしれないなぁ・・・。 
破れ穴から冷気が吹き込むだろうに、どこがいいんだろう?
 とは、年寄りの世迷言・・・。(笑)

服装に”ミットモナイ”という言葉を使うとしたら、どんな姿をいうのかなぁ。
今やなんでもありで、”ミットモナイ”はもう死語になってしまったのかな・・・。
車内素描119
 暇つぶしに彩色してみた。 ”ミットモナイ”絵になってしまったかな!
車内素描119a
関連記事

車内素描118

 ひと駅で降りて行ってしまった! あ〜ぁ・・・。
車内素描118
関連記事

描くひとを描く 86

ディサービス見学の方、絵手紙にお誘いして似顔絵をプレゼント!
ここが気に入って通所を決めてくれるとまたメンバーが増えるんだが・・・。
描くひと86
関連記事
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
プロフィール

タコノアシ

Author:タコノアシ
タコノアシは沼、川原など湿地に生える多年草、花序がタコの足の吸盤のように並ぶさまからついた和名。レッドデータブック(RDB)では絶滅危惧II 類に分類され、年々減少している。
(2007年準絶滅危惧種に分類変更された)
2004年に現役を退き、絶滅危惧種?の仲間入りをしたので、その名を借りて、リタイア後の生活、身近な自然のできごとなどを発信し、落日の輝きを更に増していきたい。

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード