世界自然遺産の小笠原諸島観光(3)父島上陸

夜中に案内所の乗組員にカミさんの容態を相談に行くと、船酔いは上陸して1時間もすればケロっと治るので、吐いてもいいから水分を補給するようにとのアドバイスに従い、無理やり水分補給をしてもらった。
明け方近くなってようやく激浪が収まって、穏やかな揺れに変わったので、少しまどろむことができた。

父島が近づくと南洋の海は暖かく、周囲は船首からも船尾からも見えるのは水平線だけ。
二日目a 二日目b

二日目cカミさんはベッドに横たわったまま朝食も食べたくないとのことで、一人レストランで水平線を眺めながら遅い朝飯。

11時40分過ぎに二見港にやっとの事で到着、25時間余り(約1000km)の長い苦しい船旅が終わった!

二人とも大きな荷物を抱えて、ヨロヨロと上陸・・・。

二日目d 二日目e
岸壁の「おがさわら丸」1997年3月就航(全長131m 6700t)
6月末で引退して新造船に交代するそうだ。ご苦労さま。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

タコノアシ

Author:タコノアシ
タコノアシは沼、川原など湿地に生える多年草、花序がタコの足の吸盤のように並ぶさまからついた和名。レッドデータブック(RDB)では絶滅危惧II 類に分類され、年々減少している。
(2007年準絶滅危惧種に分類変更された)
2004年に現役を退き、絶滅危惧種?の仲間入りをしたので、その名を借りて、リタイア後の生活、身近な自然のできごとなどを発信し、落日の輝きを更に増していきたい。

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード