FC2ブログ

マメコガネ

 公園のバラの花にマメコガネが!
マメコガネa
 あ〜ぁ、花びらを旨そうに食っている!  ボロボロ・・・。
マメコガネb
関連記事

イボバッタ

影がなかったらどこにいるか全くわからないイボバッタ
イボバッタ
胸部背面にイボ状の突起があるんだが・・・眼玉の後ろのほう・・・と説明しても、どこが眼玉?。(汗)
イボバッタb
関連記事

車内素描262

 背筋がピンと伸びているねぇ。
車内素描262
関連記事

ニホンカナヘビの幼体

長〜い尻尾を引いて現れたのはニホンカナへビの幼体。
カナヘビa
眼から体側にかかる色帯がないので、幼顔のつぶらな眼が可愛いねぇ・・・。
カナヘビb カナヘビc
関連記事

紅葉葵 (もみじあおい)

 鉢から地植えにした紅葉葵(もみじあおい)がやっと咲いた!
 豪華な花だが1日でしぼんでしまう。
紅葉葵
関連記事

鶏頭

 バラハウスのオーナーさんが、切り花として出荷する露地栽培の”鶏頭”を頂いてきた。
鶏頭
関連記事

台風一過

 台風20号が日本海にあって強風が吹いていた昨日、デイサービスは休みなし、従って絵手紙ボランティアも雨が降ろうが風が吹こうが出かけることになる。
 援農ボランティアで頂いてきた、鶏頭やカラーピーマンなどを持参。
 お盆に仏壇に飾ったホウズキも持って行ったら、好評! これは後日スケスケの網ホウズキを作るつもり・・・。
絵手紙ボランティア0824
関連記事

ワイヤープランツ

いつもお邪魔するブログでワイヤープランツの花が紹介されていた。
 → 「ワイヤープランツに花が咲いた

まだ見たことがなかったので、是非機会があればと気にしていたら、なんとボランティアで行くディサービス施設の玄関先で発見! お〜コレコレ! その気になって注視しないと見過ごしてしまうほど小さいが、綺麗だなぁ。

ヒノリッチさん有難うございました。(勝手に記事貼り付けました、お許しを・・・。)

ワイヤープランツa

ワイヤープランツb ワイヤープランツc
関連記事

コンボウナガハリバエ

谷戸の水路ぎわのジュズダマの葉に見慣れないムシ見〜っけ!
 体長10mmぐらいのハエ、アブ?

帰宅後調べてみると、コンボウナガハリバエというハエの仲間とわかった。 トゲトゲの腹部が、こん棒のよう細長いので名づけられた! 
コンボウナガハリバエ
関連記事

モンクロシャチホコ

 早朝ウォーキングで見つけた蛾モンクロシャチホコ
モンクロシャチホコa
成虫は可愛い?が、街路樹のサクラなどに大発生する幼虫は、葉を食べつくすほど。
モンクロシャチホコb モンクロシャチホコc
関連記事

車内素描261

 やっぱりスマホ・・・。
車内素描261
関連記事

バラの枯枝搬出作業

今日の援農ボランティアは、切り倒したバラのトゲトゲ枝が枯れたので、焼却処分のため外に搬出作業。 ハウス内は蒸し風呂状態で汗まみれの作業は疲労困憊・・・。
枯枝搬出a
フォークで引っ掛けてヨイショと持ち上げて、ハウスの外へ担ぎ出す。
こんなに山となった。 あとはオーナーさんが焼却することになっている。
枯枝搬出b

急いで帰宅してシャワー浴びて、高校野球の決勝戦をテレビ観戦。
雑草軍団を応援したんだが、今回も”白河の関所”は通過できず残念無念。(涙)
関連記事

ホトケドジョウ救助!

”中干し”をしている田圃で、くぼみのわずかに残った水溜りにホトケドジョウが取り残されて日干しになる寸前! 
援農クラブの作業中に見つかり、仲間のひとりが水路から水を汲んできて助けてやった。
 おぉ スーパーボランティア!(笑)

ホトケドジョウはゲンジボタルとともに、この谷戸の貴重な守るべき生き物なのだ。
ホトケドジョウ
ホトケドジョウは絶滅に瀕した希少魚で、神奈川県のレッドリストではカテゴリ:絶滅危惧1B類に分類されている。
 詳細はこちら→ホトケドジョウ
関連記事

インゲンマメの花

援農クラブの仲間の畑にインゲンマメの花が・・・。
アップで撮るとなんとも気品がある雰囲気だなぁ。 豆も大きくなっている!
サヤインゲン
関連記事

キラキラテープ

援農クラブ定例活動日の昨日は、田圃グループでスズメよけ対策のキラキラテープ張りをやった。 吹く風はカラッとして気持ちがよかったな。
MYEC0818a
稲穂の上で電飾みたいに晩夏の陽光を反射するテープ。
MYEC0818b
テープのひねり具合で反射の数が違うので、風に揺らぐと光が右左にランダムに揺れ動いて綺麗だ。  雀もびっくり!?
MYEC0818c
同じ黒米で自家種籾の稲は穂が出ているが、農家から調達した種籾の稲はまだ穂が見えない。 これはチョッとヤバイかも?みんなで心配しているが、原因不明。晩生種なのかなぁ・・・。
MYEC0818f

このところ急に涼しくなったが、作業後にスイカが待っていた! 分配のお土産は、バターナッツと茄子が当たった。
MYEC0818d MYEC0818e
関連記事

カラスウリ

林縁の木にカラスウリがぶら下がっていた。 まだ未熟で緑色、秋の深まりが楽しみだな。
カラスウリ
関連記事

苦瓜、ぶどうなどを描く

ディサービス絵手紙ボランティア。 今回は入れ替わり立ち替わりで7名も参加してテンテコ舞い、それがし描く余裕は全く無かった。
途中でお一人が、筆洗のカップに筆を引っかけてひっくり返してしまい、卓上が水浸し!
描きかけの絵が濡れてしまい、慌ててティシュで吸い取りドライヤーで乾かす。
まぁ、こんなハプニングもまた楽しい?ひととき。(汗)
絵手紙ボランティア0817a
ゴーヤは難しいと仰るので、「とにかくイボイボをギッシリいっぱい描けばゴーヤになりますよ」とアドバイス。
オーやってるやってる!その調子で・・・。(笑)
絵手紙ボランティア0817b
このぶどうは、カミさんが知り合いのぶどう園に買いに行った時、廃棄する摘果した葉っぱ付きをモチーフにともらってきたもの。 
未熟で食べられない廃物利用だが絵になった!(笑) (カミさんに感謝)
絵手紙ボランティア0817c 絵手紙ボランティア0817d

 孫台風が吹き抜けて行ってしまい、仏壇のお盆の飾りも片付けて・・・。
  ふ〜 〜 ・・・。   秋風が吹き始めたなぁ・ ・ ・ 。
関連記事

ワルナスビ

ウオーキングの道端で出会ったワルナスビ
北米原産の帰化植物で要注意外来生物(外来生物法)。
ワルナスビa
花も咲いているが、実も大きくなりつつある。 棘が鋭くウッカリ触れない。
ワルナスビb

詳細は、国立環境研究所「侵入生物データベース」のこちらを参照 → ワルナスビ
関連記事

孫台風が吹き荒れる!

 お盆休み、我が家は孫台風席捲中!  明日は中部地方へ抜けて行くので台風一過、ジジババ二人で穏やかになるが、いささかさみしいなぁ・・・。

 2歳の男の子、ふた晩も真っ暗な山の中でよく頑張ったなぁ。
 エライ! 本当に良かったァ! (孫より少しお兄ちゃんだが信じられん)

孫
関連記事

クサギカメムシ

あの嫌な臭い匂いは、カメムシの中で最強と言っていいクサギカメムシ
クサギカメムシa
畑の害虫でもある。  触らぬ神に祟りなし・・・。
クサギカメムシb
関連記事
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

タコノアシ

Author:タコノアシ
タコノアシは沼、川原など湿地に生える多年草、花序がタコの足の吸盤のように並ぶさまからついた和名。レッドデータブック(RDB)では絶滅危惧II 類に分類され、年々減少している。
(2007年準絶滅危惧種に分類変更された)
2004年に現役を退き、絶滅危惧種?の仲間入りをしたので、その名を借りて、リタイア後の生活、身近な自然のできごとなどを発信し、落日の輝きを更に増していきたい。
神奈川県藤沢市に細々と棲息。

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード