竹独楽作り体験教室

昨日、藤沢市科学少年団の体験教室で「竹独楽」作りを、援農クラブの仲間5人で指導した。 科学少年団は、小学4年生から中学3年生までの男女で、二つの教室に分かれてそれぞれ40数名の多人数だった。

竹独楽作りのスペシャリストが作り方を説明して、各テーブルごとに材料を配布、一斉に作り始めた。
科学少年団体験学習2 科学少年団体験学習3
班ごとに年長のリーダーが低学年の面倒も見るのだが、没頭してくるとみんな自分の世界! 指導する我々が手助けをする・・・。

科学少年団体験学習1

異色なコマ最初は竹の板を2枚で十文字に組み合わせる形のコマを作って、要領を覚えたら枚数を増やして複雑な形にステップアップ。

中にはテキストにないこんなユニークな形のコマを作った子、こういう発想は嬉しくなるなぁ。(大拍手)

多勢の子供達はそれぞれ個性的で面白い。

自分で作ったコマを回す嬉しそうな表情が素晴らしい。

子供達が頑張って作った「竹独楽」と当日配られたテキスト。
独楽ははそれぞれ装飾を施してあり、回すと美しい。
科学少年団体験学習5 科学少年団体験学習4
短い時間だったが、子供達と触れ合い貴重な体験をさせてもらった。
 ありがとう・・・。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

当方、毎年
夏休みの工作教室をやっているのですが
これは、楽しそうです

竹トンボ、水鉄砲、器とお箸
と竹を使った工作をやってきました

竹独楽造り
是非、やらせて頂きたいと思います。

Re: No title

そうですか!
Tazumichiセンセイなら、写真見ただけでたちどころに図面が描けると思いますので、是非トライしてみてください。
軸は100均の焼き鳥竹串を使っています。
キリ穴を大きくしすぎないことがポイントです。
竹と軸はボンドで接着します。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

タコノアシ

Author:タコノアシ
タコノアシは沼、川原など湿地に生える多年草、花序がタコの足の吸盤のように並ぶさまからついた和名。レッドデータブック(RDB)では絶滅危惧II 類に分類され、年々減少している。
(2007年準絶滅危惧種に分類変更された)
2004年に現役を退き、絶滅危惧種?の仲間入りをしたので、その名を借りて、リタイア後の生活、身近な自然のできごとなどを発信し、落日の輝きを更に増していきたい。

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード