FC2ブログ

「てんぐ巣病」退治!

今日は藤沢グリーンスタッフの会(FGS)の仕事初めで、市の緑地小ヶ谷緑地の整備作業に参加。 それがしの班は「スダジイ」の木に発生した”てんぐ巣病”退治。
てんぐ巣病b てんぐ巣病c
てんぐ巣病は、細菌に感染した枝が小枝に分岐して密生し、葉が小さくなる伝染病。 
密生した枝が樹上に見えると、天狗が作った巣だと昔から言われていたそうだ。
桜や竹ではよく見るが、スダジイのは初めて見た。 落葉樹では冬に発見できるが、常緑樹ではよく観察しないとなかなか発見は難しいようだ。
てんぐ巣病a
小枝が密生して葉がほとんどなくなったてんぐ巣病の枝。

てんぐ巣病d2箇所に発生したいた枝は、根元の太い部分で切り落とした。

さらに周囲の枝払いもやり、風通しも良くした。

これで他の部分に伝染することがないよう祈るのみ・・・。


関連記事

河津桜ほころぶ!

大雪に悩まされている地方には申し訳ないが、一足早い春の雰囲気。
公園の河津桜がほんの少し咲き始めた!
河津桜a
ちょっと早い感じだが、開花宣言しても良さそうだ。
河津桜b
花びらが縮れて変色しているのは寒さのせいかなぁ・・・。
河津桜c
この枝だけがたくさん咲いている!
河津桜d
ほとんどの蕾はまだこの状態。
河津桜e
満開になるのはもう少し先だな。
関連記事
カレンダー
12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

タコノアシ

Author:タコノアシ
タコノアシは沼、川原など湿地に生える多年草、花序がタコの足の吸盤のように並ぶさまからついた和名。レッドデータブック(RDB)では絶滅危惧II 類に分類され、年々減少している。
(2007年準絶滅危惧種に分類変更された)
2004年に現役を退き、絶滅危惧種?の仲間入りをしたので、その名を借りて、リタイア後の生活、身近な自然のできごとなどを発信し、落日の輝きを更に増していきたい。
神奈川県藤沢市に細々と棲息。

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード