FC2ブログ

タラの木の花

谷戸の林縁にあるタラの木が見事な花を咲かせている!

  大きい! ひと抱えもあるなぁ・・・。

小さな花がたくさん集まって咲いている。
 


関連記事

アキノタムラソウ

谷戸の水路ぎわで今年も咲いているアキノタムラソウ
(シソ科アキギリ属の多年草)

草丈がヒョロリと高いので倒れやすいな。



関連記事

シオカラトンボ

田圃でシオカラトンボ(♂)に出会った。

テリトリーを守るように決まった場所に舞い降りてとまる。

前肢を首に折り曲げて4本脚で体を支えるポーズが見られた。



関連記事

臭木開花

夜の公園徘徊でセミの羽化を探索していたら暗闇の中でいい香りが漂っていた。
辺りを見廻すと頭上に臭木の花が仄白く見えた。

臭木の匂いは敬遠だが、花は甘い香りで歓迎だなぁ。



関連記事

セミの羽化

徘徊老人は遂に夜もひとり出歩くことに・・・。(笑)
昨夜缶ビールの酔い醒ましにセミの羽化を見たくなり公園へ・・・。
懐中電灯を忘れ(やっぱり老化日々に増すか) iPhone のランプ機能を頼りに生け垣を探索。

最初は「ミンミンゼミ」(21:18)
 翅が透明で美しい。


次は「アブラゼミ」(21:30)
 先輩の羽化した場所が気にいって同じところで・・・。


 アブラゼミは4匹も羽化を確認できた。

関連記事

お盆前の庭手入れ

援農クラブに活動フィールドを提供していただいている地主さん宅庭の雑草刈りに参加。
クズ、カラスウリ、カナムグラなど蔓性の草、ドクダミ、シダなどの草を刈り取ってツゲ、ツツジなどの徒長枝を切り詰めるなど酷暑の中で汗かいた。

刈り取った草を丸めてエッサエッサと担いで捨てに行く・・・。


もう直ぐお盆を迎えるが、広い庭はそれぞれの植栽が識別できるように綺麗になった!

関連記事

イオウイロハシリグモ

林縁で見かけた大きなイオウイロハシリグモ

 すごい形相 八つ目の妖怪?
 大小8個の単眼で見える視界は360度?  素晴らしいだろうなぁ・・・。



関連記事

稲穂開花!

連日の猛暑だが今日は立秋
菜園に出かけたついでに田圃に寄り道、援農クラブの田圃は”稲穂”が出始めた!



黒米の稲穂は花盛りだ!  ノギが黒いのがよく分かる。



日当たりの悪い田圃は出穂が遅れているなぁ・・・。


残暑が厳しいが稲穂が出揃うといよいよ秋本番となる。 豊作に期待したいな。



今朝6年生の登校を見守って明日から2週間ボランティアも夏休み突入だ。
立秋過ぎからでは秋休みだなぁ・・・。(笑)
コロナ禍で小学校の夏休みは8月23日で終了、24日から2学期が始まる。


関連記事

オオシオカラトンボ

「復元田」の看板に止まるオオシオカラトンボの♂。

前肢を首のところに折り畳んでとまる。 6本足がちゃんとあるのになぜ?
 
四つ足で体を支えている!



関連記事

カラスウリの花

花が見たくて庭で育てた烏瓜がようやく咲くようになった!
雄株の花を切り取って折り紙の真ん中に穴を開けて差し込んでコップに載せて撮影した。
繊細な細い糸が綺麗で夜しか咲かない一夜花が何とももったいない。




関連記事

オミナエシ

援農クラブの畑の土手にオミナエシが咲いている。

子どもの頃お盆の前にこの”オミナエシ”、”ミソハギ”や”キキョウ”をお墓に供えるために山に採りに行ったなぁ・・・。山の草原には野生でたくさん咲いていた・・・。 
現在のふるさとの山はどうなっているだろうか?



鳴物入りの Go To キャンペーン の後にはお盆の帰省は自粛とか、おかしな事を平気でやっている!
孫の帰省は叶わぬことになってしまった。 ガックリ・・・。

関連記事

人参収穫分配

炎暑の中で援農クラブの定例活動、前回に引き続いて植林地下草刈りグループで作業した。(写真なし)
今回で作業は完了!汗みどろで帰還すると、畑グループがお土産を準備していた。
人参の他にナス、モロヘイヤ、ツルムラサキなどの青物もあった。

人参畑を全て収穫して参加者でくじ引き分配! ありがとう・・・。

秋野菜の植え付け準備が進んでいる。 桜広場休憩所のテントの日除けはありがたいね。
 

  汗まみれで帰宅してシャワー浴びて昼寝。 疲れた〜〜。

関連記事

ヒメギスの幼虫

谷戸の草むらでヒメギスの幼虫に出会った!

立派な長〜い触角だねぇ!



関連記事

モミジアオイ

玄関先のモミジアオイが開花!
深紅の大きく豪華な姿も1日でお終いなので残念・・・。

 アオイ科フヨウ属の多年草。  明日咲きそうな蕾。
 


関連記事

バラの葉の滴

庭のバラの葉っぱについた水滴が面白い!





 雨後の楽しみ・・・。

関連記事

シュウカイドウ

谷戸の水路土手に今年も秋海棠が開花!
緑の多い中で遠目にもひときわ目立つ華やかさ。

中国から渡来した帰化植物。
 

  臥して見る秋海棠の木末かな  子規

関連記事

暑中お見舞い




コロナ禍おさまらず
ふるさと岩手もついに感染者が出てしまった!
みなさまどうかお気をつけください。


関連記事

植林地下草刈り

8月最初の援農クラブ定例活動は環境整備グループで地権者の植林地下草刈り作業に参加した。
下草は50cm〜1mぐらいの高さでビッシリ生い茂っている。

久しぶりの日差しのもとで刈り払い機で草との戦いに汗まみれ。

燃料満タンで空になったら止めるつもりが、途中で補給して続行することに・・・。
 
頑張ったが少し残ってしまい次回にまたやることになった。疲れた〜・・・。

地権者の農家からスイカの差し入れで休憩時間の水分補給。
 
食べ過ぎで腹がガブガブ!(笑)



関連記事

ダイコンソウ

谷戸奥の湿地に咲いているダイコンソウ(大根草)。
根出葉の小葉が大根の葉に似ているのでその名になったそうだ。





花が終わってタネになる過程を追ってみたいな・・・。
関連記事
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

タコノアシ

Author:タコノアシ
タコノアシは沼、川原など湿地に生える多年草、花序がタコの足の吸盤のように並ぶさまからついた和名。レッドデータブック(RDB)では絶滅危惧II 類に分類され、年々減少している。
(2007年準絶滅危惧種に分類変更された)
2004年に現役を退き、絶滅危惧種?の仲間入りをしたので、その名を借りて、リタイア後の生活、身近な自然のできごとなどを発信し、落日の輝きを更に増していきたい。
神奈川県藤沢市に細々と棲息。

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード