FC2ブログ

越冬カマキリの保温

立春も過ぎ暦の上では春だが寒さはまだ厳しい。
それでも越冬中のカマキリは相変わらず元気でよく食べる!
カマキリ食事a
若鶏のモモ肉(レア)を楊枝に刺して与えると、ご覧の通りかぶりついて・・・。
糸で結んでツンツン動かして与える必要もなく、口元へ持っていくと食いつくようになった。 ムシも学習能力があるのかなぁ。 贅沢にすっかり慣れてしまったか?(笑)
いくら美味くても腹八分?か満腹か、まだ残っていてもポイと捨ててしまうところがエライ。(笑)
カマキリ食事b
食後の運動は窓際のカーテン登り。
日向ぼっこ

居間に置いているが夜は暖房がないので、発泡スチロールの箱に入れて毛布などを掛けておく。
カマキリ保温a カマキリ保温b
箱の中には「胡蝶蘭」の鉢も入っていて、最低気温は12℃程度は保てる。
カマキリ保温c カマキリ保温d
昼間はケースを取り出してガラス窓ぎわへ移動して日光浴をさせている。
管理が面倒だが、果たしてどのくらい生存するのか興味深い。
暖かくなって虫が活動するまで生きながらえれば、餌に苦労は無くなるんだが・・・。
関連記事
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
プロフィール

タコノアシ

Author:タコノアシ
タコノアシは沼、川原など湿地に生える多年草、花序がタコの足の吸盤のように並ぶさまからついた和名。レッドデータブック(RDB)では絶滅危惧II 類に分類され、年々減少している。
(2007年準絶滅危惧種に分類変更された)
2004年に現役を退き、絶滅危惧種?の仲間入りをしたので、その名を借りて、リタイア後の生活、身近な自然のできごとなどを発信し、落日の輝きを更に増していきたい。
神奈川県藤沢市に細々と棲息。

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード