FC2ブログ

ヨツモンカメノコハムシ

援農クラブの日除けテントの下で一休みしていると、朝顔の葉っぱに見慣れぬ虫が!
ジンガサハムシのようだが体長10mm近い大きさで正体不明。
帰宅して調べるとヨツモンカメノコハムシと判明。 初見!
この歳になっても”生まれて初めて見る”ってことは感動モノ! (笑)

Wikiによれば、熱帯アジアを中心に分布し、日本では琉球列島にいたが、近年本土にも広がりつつあるそうだ。サツマイモなどの害虫とのこと。サツマイモの他には朝顔、ヒルガオなども食害されるそうで、朝顔の葉にいたのも肯ける。
幼虫も成虫もサツマイモの葉を食べるので、今度サツマイモ畑をよく調べてみよう。


南方系のこのムシが生息域を北に拡大していることは、やはり地球温暖化が確実に進んでいるという証拠なんだと改めて思う。

関連記事

ツルボ

この厳しい残暑でもツルボが咲き始めると秋はもうそこまできている気配。







関連記事
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

タコノアシ

Author:タコノアシ
タコノアシは沼、川原など湿地に生える多年草、花序がタコの足の吸盤のように並ぶさまからついた和名。レッドデータブック(RDB)では絶滅危惧II 類に分類され、年々減少している。
(2007年準絶滅危惧種に分類変更された)
2004年に現役を退き、絶滅危惧種?の仲間入りをしたので、その名を借りて、リタイア後の生活、身近な自然のできごとなどを発信し、落日の輝きを更に増していきたい。
神奈川県藤沢市に細々と棲息。

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード