FC2ブログ

車内素描174

 顎がすっかり埋まって頸椎固定具は辛そう・・・。
内素描174
関連記事

脳トレになったかな?

特養老人ホームの絵手紙ボランティア。 自分の体が思うようにできない方が懸命に描くのを、二人のボランティアでお手伝いする。 5名の方が参加されたが、予定時間を30分もオーバーしてそれぞれ完成にこぎつけた! 出来上がった作品を並べてみなさんいい笑顔・・・。 脳トレになったかなぁ。
絵手紙ボラ1012
関連記事

脱穀終了!

脱穀a

脱穀b天日干しの稲は乾燥状態、14日の脱穀予定だったが天気予報では雨が降りそうなので、前倒しで昨日脱穀を完了した。

それがしは、残念ながら所用で参加できなかったので写真はなし。

報告メールによれば、

今年委託された田んぼの収量は、うるち米・15袋

従来の復元田の黒米・18袋

精米して最終的に収量が確定する。 豊作??
関連記事

車内素描173

 ひと駅で降りていかれるとここまで・・・。(笑)
車内素描173
関連記事

チュウサギ

 稲刈りが済み、ひこばえの緑の田圃の中にチュウサギが・・・。
チュウサギ
関連記事

ウァ〜 鳩・鳩・鳩・鳩・鳩・・・・・

遠くからは高圧線が膨らんでいるように見えたが、だんだん近づくと・・・。
鳩a
ものすごい数の鳥が一列にギッシリとまっている。
鳩b
さらに近寄って見ると・・・。
鳩c
お〜ッ なんとドバトの群れ!こんな大群初めて見たな。
鳩d
おおよそ200〜300羽の群れだ! 
鳩e
しばらく飽きずに見ていると稲刈りの終わった田圃に舞い降りていった。

なお、「ドバト」は日本の侵略的外来種ワースト100の一つに指定されている。
詳しくは→こちらをクリック
関連記事

2度咲きの金木犀

今日は雨で順延となった孫のマンモス小学校の運動会に出かけた。 あまりにも人数が多くて双眼鏡で探しても見つけることができなかった・・・。 (汗)

途中の道端で、今年金木犀が2度目の開花を撮った。 お彼岸の頃最初の開花で芳香を漂わせ、木の下一面にオレンジ色の落花を見せて終わったのだが、2〜3日前からまた咲き始めた。
金木犀a
なぜ2度咲きするのか不思議・・・。
金木犀b
関連記事

コスモス畑

 菜園はコスモスの花盛り! 2mほどの高さに伸びて、里芋が埋もれてしまった!
コスモス
関連記事

ツチイナゴ

 遊水地の草むらにツチイナゴがこちらを見ていた!
ツチイナゴ
関連記事

非日常の風景

どんぐりいつもの”おはようボランティア”だが、今日はチョッと人間観察を・・・。

横断歩道の手前にある鉄パイプの防護支柱のてっぺんに、「マテバ椎の実」をひとつ置いて、非日常のシーンを作って子供達の反応をそれとなく観察。

ほとんどの児童は気付かずに通り過ぎるが、

「アッ どんぐり!」

 一人が気づくと次々寄ってきたり

「あはは、何デェ?」

 指で弾き落としたり

「え〜 ナニコレ?」

 間近に覗き込んだり

黙ってつまんで持ち去ったり・・・(すぐ代わりを補充)


実に様々な好奇心の反応が見られて、興味深く面白かったなぁ。

逆さそれがしが作った非日常のシーンを楽しんでいると、もっと驚く非日常のシーンを子供達側から見せつけられた!

なんとランドセルを逆さに背負ってきた子がいたのだ!

10年以上登校風景を見守ってきたが、これは初めて見たなぁ。

「なんで逆さに背負っているの?」

  「ただ背負って見たかっただけ」

「へぇ〜 それでどお?」

  「ちゃんとこぼれないよ、ホラ」 と揺すってみせる。

  「お前バカか?」 と友達から冷やかされているが動じない。

こんな発想を実践するユニークさ、将来が楽しみだな・・・。(笑)
関連記事

コミスジ

 あと一歩、もう一歩、と近寄って逃げられてしまう毎度のパターン。(汗)
 最初に撮ったコミズジの姿、結局これ1枚しかモノにできず・・・。
コミスジ
関連記事

ヤマホトトギス

谷戸の竹林にヒッソリと咲くヤマホトトギス。 ユリ科ホトトギス属の多年草
ヤマホトトギスa ヤマホトトギスb
 花びらが下方に反り返るのが特徴。
ヤマホトトギスc
関連記事

ハッカ

 休耕田に群落を形成していて、今花盛りのハッカ
ハッカb
 葉っぱをちぎって嗅ぐと、あの独特の清涼な刺激臭が・・・。
ハッカa
関連記事

イチモンジセセリ

 ニラの花にイチモンジセセリ発見! 雄(後)が求愛中。
イチモンジセセリa
雌を追いかける雄(手前)。
雌が逃げると雄が追いかけるので、それがしもアッチ、コッチと追いかける。(笑)
イチモンジセセリb イチモンジセセリc
あちこち何度も追いかけっこの末、残念ながら恋は成就しなかった。(汗)
関連記事

アレチウリ

護岸フェンスに絡みつくアレチウリの雄花。 地味だが面白い形と色だな。
アレチウリa
こちらが雌花とイガイガの実。
アレチウリb アレチウリc
雌雄同株でたくさん実をつける。
アレチウリd
日本の侵略的外来種ワースト100のひとつで、繁殖力が旺盛。
  詳しくは→ここをクリック。
関連記事

キチョウ

秋の七草のひとつの花とキチョウの色の取り合わせ・・・。
キチョウ

10月(神無月)になって神様はみんな出雲大社に出張して
今後のこの国の導き方を話し合いするはず

一方人間界では目下衆院は「議員無し月」?

サテ

どうなる?

いや

どうする?

腹をくくって決めないとな
関連記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

タコノアシ

Author:タコノアシ
タコノアシは沼、川原など湿地に生える多年草、花序がタコの足の吸盤のように並ぶさまからついた和名。レッドデータブック(RDB)では絶滅危惧II 類に分類され、年々減少している。
(2007年準絶滅危惧種に分類変更された)
2004年に現役を退き、絶滅危惧種?の仲間入りをしたので、その名を借りて、リタイア後の生活、身近な自然のできごとなどを発信し、落日の輝きを更に増していきたい。
神奈川県藤沢市に細々と棲息。

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード