FC2ブログ

いろいろあって”終活”進行中

大晦日 静かに今年を振り返ると・・・。

喜寿を過ぎて明日は目覚めないかもしれない歳になってしまったが、まだ元気の残っている今のうちにと人生最大の決断(笑)をした。

まずは誕生日に運転免許の返納、立て続けに高齢者の運転で悲惨な事故が起きたのがキッカケ。
続いてふるさとの別荘(無人の実家)で長年放置したままの溜まっているガラクタ備品の整理・処分という、いわゆる”終活”を始めた。 確実に負の遺産となるものを残したままでは子供たちに迷惑をかけてしまうからな。

6月からほぼ毎月新幹線で単身別荘に通い、1週間前後滞在して押入れや倉庫部屋の中にあるガラクタの分別・整理。 出てくるモノはそれぞれ思い出深く、ひとつひとつ点検しながらの作業はなかなか捗らない。 が、心の中で昔との決別をつけていくのは切なく寂しいのだが、なんだか晴れバレしてくる諦観かなぁ。
年を越してもまだ作業は続く・・・。


利用する「水沢江刺」駅の西口には南部鉄器の巨大な鉄瓶がデ〜ンと置いてある! 
東口は田圃が広がる田舎ののどかな風景が・・・。
やまびこ モニュメント

関連記事

ゴマダラカミキリ

援農クラブの仲間の畑でまだ「イチジク」が残っていた!

枝分かれしているもう一方に目をやると!
イチジクの害虫ゴマダラカミキリがへばり付いていた。

立派な触覚だなぁ・・・。

カミキリムシの眼は外光を反射しないようで精気を感じさせないなぁ。
 

 (援農クラブの仕事納めの日の一コマ)

今年もあと1日を残すのみ、昨日から”孫台風”が上陸して非日常の世界が・・・!

関連記事

もぐら

 セッセと働いているなぁ! 
もぐらには年の瀬も正月も関係ないか。(笑)

援農クラブの畑の直ぐ傍!  (12月25日撮影)
関連記事

しめ飾り

恒例のしめ飾りを作って玄関に飾って今年の仕事納め。
息子宅のと2セット完成させた。

 いろいろあったが 1年は瞬く間に過ぎてしまうなぁ・・・。



いつも当ブログを訪れていただき ありがとうございます。

みなさま よいお正月をお迎えください。


関連記事

蝋梅ほころぶ

寒空のもとで蝋梅が開花し始めた!

ここだけ一足早い春の訪れだなぁ・・・。
 
心地よい香りがなんともいえず癒されるなぁ・・・。


バラハウスのそばにあるので絵手紙のモチーフに枝を2、3本切って貰ってきたのに、絵手紙ボランティアに持っていくのを忘れて花瓶に挿したままだった。(汗)
関連記事

絵手紙ボランティア仕事納め

今日はディサービス絵手紙ボランティアの仕事納め。
ディサービスは29日までやるぞうで、スタッフの皆さんは大変だなぁ。

来年も元気で再会を願って「良いお年を・・・」と挨拶して帰った。
関連記事

かぼちゃ

細長いかぼちゃは買ったときはもっと緑色だったが、日が経つにつれて黄色っぽく変わってきた!
かぼちゃ
 
関連記事

オオカマキリの卵嚢

剪定していた梅の枝にオオカマキリの産みつけた卵嚢が!

 こっちにもあった!


関連記事

援農クラブ仕事納め

今日で援農クラブは仕事納め。
梅の剪定作業に参加した。 みんな高齢者なので高所作業は慎重に・・・。


畑グループは収穫を終えた「隼人瓜」の棚を補修していた。

大根とネギを収穫して参加者にお土産としてくじ引きで全員に分配。 これがそれがしに当たったお土産。
 

 四季折々、仲間と楽しみながら土と親しむ農作業は来年も続く・・・元気なら。(笑)
関連記事

援農ボランティア仕事納め

クリスマスイブは"援農ボランティア"の仕事納めだった。
出荷されずに徒長して開花した株の切り取り作業。
切った後にはまた新しい芽が伸びて蕾をつけて出荷できるようになるのだ。 ハウス栽培で冬は暖房を入れているので1年中次々と新しい花が咲く。

切った枝はまとめてハウスの外へ抱えて運び出す。
良さそうな花は切り取って持ち帰る。


お茶休憩にハウス内のバラを撮す。
こんなに咲いてしまうと出荷できないので全部花を摘み取るのが基本だが、人手が足りないのでやむなく放置されている。
 
 


切った花はこんなにいっぱいのお土産ダァ!

これで今年のバラハウスのボランティアは終了。 また正月明けから作業は再開するが、冬はハウス内の作業は暖かく天国だな。
関連記事

猿捕茨(サルトリイバラ)

谷戸の水路側にひときわ目立つ赤い実。
トゲが鋭く猿が絡まる?ので猿捕茨(サルトリイバラ)と称される。

ユリ科シオデ属の落葉つる性で雌雄異株。
ルリタテハの幼虫がこの葉っぱを食べて育つ。


関連記事

寒い朝のおはようボランティア

夜来の冷たい雨も止んで、今朝がそれがし担当の2学期最後の”おはようボランティア”。
小学校は明日が終業式で冬休みに入る。

児童たちにはクリスマス、お正月と楽しい休みとなるなぁ。
風邪や事故に気をつけてまた元気に再会しような・・・。


関連記事

車内素描306

外国の方を描くときはいささか緊張。(いつかの時みたいに抗議されはしまいかと)
でもこの方はず〜っとスマホのゲーム?に熱中なので気づかれない。(笑)
車内素描306
関連記事

年の瀬の多忙な一日

昨日はほぼ丸一日”援農クラブディー”だった。
午前中は前回の続きで真竹の間伐と枯れ竹の収集整理作業に参加。
ここの荒れた竹林はまだまだ当分ケリがつきそうにない。


昼食後は援農クラブ恒例のしめ飾り作り。
1年に1度の作業なのでやり方を忘れている人が多く、思い出しながら手ほどきをしている間に自分のものは完成せず、ワラを持ち帰って自宅で作ることになってしまった。


一旦帰宅して小休止。
夕方17時からの「総会」「納会」にまた出かけた。
アルコールが出るので会場までのおよそ3.5kmは往復ウォーキング。(汗)
 
前半の「総会」は配られた資料に沿って、今年度の総括、各担当からの活動報告と来年度計画説明、会計報告と来年度予算、役員改選と進み、それぞれ提案通り承認されて約1時間半で終了。
事務局から会員数、平均年齢、今年度の新入会委員と退会者などの紹介があった。
年々平均年齢の増加傾向が今年度は若干若返ったがそれでも70歳ちょっと!
若い学生さんから80歳超の方々、中にはご夫婦の方も複数おり、それぞれみんな仲良く活動を楽しんでいる。
総勢60名余りの援農クラブは地権者の理解と協力を得ながら、谷戸の里山自然環境を守る活動を楽しみながら続けていくことを確認した。

さて、カタイ話はそれまでで一同揃って

 『かんぱぁ〜い!』


今年は連続して襲ってきた台風で谷戸も未曾有の被害を被ったが、みんなの努力で元どおりの姿を取り戻しつつある。

苦労話などの花が咲きお土産の”黒米”の小袋が配られて

 いよぉ〜っ!!

と 景気良く三本締めでお開き・・・。


 ほろ酔い気分の帰り道はイイ心持ちで・・・。
関連記事

甘酢漬け

できた! 「赤カブ」の甘酢漬け。3個全部使ったので凄い量。(笑)

冷蔵庫で保管して小出しに味わう・・・。


関連記事

芙蓉のタネ

冬の日差しを浴びて芙蓉のタネが暖かそうに・・・。

綿毛に包まれてモコモコ、やがて風に乗って飛んで行くだろうなぁ。


関連記事

落ち葉

落ち葉

 桜の落ち葉は色彩に富むので
 面白い。


 描いた現場を
 真上から見るとこんな感じ。
関連記事

竹林整備

昨日の援農クラブ定例活動日。 
真竹の竹林で込み入った部分の間伐作業に参加。

切った竹は枝を払って斜面に横積みした。 竹細工用の良さそうなものは別に保管しておいたので後日ヒゴを作ろう。


今回のお土産分配は丸々と肥った「大根」と掘りたての「チョロギ 」。 
チョロギはどう調理するか調べてみないと・・・。

追記:
このズングリ肥えた大根は「伝助」という品種で畑グループが今年初めて植えたもの。
関連記事

紅葉 黄葉

 ドウダンツツジ


 サツキ


 道端の植栽だがそれぞれ趣のある色彩だなぁ・・・。

関連記事

ふるさとから

ふるさとの味、江刺産のリンゴが届いた!
箱を開けると芳香が匂い立つ・・・。
関連記事
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

タコノアシ

Author:タコノアシ
タコノアシは沼、川原など湿地に生える多年草、花序がタコの足の吸盤のように並ぶさまからついた和名。レッドデータブック(RDB)では絶滅危惧II 類に分類され、年々減少している。
(2007年準絶滅危惧種に分類変更された)
2004年に現役を退き、絶滅危惧種?の仲間入りをしたので、その名を借りて、リタイア後の生活、身近な自然のできごとなどを発信し、落日の輝きを更に増していきたい。
神奈川県藤沢市に細々と棲息。

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード