紫華鬘(ムラサキケマン)の種

3月末に撮影したムラサキケマンの種ができて鞘の中に透けて見えた。
  花はこちら→ ムラサキケマン
てっぺんの鞘に指で触れた途端、弾け飛んで視界から消えた!
ca
両手で包み込んで触るとピンピン跳ねて種と丸まった鞘が掌に溜まった。
この感触がなんとも言えないくすぐったさ・・・。 面白い!
紫華鬘b 紫華鬘c
直径1mm足らずの丸く黒い粒には「エライオソーム」という白い蟻の好む物質が付着していて、蟻が運ぶことで分布域を拡大するんだそうだ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

タコノアシ

Author:タコノアシ
タコノアシは沼、川原など湿地に生える多年草、花序がタコの足の吸盤のように並ぶさまからついた和名。レッドデータブック(RDB)では絶滅危惧II 類に分類され、年々減少している。
(2007年準絶滅危惧種に分類変更された)
2004年に現役を退き、絶滅危惧種?の仲間入りをしたので、その名を借りて、リタイア後の生活、身近な自然のできごとなどを発信し、落日の輝きを更に増していきたい。

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード