イヌビワ

緑地点検のときに見つけたイヌビワのまだ未熟の実。この木は雌雄異株で、花粉の受け渡しは「イヌビワコバチ」という小さな蜂の仲間が必要。
またこのイヌビワコバチは、イヌビワの雄花の中でしか育つことができないという共生関係にある。
共生という極限定された特殊な関係が成立したのは何故なのか、とても不思議だ・・・。
イヌビワの実

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

イヌビワですか、友は山イチジクって呼んでたわ。
どっちも納得のネーミングですね。
これ黒くなると少し甘みが出て食べられます。
<魔女のイチジク>です^^。
まだ秘密らしい計画、興味深々です。

Re: No title

イヌビワもイチジクの仲間なので、なるほどですね。
完熟したら味見しようかな・・・。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

タコノアシ

Author:タコノアシ
タコノアシは沼、川原など湿地に生える多年草、花序がタコの足の吸盤のように並ぶさまからついた和名。レッドデータブック(RDB)では絶滅危惧II 類に分類され、年々減少している。
(2007年準絶滅危惧種に分類変更された)
2004年に現役を退き、絶滅危惧種?の仲間入りをしたので、その名を借りて、リタイア後の生活、身近な自然のできごとなどを発信し、落日の輝きを更に増していきたい。

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード