展示会で感動!!

昨日、友人が主催するグループ展に出かけた。
 「写楽和会写真展・趣味展」 (藤澤市民ギャラリーで9日〜14日開催)
展示会1
彼は写真の公募展や、スクープ写真など数々の受賞歴のあるアマチュアでも古くからの実力派だが、写真の他にも多彩な趣味を持っていることをこの展示で知り驚いた!
写真を除いて興味深い展示作品を以下に紹介。
展示会2

展示会31枚の紙を切ったり折ったりして形作る造形美。

お面そのものの美しさを紙で表現する試みは興味深く、折り紙のように山折、谷折りを平面でやってしまう技術に感心した。

素晴らしい!

教えを受けて作ってみたくなった!

実際にあげることができる和凧は、骨を抜くことで巻いて収納できる優れもの。
それがしがもっている「スポーツカイト」と同じ発想だが、収納する袋にも彼らしいこだわりを持って作っている。
展示会4 展示会5

こちらは拾い集めた小さな自然石の形にそれらしい名前を付けて飾る「水石」(石を鑑賞する日本の文化)というジャンルの展示。 
石を安定して載せる台座も自作の凝った作りに脱帽。
動物や仏像などそれらしい名前をつけられた小石を見ると、なるほどと急に親しみがわく不思議な世界・・・。
展示会6 展示会9

1本の丸太を縦に薪割りのように6分割して、それぞれの割れた形状を生かしながら、芯に地蔵様を彫刻する凝った手法、6本を元どおり重ねると地蔵さま六体を秘めた丸太になってしまうのだ! 未完ながらその構想を聞いて驚嘆。 早く完成品をみたいものだ。
展示会10

彼の奥様も木目込み人形の先生なそうで、見事な作品を並べておられた。
展示会7 展示会8

リタイアしてその後の生き方は人さまざまだが、彼のように子供の時から好奇心を保って色々なジャンルを追求する姿は見習いたいところが沢山あるなぁ・・・。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

タコノアシ

Author:タコノアシ
タコノアシは沼、川原など湿地に生える多年草、花序がタコの足の吸盤のように並ぶさまからついた和名。レッドデータブック(RDB)では絶滅危惧II 類に分類され、年々減少している。
(2007年準絶滅危惧種に分類変更された)
2004年に現役を退き、絶滅危惧種?の仲間入りをしたので、その名を借りて、リタイア後の生活、身近な自然のできごとなどを発信し、落日の輝きを更に増していきたい。

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード