FC2ブログ

恩師の賀状 辞世の句

中学3年の担任だった恩師の訃報が、ふるさとの同級生からあって驚いた。
療養中で、2日に亡くなったそうだ・・・。( 知らなかったなぁ )

毎年 賀状は、こちらからの答礼として元旦が過ぎてから届いていたが、今年は元旦の賀状の束に入っていた。

オヤ!珍しいことだとは思ったが深く考えなかった。
・・・が、改めて読み返すと死を覚悟されていたのだと感じた。

印刷された文面には、例年一句添えられていて、更に必ず自筆のコメントが添えられているのだが、
今年の句は

 玉入れの
 今年の籠は
 高すぎる


更に手書きのコメントは短く

 八十路に入ります。
 複雑!


とある・・・。

筆跡はしっかりしているが、複雑!に万感がこめられていたのだ・・・。

教師になって初めての赴任先が、それがしの母校で、詰襟の学生服姿で挨拶されたことが特に印象深い。
当時は、先生というより兄貴のような親しみがあったなぁ・・・。
志望高校の選択や、奨学制度の紹介、推薦など大変お世話になった。
わが人生の方向付けに、最も寄与していただき、その後は校長の職までの登りつめた忘れられない恩師・・・。

 ・・・合掌・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

タコノアシ

Author:タコノアシ
タコノアシは沼、川原など湿地に生える多年草、花序がタコの足の吸盤のように並ぶさまからついた和名。レッドデータブック(RDB)では絶滅危惧II 類に分類され、年々減少している。
(2007年準絶滅危惧種に分類変更された)
2004年に現役を退き、絶滅危惧種?の仲間入りをしたので、その名を借りて、リタイア後の生活、身近な自然のできごとなどを発信し、落日の輝きを更に増していきたい。
神奈川県藤沢市に細々と棲息。

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード