世界自然遺産の小笠原諸島観光(2)イヤな出来事

今回の小笠原旅行は、出発前からイヤな出来事が・・・。
定期船「おがさわら丸」が久里浜港に寄港する特別便で、家から近い久里浜から乗・下船するツアーを予約していた。出発前日夕方、強風で久里浜寄港が不可能と決定したが、参加可否をツアー会社から問い合わせあり。
参加するなら東京の竹芝出港に間に合うよう来て欲しいとのこと。
自宅出発時間が3時間も早まり、通勤ラッシュの満員電車に大きな荷物を持ち込むのがイヤだったが、カミさんがせっかく用意したのに行かなくちゃ、との積極性につられて参加を返事した。

朝7時に降りしきる雨の中荷物を抱え家を出て、満員電車に揉まれてなんとか竹芝桟橋に到着。10時に風雨の中を定時出港、レインボウブリッジをくぐって雨で霞む東京湾を南下・・・。 湾内航行はそれほど船の揺れはなかった。
おが丸a おが丸b
外洋に出るともう激しいローリング、ピッチングの連続! 
ドス〜ン、ギシギシ、ドカ〜ン、ガタガタ、船内歩行は手すりを掴んでヨロヨロ、トイレに行くのも決死行!。 
酔い止め薬を事前に服用していたが、カミさんはグロッキー、大揺れのベッドで息も絶え絶えに「来なきゃよかった〜」
船内イベントは全て中止のアナウンス。
二人とも夕飯どころではなく、ひたすらベッドで横たわるのみ。
おが丸c おが丸d
地獄の夜はほとんど眠れず、カミさんの介抱・・・。 
イヤハヤとんだ旅の始まり・・・。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

一日以上も掛かるのに、大変な思いをしましたね。
船は揺れることが多いですが、荒れが続くと生活物資に困ります。
7月からは新造船・第3おがさわら丸が就航するそうです。
そうすると時間短縮、もう少し大きい船になるそうですよ。
私はせいぜい大島までです。

Re: No title

新しい船は倍近い大きさの11000tですがエンジンは現行船と同じ出力、それでも少し早くなってちょうど24時間で着くようです。
丸1日の航海は相変わらず長旅ですが、それだけの価値はありますね。
怪我しなければですが・・・。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

タコノアシ

Author:タコノアシ
タコノアシは沼、川原など湿地に生える多年草、花序がタコの足の吸盤のように並ぶさまからついた和名。レッドデータブック(RDB)では絶滅危惧II 類に分類され、年々減少している。
(2007年準絶滅危惧種に分類変更された)
2004年に現役を退き、絶滅危惧種?の仲間入りをしたので、その名を借りて、リタイア後の生活、身近な自然のできごとなどを発信し、落日の輝きを更に増していきたい。

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード