冬仕度の作業

援農クラブの活動は、冬仕度に入った。
MYEC141203b田圃は竹林の腐葉土を散布したあと、土壌菌を生かすために表面を軽く耕して腐葉土を鋤き込む作業が、今日で完了した。
MYEC141203a米糠の散布も今日が最後。

この後、水路の改修などを済ませて冬季の湛水に入る予定。
最上流の田圃の取水口の再構築作業。仲間の一人が素晴らしい工夫を施した「取水流量調節装置」を作って持ってきたが、塩ビ管のサイズを間違えて小く出来ており、取り付けが出来なかった。サイズを大きく改造して次回再挑戦となった。
MYEC141203c MYEC141203d

MYEC141203e畑の作業も里芋の種芋の冬越しのため畑にムロを掘って埋めた。

藁や落ち葉で覆い、通気用の竹を埋めて土をかぶせて終了。

冬場の作業の楽しみは、定番の「焼き芋」。

アツアツの焼きたてをみんなで食べて作業終了。
掘った里芋の種芋以外はみんなで分配、畑の大根も1本ずつお土産になった。
MYEC141203f MYEC141203g


 過日このブログをご覧の市内の方から、長文のご感想、ご意見をいただきありがとうございました。援農クラブの活動にもご関心がおありのようで、いろいろお考えを述べておられましたが、ぜひご一緒に活動していただければいいなぁと思います。
 現役の若い方は、お仕事の都合で参加がままならないのは残念ですが、土曜日など時間が都合がつけば大歓迎です!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

タコノアシ

Author:タコノアシ
タコノアシは沼、川原など湿地に生える多年草、花序がタコの足の吸盤のように並ぶさまからついた和名。レッドデータブック(RDB)では絶滅危惧II 類に分類され、年々減少している。
(2007年準絶滅危惧種に分類変更された)
2004年に現役を退き、絶滅危惧種?の仲間入りをしたので、その名を借りて、リタイア後の生活、身近な自然のできごとなどを発信し、落日の輝きを更に増していきたい。

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード