「蛍保存会」春の作業

昨日援農クラブは蛍保存会の春の環境整備作業に従事、地元保存会のメンバーと一緒に総勢35名で谷戸奥の刈り払いと、田圃の両側を流れる水路の掃除を実施した。
蛍保存会a
ジュズダマやオギなどの生い茂った谷戸奥の湿地を、刈り払い機で刈り取る。
蛍保存会c 蛍保存会b
見違えるほどスッキリ、見通しも良くなった!
蛍保存会d
休憩は保存会からお茶とパン、菓子や自家製漬物などが提供されて一息つく。
休憩
水路には、杉の落ち葉などが堆積しており拾い集めて集積した。
蛍保存会1 蛍保存会2
廃棄絨毯を集めて持ち込み、田圃の畦道に敷き込みぬかるみ防止。  終了後記念撮影。
蛍保存会3 蛍保存会4
 3ヶ月後の蛍シーズンに期待しよう・・・。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

タコノアシ

Author:タコノアシ
タコノアシは沼、川原など湿地に生える多年草、花序がタコの足の吸盤のように並ぶさまからついた和名。レッドデータブック(RDB)では絶滅危惧II 類に分類され、年々減少している。
(2007年準絶滅危惧種に分類変更された)
2004年に現役を退き、絶滅危惧種?の仲間入りをしたので、その名を借りて、リタイア後の生活、身近な自然のできごとなどを発信し、落日の輝きを更に増していきたい。

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード