筍シーズンを前に

昨日は援農クラブ定例活動日、先ずは全員で竹林オーナーの依頼で、筍収穫前の間伐残材の搬出作業。 その後それぞれのグループの別れてクラブの仕事に移った、
竹林整備
高所作業の得意な仲間と二人で、梅林そばの2本の大イチョウの枝払いを分担。
10mを超える高さに安全帯をつけてスルスル登っていく仲間を見上げながら、それがしはもっぱら文字通りの”下働き”。 
イチョウ枝払いa イチョウ枝払いb
次々と落ちてくる太い枝を、ノコギリや太枝切りハサミで更に細切れに処理して片付ける作業に汗だく・・・。
イチョウ枝払いd イチョウ枝払いc

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

タコノアシ

Author:タコノアシ
タコノアシは沼、川原など湿地に生える多年草、花序がタコの足の吸盤のように並ぶさまからついた和名。レッドデータブック(RDB)では絶滅危惧II 類に分類され、年々減少している。
(2007年準絶滅危惧種に分類変更された)
2004年に現役を退き、絶滅危惧種?の仲間入りをしたので、その名を借りて、リタイア後の生活、身近な自然のできごとなどを発信し、落日の輝きを更に増していきたい。

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード