FC2ブログ

ヒイラギモクセイ開花!

ヒイラギモクセイ1
道路沿いの植栽「ヒイラギモクセイ」が開花した。 ヒイラギモクセイ2
「キンモクセイ」よりは慎ましい甘い香が漂っている。

「キンモクセイ」が散って3週間あまり経つが、季節は移って10月も晦日、巷では「ハロウィン」が定着しつつあるようだなぁ・・・。

夕方「ピンポーン」と玄関に来客。

カミさんが応対して、あわてて引き返し

 「お菓子!、お菓子!」と。

トンガリ帽子を被った近所の女の子が、友達とお菓子を貰いに回っているんだとのこと!

ついにきたかぁ?
これまでこんなことなかったなぁ・・・。

「手提げ袋持った子供たちが4、5人いたよ。飴玉あげたけど・・・」
カミさんも苦笑・・・。


思い出したが昔、岩手のふるさとで、小正月に子供たちが家々を回って餅などを貰う「カセドリ」と言う風習があったなぁ・・・。
「ハロウィン」は現代版「カセドリ」か。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

good タイミング

きょう、東遊園地の脇を通ったらね、これ、見つけました。
ヒイラギギンモクセイ、覚えましょう^^、有難うございます。

No title

「ヒイラギモクセイ」ですか。
確かに葉っぱは柊っぽいですね。
浜離宮で銀木犀というのは見たことありますが、葉っぱは金と同じでした。

今は日本でもハロウィンをするんですねぇ。
トゥリック or トゥリートゥって言いながら各家を廻るんですよね。
もし私の家に来られても絶対困ります。
甘いお菓子は食べないので、まず家に置いてないですもの。
断るのも可哀想だし、どう言えばいいのでしょうかね(汗)

No title

画面からかほりが漂ってきそうですね。
白い花すきです。

Re: good タイミング

魔女メグさん、見つかりましたか。良かったですね。
香りはキンモクセイに比較すると抑制的で、慎ましい感じです。
嗅いでみてください。
なお、ヒイラギギンモクセイではなくて、ヒイラギモクセイ、ギンは不要です。

Re: No title

rambleeさん、「ヒイラギモクセイ」は「ヒイラギ」と「ギンモクセイ」の交雑種なそうですよ。
ヒイラギは、初冬に白い小さな花をつけます。

ハロウィン、幸い我が家には買い置きの飴がありましたが、なかったらバツが悪いし・・・。
「ゴメンね、来年は用意しておくからね」とでも言うのかなぁ・・・(笑)

Re: No title

なになに子さん こんばんは! 
この花は、キンモクセイが強烈に自己主張の香りを振りまくのに比べると、ほのかに漂う甘い香りです。

No title

ヒイラギモクセイですね^^。
ありがとうございます。
銀行に行くとき寄り道して、香り確かめます。
上の記事の柿の木、描きたくなるわ~。食べるより好きかも^^。

Re: No title

魔女メグさん それがしは食べるほうが好きで、昨日売り物にならない割れたり、熟れ過ぎの、柔らかくなった柿をたくさん頂いてきました。
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

タコノアシ

Author:タコノアシ
タコノアシは沼、川原など湿地に生える多年草、花序がタコの足の吸盤のように並ぶさまからついた和名。レッドデータブック(RDB)では絶滅危惧II 類に分類され、年々減少している。
(2007年準絶滅危惧種に分類変更された)
2004年に現役を退き、絶滅危惧種?の仲間入りをしたので、その名を借りて、リタイア後の生活、身近な自然のできごとなどを発信し、落日の輝きを更に増していきたい。
神奈川県藤沢市に細々と棲息。

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード