グリーンアノール

世界自然遺産の小笠原諸島観光で出会った生き物のひとつ「グリーンアノール」。
これも生まれて初めて見るトカゲ!
Wikipediaによると、1960年代に父島にペットとして持ち込まれたのが逃げ出して繁殖したようで、その後母島にも渡って増え続けている。 
もともとは、アメリカ合衆国南東部、キューバ、メキシコ、西インド諸島に分布。
小笠原の固有生物を守るために、「日本の侵略的外来種ワースト100」に指定されて、大掛かりな駆除対策が行われている。
グリーンアノールa

グリーンアノールbペンションの庭のウッドデッキに現れた!

体色を環境に合わせて巧みに変化させるので、庭の土の色になっているようだ。

本土のカナヘビに似ているが、指先にはヤモリのように平べったい踵下薄板があるので見分けられる。

グリーンアノールcこちらが名前の通りの「グリーンアノール」で、森巡りでカミさんが撮った。

車の中で待っていたので、残念ながら見るチャンスがなかった。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

タコノアシ

Author:タコノアシ
タコノアシは沼、川原など湿地に生える多年草、花序がタコの足の吸盤のように並ぶさまからついた和名。レッドデータブック(RDB)では絶滅危惧II 類に分類され、年々減少している。
(2007年準絶滅危惧種に分類変更された)
2004年に現役を退き、絶滅危惧種?の仲間入りをしたので、その名を借りて、リタイア後の生活、身近な自然のできごとなどを発信し、落日の輝きを更に増していきたい。

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード