FC2ブログ

キキョウソウ

キキョウソウb庭のプランターにいつの間にか「キキョウソウ」が伸びて、今花が咲いている。

北米原産の帰化植物だが、あちこちで見られるようになった。

ひょろ長く真っ直ぐ伸びる茎の途中までは花が開花しない閉鎖花で、自家受粉で種を残し、先端近い蕾から開花して他家受粉するという特異な草花なのだ。

キキョウソウの種閉鎖花の種が完熟して子房の窓が開いている。

やがて、この窓から小さな種子がこぼれ落ちる。

先端近い蕾は、普通に開花する開放花で、他の株の遺伝子を受け継ぐために、受粉を待っている。先ずは自家受粉で確実に子孫を残し、次いで他家受粉でより強い遺伝子をもつ子孫を残す巧みな技は凄いなぁ・・・。
キキョウソウa

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

タコノアシ

Author:タコノアシ
タコノアシは沼、川原など湿地に生える多年草、花序がタコの足の吸盤のように並ぶさまからついた和名。レッドデータブック(RDB)では絶滅危惧II 類に分類され、年々減少している。
(2007年準絶滅危惧種に分類変更された)
2004年に現役を退き、絶滅危惧種?の仲間入りをしたので、その名を借りて、リタイア後の生活、身近な自然のできごとなどを発信し、落日の輝きを更に増していきたい。
神奈川県藤沢市に細々と棲息。

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード