脱穀終了

今日は援農クラブの脱穀作業、台風19号の来襲前にやってしまう。
初めは体力も十分で、ハサ掛けの竹に稲束をかけたまんまで担いで運ぶ猛者もいた!
脱穀2
例年どおり指導農家のTさんが、ハーベスターを持ち込み脱穀した。途中で藁が巻き込まれてストップするトラブルがあって予定より若干遅れた。稲束の濡れた部分が災いしたらしい。先日水洗いしたのが乾燥不十分だったか・・・。
脱穀1 脱穀3
休憩は、Tさんから柿、仲間からトマト、焼き芋などの差し入れもあり、事務局の粋な計らいでなんと缶ビールが振る舞われた!
脱穀4 脱穀6
残り少なくなったハサ掛けの稲束、ハサはドンドン解体して泥を洗い流し保管場所へ運搬。
脱穀7

脱穀5脱穀した黒米の籾の入った袋を前に、みんなで記念撮影。
お疲れさま・・・。

あとは籾摺りの作業で、今年の稲作は完了となる。

荒れるにまかせていた休耕田を復田して9年、事務局が復田作業の古い写真を持ってきて見せてくれたが、大木を切り倒す作業など当時の苦労がよく分かった。

それがしは途中からクラブに加わったので、先輩達の苦労は知らないが、凄いことをやったものだと感心するのみ。

お陰で、毎年楽しませていただいている・・・。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

開拓同様の状態から始められたのですね。
私たちも苗の段階からを見せていただいているので、感無量です。
稲が台風にもめげず脱穀され、ホントにおめでとうございます。
記念写真は小さいですが、皆さまの生き生きとした表情が窺われます。
爽やかで素敵!!!!

Re: No title

クラブの仲間は、ほとんどリタイアした素人の集まりですが、みんな楽しくやっています。
地元の農家と、移り住んだ新住民との交流がうまく出来ている地域活動です。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

タコノアシ

Author:タコノアシ
タコノアシは沼、川原など湿地に生える多年草、花序がタコの足の吸盤のように並ぶさまからついた和名。レッドデータブック(RDB)では絶滅危惧II 類に分類され、年々減少している。
(2007年準絶滅危惧種に分類変更された)
2004年に現役を退き、絶滅危惧種?の仲間入りをしたので、その名を借りて、リタイア後の生活、身近な自然のできごとなどを発信し、落日の輝きを更に増していきたい。

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード