菊底編み籠

菊底編み籠a 菊底編み籠b
しばらくぶりで菊底編みの籠を作った。縁巻き竹が途中で折れて継ぎ足したり苦労したが何とか完成させた。
底が丸まっているため自立不安定、4箇所に脚を挿したので安定性は抜群!
  サイズ 直径:23cm 高さ:27cm
菊底編み籠c

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

見事なものですね(^^♪

こういうのを見たら小さい頃職人さんが作っていた工房の様子がよみがえってきました。道路沿いにあったため職人さんの鮮やかな手さばきが良く見えて、学校帰りに飽きずに眺めたものです。
竹の切れ端などを使って箸や竹トンボなどをつくってもらったこともいい思い出です。
なぜか“たんこや”と呼んでいた記憶がありますが店名なのか職業名なのか、はたまた何かほかの名称だったのか今もって謎です。

Re: No title

昔は竹細工職人も多かったですが、プラスチック製品に変わってしまい、その技術を伝える人がほとんどいなくなってしまいました。
竹林は荒れた竹藪になってしまい残念なことです。
竹製品は自然に優しいので、もっと使う人が増えて需要が多くなればいいと思うんですがねぇ・・・。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

タコノアシ

Author:タコノアシ
タコノアシは沼、川原など湿地に生える多年草、花序がタコの足の吸盤のように並ぶさまからついた和名。レッドデータブック(RDB)では絶滅危惧II 類に分類され、年々減少している。
(2007年準絶滅危惧種に分類変更された)
2004年に現役を退き、絶滅危惧種?の仲間入りをしたので、その名を借りて、リタイア後の生活、身近な自然のできごとなどを発信し、落日の輝きを更に増していきたい。

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード