ジョロウグモの巣にも個性が・・・

先日のジョロウグモとは別の巣、これも見応えがあるなぁ。
前回のジョロウグモは各足場糸(横糸)の間に、五線譜のように平均5本の粘着糸(横糸)を張っていたが、こちらは平均6本のようだ。(下の拡大画像参照)
蜘蛛の巣a
一般に円網を張るクモは、縦糸を張ってから足場糸を外周から張っていき、粘着糸(横糸)も外周から中心に向かって等間隔に張っていく。
ジョロウグモは、粘着糸を等間隔に同じ本数張れるように、あらかじめ足場糸の間隔を決めているようだ。しかし、よく見ると、足場糸を挟んで次のセクションに渡っても、また元のセクションに戻っている場所があり面白い。
クモの技量に上手、下手があるようで、腕のいい者は正確な綺麗な形に張れるようだな。
この巣を作ったクモはあまり腕のよくない職人のようで、粘着糸がやたらセクション間の行ったり来たりや、隣同士とくっついたり途切れたりが多く雑だなぁ。
蜘蛛の巣b
たかが蜘蛛の巣、されど蜘蛛の巣、興味が尽きない・・・。(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

おはようございます。

蜘蛛の糸、綺麗ですね。
友人が小品公募展に蜘蛛の糸を描いていますので、
写メを撮らさせていただきました。すいません。
見せてあげましょう。
縦糸、足場糸?スゴイ!魅せられてしまう。
私も描きましょう。

Re: No title

クモは面白く興味深いムシのひとつです。
蜘蛛の巣が絵のモチーフになるんですね。
お役に立てれば嬉しいです。
素晴らしい作品を是非アップしてください。

No title

こんにちは☂
縦糸、横糸は見たことがありますが、粘着糸は知りませんでした。
それにしても細かいこと!
それと、どこまでも続く一筆書きのようであり、線が美しいです。

Re: No title

毎日雨でいやになりますねぇ。
雨の雫をつけた蜘蛛の巣もなかなか美しいものです。

そうです!まさに一筆書きなんですね。
獲物がくっつく粘着糸(横糸)が本命の蜘蛛の糸です。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

タコノアシ

Author:タコノアシ
タコノアシは沼、川原など湿地に生える多年草、花序がタコの足の吸盤のように並ぶさまからついた和名。レッドデータブック(RDB)では絶滅危惧II 類に分類され、年々減少している。
(2007年準絶滅危惧種に分類変更された)
2004年に現役を退き、絶滅危惧種?の仲間入りをしたので、その名を借りて、リタイア後の生活、身近な自然のできごとなどを発信し、落日の輝きを更に増していきたい。

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード