FC2ブログ

急須 乾燥中

 だいぶ乾いてきたな・・・。
急須d
関連記事

ヤマユリ

 谷戸の水路ぎわに咲くヤマユリ
ヤマユリa
 清楚ながら周囲を征する豪華さ!
ヤマユリb
関連記事

車内素描255

 立ち姿は重心がどこにあるか見極めが・・・、 左足が軸になっている筈なんだが。
車内素描255
関連記事

描くひとを描く105

特養老人ホームの絵手紙ボランティアで、カラーレンズのメガネが似合う方を描いた。 
是非欲しいとのことで差し上げる前に写真に撮った。
「描いてくれることが分かっていたら、もっと綺麗な服着てくればよかった」 (笑)
とおっしゃる90歳、お元気!
描くひと105
関連記事

夏野菜を描く

 特養老人ホームの絵手紙ボランティア。
 出かける前に菜園で採ってきた茄子、ミニトマト、キュウリなどの夏野菜を持参。

 参加者4人にボランティアふたりで余裕があった。
 自力で描けないお一人には、輪郭を描いて塗り絵で仕上げていただいた。

 懸命に完成させた作品を前に、みなさん満足げの笑顔・・・。

 初めて描いた方は、
 「難しいと思っていたが意外に簡単で楽しい・・・」
 とのことで、これからも続けていただけると嬉しいねぇ。
絵手紙ボランティア0712
関連記事

オオシオカラトンボ

オオシオカラトンボa

オオシオカラトンボb竹細工師匠の店で陳列商品の手提げ籠にオオシオカラトンボ」(♀)がいた!

涼しい店内で休憩中?

アレッ 左前翅が半分欠損している!

飛行が大変だろうなぁ・・・。

関連記事

アメリカオニアザミ

 道端でよく見るアメリカオニアザミは今の季節盛んにタネを飛ばす。
アメリカオニアザミa
 綿毛が爆発するように弾けてタネは風に乗って遠く広範囲に拡散して行く。
アメリカオニアザミb アメリカオニアザミc
 ものすごい繁殖力! 全体が鋭いトゲで厚手の革手袋でも突き抜けるほど。
 うっかりすると怪我をする厄介者だ。
アメリカオニアザミd
 元々は日本に存在しないアザミで、ヨーロッパ原産。
 詳細は「侵入生物データベース」こちらをクリック → アメリカオニアザミ
関連記事

小玉西瓜

 菜園では小玉スイカがスクスクと・・・。
小玉西瓜a
 このクルクル巻きツルが枯れたら収穫時期なそうだが。
小玉西瓜b
関連記事

鋸山今昔

 1965年5月の鋸山 (53年前自転車ツーリング時のスケッチ)
 トンビも描きこんでいる!(笑)
鋸山

半世紀過ぎた現在、当時のスケッチポイントを拡大すると、稜線の形はそのままだが山頂のミニ東京タワーみたいな展望タワーが無くなっている! 
いつ頃撤去されたんだろう? 
フェリーは何遍も利用していて、この景色は見慣れているが気がつかなかったなぁ。
絵を描いていると思わぬ歴史的記録を発見することもあり、面白いねぇ。 
あのトンビも当然もうこの世にはいない・・・。(笑)
鋸山

親戚の法事で東京湾フェリーに乗った一昨日(日曜日)、浜金谷駅ホーム跨線橋から撮った鋸山パノラマ。
鋸山a
関連記事

車内素描254

 空いている車内は冷房が効き過ぎ・・・。
車内素描254
関連記事

急須 製作中

 前回陶芸サークルで本体の形を作っておいた急須。
 注ぎ口用の穴をあけノタ継ぎの食い付きをよくするため表面を荒らす。
急須a 急須b
 予め作っておいた注ぎ口と取手をくっ付けた。 このまま自然乾燥・・・。
急須c
関連記事

夏野菜を描く

昨日のディサービス絵手紙ボランティア。
菜園で採れ始めた夏野菜(ミニトマト、シシトウ、ナス、キュウリ)とヒマワリ、ヤブカンゾウなどを持参。 食材を持って行くと、料理の話、食べる話、と話題がドンドン出てきて楽しいねぇ。
絵手紙ボランティア0706
関連記事

雨のおはようボランテイア

雨の朝a

雨の朝b一年のうち何回かは悪天候に遭遇するが、今朝はその運の悪い天気。

子供たちは、傘をわざと傾けて濡れみたり、水溜りに長靴でピチャピチャ踏み込んだり、雨も楽しんでいるようだ。

西日本や北海道は豪雨被害が出ている上に、また今晩から雨がひどくなる予報。

被害が出ないよう祈るのみ。
関連記事

藪萱草

 谷戸の花菖蒲畑のへりに植えた藪萱草が咲き出した。
藪萱草a
 随分増えたなぁ・・・。
藪萱草b 藪萱草c
関連記事

ヒメコウゾの果実

 谷戸の林縁にヒメコウゾの実が赤く熟している。
ヒメコウゾの実a
 桑の実に似ているのもその筈、クワ科の落葉低木。
 旨そうだが、食べると甘いのだがザラザラ感が多く好んで食べる気はしないなぁ。
ヒメコウゾの実b
関連記事

車内素描253

 またまたスマホ操作中・・・。
車内素描253
関連記事

バラハウスは30℃超

 ハウスで夏は使わないボイラーについている温度計は30℃を表示!
 冬は天国のハウスも夏は地獄、暑〜い。 汗が目に流れてしみる。
 トゲトゲのバラの木を根元から太枝切りで切り取って行く。
バラハウス0703a
 20分ぐらい作業しては、氷を入れた魔法瓶から水分補給。
 最後の1本、ヤッタァ!
バラハウス0703b
 まだ綺麗な花は、切り取ってたくさん貰ってきた。 (ボランティアの役得)
関連記事

車内素描252

 毎度定番のスマホ操作・・・。
車内素描252
関連記事

スズムシ

 世代をつないで今年もスズムシがいっぱい生育中!
 カツオ節を貪っている。
スズムシ
関連記事

風に・・・

 関東は観測史上初の6月梅雨明けで早くも夏の空。

 強い日差しのもと、ヒマワリが風を受けてヒラヒラと・・・。 

 暑い! でもこの風心地よいな。

ヒマワリ
関連記事
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

タコノアシ

Author:タコノアシ
タコノアシは沼、川原など湿地に生える多年草、花序がタコの足の吸盤のように並ぶさまからついた和名。レッドデータブック(RDB)では絶滅危惧II 類に分類され、年々減少している。
(2007年準絶滅危惧種に分類変更された)
2004年に現役を退き、絶滅危惧種?の仲間入りをしたので、その名を借りて、リタイア後の生活、身近な自然のできごとなどを発信し、落日の輝きを更に増していきたい。
神奈川県藤沢市に細々と棲息。

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード