FC2ブログ

ベニカミキリ

援農クラブの畑で出会った成虫越冬したベニカミキリ
ベニカミキリ
綺麗な色で魅力的なカミキリムシだが、幼虫は竹を食害する害虫。
ベニカミキリb
飛び立つ寸前の姿。
ベニカミキリc

関連記事

蜜蜂

庭の”シラン”の花にもぐって背中に花粉を背負って出てきて一休みした蜜蜂!
蜜蜂

関連記事

ストロベリーキャンドル

クリムソン・クローバーストロベリー・キャンドル。和名はベニバナツメクサ(紅花詰草)  (マメ科の多年草)
ストロベリーキャンドルa
牧草として利用されるが、根には根粒菌が共生していて、窒素成分を合成するので田圃の緑肥として利用される。 撮影したのは畔に生えたもので、田圃の中は既にロータリーで鋤きこまれて跡形もなかった。
ストロベリーキャンドルb
絵手紙のモチーフにするため採取して持ち帰った。
関連記事

蜜蜂

 ”ストロベリーキャンドル”を撮影中蜜蜂が蜜を集めているのに遭遇!
蜜蜂a
 忙しく小さな花から花へと移動・・・。
蜜蜂b
 ホバリングで・・・。
蜜蜂c
 色から判断すると、”西洋蜜蜂”だと思うが。
蜜蜂d
関連記事

田おこし始まる

援農クラブ定例活動日、田圃グループで田おこし作業をした。
田おこし
雑草が生い茂っている!
田おこしb
3本爪万能で”エイヤッ”と・・・。   黒米の種籾を準備して発芽処理の用意。
田おこしc 種もみ
腰痛の身では重労働、幸い?なことに途中から雨が降り出して作業は繰上げ終了、まさに天の恵みで助かったぁ〜。(笑)

関連記事

クビキリギス

出会えばやっぱりドアップを撮りたくなるひょうきん顔のクビキリギス
眼がテンになるってこの顔か!(笑)
クビキリギスa
援農クラブの畑で。   成虫で越冬して今我が世の春・・・か。
クビキリギスb
関連記事

ホタルカズラ

そろそろ開花しているかと寄り道すると、咲いていた!
ホタルカズラa
鮮やかな紫がかった濃いブルーのホタルカズラ。  ムラサキ科の多年草。
ホタルカズラb
 地面を這うように茎が伸び途中から根が出て新しい株になって行く。
ホタルカズラc
関連記事

鵠沼ラン

 鵠沼ランが咲いている。
鵠沼ランa
 株が減っているようで心配だ・・・。
鵠沼ランb
 まだ小さく花芽がみえないのもある。
鵠沼ランc
関連記事

地エビネ

今年も竹林に自生する地エビネが開花した!
地エビネa
渋い色合いが魅力・・・。
地エビネb
この竹林では4箇所に自生していることを確認して大事に保護している。
地エビネc 地エビネd
関連記事

アオオビハエトリ

庭の植木鉢の縁を徘徊中のアオオビハエトリを見つけた!
アオオビハエトリa
よく見ると第1脚の片方が失われている! 片方だけを懸命に振り上げて・・・。
アオオビハエトリb アオオビハエトリc
片方だけでは狩に不自由しているのではないかなぁ。
アオオビハエトリd

脚や翅など体の一部が欠損したいろいろな虫を時々見かけるが、一見なんの不自由もなさそうに動き回っている。(ようにみえる)
生存競争に負けずに頑張っているんだと感心するなぁ。
関連記事

素焼き

 窯入れ前のカップ。
カップ
 素焼きして今日窯出し、うまく焼けている。
カップ素焼き
 釉薬を施して本焼はだいぶ先になる予定・・・。
関連記事

タチツボスミレ

梅林の下草の間にタチツボスミレの株があちこちで花盛り!
スミレa

スミレb

花の色が濃い株もある。
スミレc

スミレd

関連記事

ナナフシの幼虫

”筍パーティー”の席に珍客ナナフシの幼虫が参加! 
ナナフシの幼虫a
割り箸の袋に移ってもらったが影にピントが・・・。(汗)
ナナフシの幼虫b

関連記事

カキドオシ

谷戸の田圃の畦に咲くカキドオシ。 シソ科の多年草。
カキドオシa

カキドオシb
関連記事

筍パーティー

筍の最盛期で急遽「筍パーティー」を開催することに!
それがしは材料調達グループでタケノコ掘りへ。調理時間から逆算して制限時間は1時間!
大汗かいて大小取り混ぜて10本ほどをなんとか間に合わせた。
筍パーティ1 筍パーティ2
焚火の中に放り込んで豪快に焼く。 一見黒焦げ状態?
筍パーティ3 筍パーティ4
炭化した皮を剥くと、いい香りとともにアツアツのタケノコが・・・。
筍パーティ5
筍を入れた”焼きそば”も大量に完成!
筍パーティ6 筍パーティ7
 予定どおり12時ごろ乾杯、採りたての筍に舌つづみを。
筍パーティ9
 晴天のもとで仲間と談笑はいいね!
筍パーティ10 筍パーティ11

関連記事

谷戸の水路ぎわにある孟宗竹林の急斜面にニョッキリ!
今年初撮りの。  随分大きくなっている!
筍
関連記事

ナナホシテントウ 成虫と幼虫

群生する「カラスノエンドウ」にアブラムシがワンサカ!
天敵のナナホシテントウがたくさん集まって食べ放題!
ナナホシテントウa

ナナホシテントウb ナナホシテントウc

ナナホシテントウd

幼虫たちも負けずに食べ放題!
ナナホシテントウ幼虫a

ナナホシテントウ幼虫b ナナホシテントウ幼虫c

関連記事

菜園畝立て完了!

先日粗起こしして苦土石灰を散布しておいた菜園。 今日腰痛をかばいながら、やっとのことで元肥を入れて畝立て5本が完了! 
里芋、茄子、オクラなど植える予定・・・。 ミニトマトは順調に生育中。
これから雑草との戦いが始まるぞ!
5畝
関連記事

ヒトリシズカ

近所の公園の林の中でヒトリシズカが咲いている。
センリョウ科の多年草。
ヒトリシズカa
花びらが無く白い三本に分岐したのがオシベで、そのつけね部分の緑の膨らんだ部分が雌しべという簡単な構造の花だ! と説明してしまうと風情がなくなってしまうか?(汗)
ヒトリシズカb ヒトリシズカc
1箇所に何本かかたまって生えているのが特徴。
ヒトリシズカd
関連記事

レンゲソウ

近年ほとんど見られなくなったレンゲソウが谷戸の田圃にひっそりと・・・。
毎年こぼれタネで細々と世代を繋いでいるが、なかなか素敵な花だな。
レンゲa
真上からのアングル、キッチリと八等分!
レンゲb
関連記事
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

タコノアシ

Author:タコノアシ
タコノアシは沼、川原など湿地に生える多年草、花序がタコの足の吸盤のように並ぶさまからついた和名。レッドデータブック(RDB)では絶滅危惧II 類に分類され、年々減少している。
(2007年準絶滅危惧種に分類変更された)
2004年に現役を退き、絶滅危惧種?の仲間入りをしたので、その名を借りて、リタイア後の生活、身近な自然のできごとなどを発信し、落日の輝きを更に増していきたい。
神奈川県藤沢市に細々と棲息。

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード