FC2ブログ

絵手紙74 そら豆

ディサービス絵手紙ボランティアで、みなさんと一緒に持参した「そら豆」を描く。
絵手紙74
関連記事

描くひとを描く101

先日のディサービス絵手紙ボランティアは久しぶりに新人が参加! 
恒例の似顔絵をプレゼント。 
会話の端々に懐かしいふるさと訛りがあるので尋ねてみると、なんとひと山超えた隣町の方でビックリ! 高齢になって子供さんの世話になるためこちらに移住されたんだそうだ。 ひとしきり田舎の話に盛り上がった。
描くひと101
関連記事

苗すくすく

種まきして2週間目の黒米の苗は、10cmをこえスクスク成長中だ。
育苗床
今回は畑グループで作業、まず仲間が調達してきた金沢特産?の野菜金時草をマルチに穴を開けて定植。 どんな味がするか楽しみだな。 
金時草 安納芋苗
次に苗床で育てた安納芋の苗の採取。定植する二畝ぶんの70本余り切り取った。
芋苗採取 芋畑
その後、花菖蒲畑の雑草取りに移動。 すごい雑草の繁茂にうんざり・・・。
草取り
援農クラブに農地を貸していただいている農家の庭の手入れ(草取り、植栽の剪定)を、他の仲間がやっていた。
清掃
関連記事

ルリタテハ幼虫

谷戸の水路ぎわの土手にあるサルトリイバラの葉っぱにルリタテハの幼虫が・・・。(4月28日撮影)
ルリタテハ幼虫a
2週間後に見るとこんなに変身、もう終齢幼虫だな。 
葉っぱもほとんど食い尽くしており、この前は気がつかなかったがなんと2頭いた!
無事蛹になってほしいなぁ。
ルリタテハ幼虫b
関連記事

キイロテントウ

 柿の若葉にいた小さなキイロテントウ
キイロテントウa
 背中の二つの黒い斑紋と黒い目玉で”四つ目小僧”!
キイロテントウb
関連記事

車内素描241

  一心不乱・・・。
車内素描241
関連記事

51人目!

 やったね! おめでとうございます。
内川
関連記事

フタリシズカ

林の中にフタリシズカが咲いていた。
フタリシズカa
3人シズカ」に「4人シズカ」も・・・。 冗談、冗談(笑)
フタリシズカb フタリシズカc
関連記事

車内素描240

 瞳だけが左右に動いて外の景色を追っている。
車内素描240
関連記事

ヒメヒオウギ(姫檜扇)

歩道の植え込みの下に目立つ小さな花を見つけた! 点々と離れた3箇所にある。 
高さが10〜15cmほど、なかなか可愛い姿で魅惑的だなぁ。
ヒメヒオウギa
ヒメヒオウギ アヤメ科 / フリージア属 南アフリカ原産の多年草
ヒメヒオウギb ヒメヒオウギc
タネから増やせるようなので、採種してみよう・・・(忘れなかったら)。
関連記事

天を衝く 「篭玉」

竹細工の師匠が作った大きな篭玉がどのように使われているか見物に出かけた。
場所は川崎市のお寺「長念寺」境内の保育園の園庭。
 お〜 あったあった! 鯉のぼりの支柱の先端に!
 あいにくの曇天でちょっと冴えない鯉のぼり。
 高いなぁ・・・ なぜか取付け部分で曲がってしまっている!
篭玉a
巨大な鯉のぼりが風をはらんで翻ると ギシギシ支柱が音を立てる!
篭玉b
つなぎ目が曲がっていて壊れないかと不安になる。
長いヒラヒラ竹の先に、丸い玉がもっとたくさん付いていたと思うが、吹き飛ばされてしまったか?
篭玉d
 まさしく ♪ 屋根よ〜り た〜か〜い 鯉の〜ぼ〜り〜 だなぁ・・・。
篭玉c

 篭玉の過去ログはこちら→ 篭玉
関連記事

車内素描239

 暑いのか上着を肩に引っ掛けて。
車内素描239
関連記事

黒米の育苗順調

先週種まきした黒米は1週間過ぎて発芽生育中。 
今日の作業は、まずトンネルの穴あきシートとその下の網を外す。
育苗a 育苗b
次いで育苗ケースを覆っていた寒冷紗を取り除くと 、お〜ッ 青々とした苗が!
育苗c
手作業の種まきなので密度に濃淡があるが仕方ないなぁ・・・。
あと3週間育てて26日に田植えの予定だ。
育苗d
寒冷紗だけ取り除いて、網と穴あきシートはまた同じようにトンネル掛けして終了。
育苗e
その後は田圃の雑草除去をして今日の作業は終了した。 お疲れさま・・・。
育苗f
関連記事

鯉のぼり

 五月晴れの空に泳ぐ鯉のぼりはのどかで気持ちがいい・・・。
鯉のぼりa
 このお宅は毎年見事な鯉のぼりをあげており素晴らしい!
鯉のぼりb
 巨大な鯉がひしめいて勇壮な雰囲気。
鯉のぼりc
関連記事

ヤセウツボ

 遊水池の土手、アカツメクサの群落にヤセウツボがニョキニョキと!
 アカツメクサに寄生している葉緑素を持たないので枯れているような変わった植物。
ヤセウツボa
 花は紫がかった色が色が少し・・・。
 (ハマウツボ科ハマウツボ属の一年生寄生植物)
ヤセウツボc ヤセウツボb
 引き抜いてみるとこんな姿、アカツメクサから養分をもらっているようだ。
ヤセウツボd ヤセウツボe
 花は匂いが感じられない。 ドライフラワー?(笑)
ヤセウツボf

詳しくは”国立環境研究所”のこちら→ 「侵入生物データベース」 をクリック
関連記事

キンラン

 ”近所の公園にキンランとエビネが咲いているよ”とメールが・・・。
早速早朝出かけて行ったが、どちらも既にピークを過ぎており、なんとかたった1本新鮮な株を見つけた。 素敵な姿だなぁ・・・。
キンランa
 大株は花のしおれた部分もあって残念・・・。
キンランb キンランc
  エビネの写真はアップするに忍びない。(涙)
   Nさん有難うございました。来年に期待です。
関連記事

ニホンカワトンボのヤゴ

 谷戸の水路にはこんなヤゴも棲んでいる。
ヤゴ
関連記事

車内素描238

 ウツラウツラ・・・。
車内素描238
関連記事

ミズキ

 谷戸の奥にミズキが花を咲かせている。
ミズキb
 ミズキ科ミズキ属の落葉高木
ミズキa
関連記事
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

タコノアシ

Author:タコノアシ
タコノアシは沼、川原など湿地に生える多年草、花序がタコの足の吸盤のように並ぶさまからついた和名。レッドデータブック(RDB)では絶滅危惧II 類に分類され、年々減少している。
(2007年準絶滅危惧種に分類変更された)
2004年に現役を退き、絶滅危惧種?の仲間入りをしたので、その名を借りて、リタイア後の生活、身近な自然のできごとなどを発信し、落日の輝きを更に増していきたい。
神奈川県藤沢市に細々と棲息。

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード