黒 猫

 コンクリートの橋脚に黒猫が・・・。
落書きa

落書きb子猫かな?と近づくと!
 逃げない・・・。

落書、いやこれは見事な楽描きだな!!

う〜ん 参った。 脱帽。

まだ描く余白が広くあるにもかかわらず、下方の絶妙な位置にさりげなく猫だけを小さく描く、かなりのセンスと技量の持ち主と見た。

作者のドヤ顔が目に浮かぶ。
 お主 やるのぉ・・・。  (拍手)

ヒゲをチョッと描き足したくなったよ。(笑)

巷に氾濫する、大きなアルファベットの汚らしいわけの分からんベタベタ落書きよりは、ズ〜ッとマシな作品?ではあるがなぁ。

田んぼの中にあるのがもったいないなぁ・・・。

♪ クロネコのタンゴ、タンゴ、タンゴ
僕の恋び〜とは黒い猫
・・・

関連記事
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

タコノアシ

Author:タコノアシ
タコノアシは沼、川原など湿地に生える多年草、花序がタコの足の吸盤のように並ぶさまからついた和名。レッドデータブック(RDB)では絶滅危惧II 類に分類され、年々減少している。
(2007年準絶滅危惧種に分類変更された)
2004年に現役を退き、絶滅危惧種?の仲間入りをしたので、その名を借りて、リタイア後の生活、身近な自然のできごとなどを発信し、落日の輝きを更に増していきたい。

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード