FC2ブログ

分割修了式

コロナ禍でいろいろやっているボランティア活動は休業を余儀なくされている中で、小学校の登校見守りのおはようボランティアは学校が再開されてから通常に戻っている。

今日は5年生以下の1学期終了日、本来ならとっくに夏休みになっているのにねぇ。
6年生だけは8月に入っても7日まで勉強するそうで、ボランティアもあと1週間は役目がある。

6年生は中学生になるために何としても遅れを挽回しなくてはならないんだね。
うちの孫たちも市内の別の学校におり、お兄ちゃんは6年生なのでみんな頑張って欲しいねぇ。

今年の夏休みは8月23日までで、24日から2学期が始まる。
なんだかかわいそうだなぁ・・・。
短い夏休みを元気で事故なく有効に楽しんでね。

梅雨明けが待ち遠しい。

このところ感染者が増加中で、また一斉休校なんてことにならないよう祈るのみ・・・。
国会議員はとっくに夏休み中で何してんだろう。
 コロナ 水害 やることいっぱいあるだろう!

関連記事

アオバハゴロモ

庭で見かけるアオバハゴロモは成虫と幼虫が混在している。

幼虫は白いフワフワの蝋物質を分泌して体が見分け難くなっている。

クモやカマキリ が退治してくれることを期待しているが、こんなに多いと食べ切れないかなぁ。(笑)



関連記事

水管理当番

援農クラブ田圃の水管理当番が今日回ってきて午後から見回りに行ってきた。
「中干し」後の湛水で復元田は水漏れに注意しなければならない。最下流の田圃の1
箇所が水路にジャジャ漏れ状態。土嚢で塞いだり草団子を詰めたりの応急処理された場所だったが、土嚢の両側で穴が開いて水が流れ出している!
周りの泥土をかき集めて穴に詰めて塞いだが、だいぶ多くの土が必要だった。

他の田圃も見回り異常なかったので最後に漏れ補修した場所を点検、浮き草が動いていないので漏れは止まっていた。

畔を切った接続水路は水が順調に流れており異常なし!

全ての復元田は水が十分に溜まっているので大丈夫、あとは出穂を待つのみだな。

7月も明日で終わり、梅雨明けは8月の来週あたりかなぁ・・・。

関連記事

カナブン

徘徊中見かけた路面にひっくり返っていたカナブン
渋いがいい色合いだな。

ぴくりとも動かないので虫の息か既に昇天したか。
 
ムシの生涯は儚いなぁ・・・。



関連記事

茗荷

農家の直売で買った「茗荷」を・・・。 今が旬だね。

関連記事

数珠玉

谷戸の水路際の数珠玉が咲いている。




 

数珠玉の花は特殊で説明がややこしく面倒なので省略。(汗)
花の構造について興味ある方は→ここをクリック。
関連記事

2世カマキリ健在

昨年飼育ケースに産み残された卵から5月18日孵化して庭に放した「オオカマキリ」の幼虫たちの1匹がミカンの木を根城?に頑張っている。(7月26日撮影)
 孵化したカマコちゃん2世たちは→ こちら


同じミカンの木で7月9日に出会った個体は褐色系だったが脱皮すると緑系に変身するのか? それとも別の個体かなぁ?
 


関連記事

ベッコウハゴロモ

庭で見つけたベッコウハゴロモ

狭い庭でもさまざまな生き物が棲んでいるなぁ・・・。


成虫を見つけて3日後イチゴの鉢に幼虫発見!

お尻の毛束がリオのカーニバルの踊り子に似ている。サンバのリズムが・・・。(笑)
 


関連記事

暇つぶしデッサン2

暇つぶしでまたシャープペンシルのデッサンを・・・。


視点を変えると・・・。



関連記事

シオヤアブ

菜園のミニトマトの葉で食事中のシオヤアブの♀発見。
獲物を確認しようともう一歩近づいたら逃げられたぁ! (いつもの失敗パターン)
獲物は蜜蜂のように見えるが・・・。


こちらは谷戸の畦道で出会った♂の「シオヤアブ」。

お尻の先が白いのが特徴。   イケメン!(笑)



関連記事

ヤブカンゾウ

谷戸奥の湿地に咲くヤブカンゾウ

1日で萎れてしまうが次々に咲く。
 


関連記事

ニワハンミョウ(庭斑猫)

庭で見かけたニワハンミョウ(庭斑猫)。
なんで”ニワ”なんだろう?


凄く敏感でチョッとした気配で直ぐ飛んでしまう。


こちらは谷戸の田圃の畦道で出会った個体。 別に庭でなくとも見られるけどな。(笑)



関連記事

アブラゼミ羽化

今年初見のアブラゼミ
庭で羽化していた!
先日”ミンミンゼミ”の鳴き声を聞いたが、いよいよ夏本番だな。
梅雨明けはいつになるのか・・・。


昨日の徘徊で“ツクツクボウシ”が鳴いているのにビックリ!
こんなに早く聞くとは意外。
関連記事

合歓の木にタネが!

雨の合間に公園を徘徊。
まだネムの花が咲いている! 寄ってみるとタネが成長していた。
マメ科だけに大きく立派な豆だな。

風にそよぐ花はいい風情で暫し見惚れる・・・。
 

微かにニイニイゼミの鳴き声が!  忍者だねぇ。



関連記事

ニイニイゼミ

合歓の木の幹でニイニイゼミが鳴いていた! 今年初見だ。

老化現象で聴力が衰え始めてニイニイゼミの音声周波数帯域幅がどうも完全には聞き取れないように感ずる。 寂しいねぇ・・・。
視力も落ちたかこの姿を見つけるのはなかなか難しいところ。
よく周囲に溶け込んでいるねぇ。(視力が良くても見つけにくいか)
 


関連記事

ホソヘリカメムシ

菜園で出会ったホソヘリカメムシ
マメ科の作物の害虫なそうで、菜園のインゲンも吸汁されたか?



関連記事

中干し期間延長

田圃の中干しは、雨の日が多かったが水が溜まることはなく地面は乾いてヒビ割れが出ているところもあって目的は十分達成できたものと思われるが、まだ雨の予報もあるので25日まで延長することになった。

水がないと田圃に入った獣の足跡がくっきり付いている。 何者??
 
厄介ものの「コナギ」があちこちに芽を出している。

中干しが終わるとまた水を張って出穂を待つが、雑草取りが大変だなぁ・・・。

関連記事

Go To トラブル?

Go To トラブル いやトラベルキャンペーンは右往左往朝令暮改。
東京除外やらキャンセル料肩代わりなどどうも定まらない。
なぜ今なのか?(そうか明日から4連休、何がなんでもその前に!)
細かなことは旅行業者の判断にお任せの無責任!
失敗すればどうせまた国土交通省の責任に?


 本当に大丈夫かねぇ・・・。

 コロナ禍がなければ五輪五輪で湧きかえっていたはず。

関連記事

ブチヒゲカメムシ

谷戸の水路際草むらで見つけたブチヒゲカメムシは初見かも・・・。

背中をジ〜ッとみていると白襟の黒衣を着た人の顔が見えてくるぞ。(笑)



長い口吻が腹の方へ伸びているのがわかる。



関連記事

谷戸の山百合

谷戸奥の水路ぎわにある2本のヤマユリが咲いていた!
5日前の開花間近い蕾状態が・・・。

今日行ってみたら全部開花して超豪華!

辺り一面に芳香が漂い気持ちいい・・・。
 


関連記事
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

タコノアシ

Author:タコノアシ
タコノアシは沼、川原など湿地に生える多年草、花序がタコの足の吸盤のように並ぶさまからついた和名。レッドデータブック(RDB)では絶滅危惧II 類に分類され、年々減少している。
(2007年準絶滅危惧種に分類変更された)
2004年に現役を退き、絶滅危惧種?の仲間入りをしたので、その名を借りて、リタイア後の生活、身近な自然のできごとなどを発信し、落日の輝きを更に増していきたい。
神奈川県藤沢市に細々と棲息。

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード