田の草取り

援農クラブの活動時間がサマータイムになって30分早く始まる。 今日は田圃グループで「田の草とり」作業に従事。 コナギオモダカなどがはびこり、手で抜かないと退治できない段階になっていた。 田圃専用のゴム長靴でも湿田の泥に足を取られて難儀、カンカン照りで大汗をかいた。
田の草取りa
気温がドンドン上昇していき、シルバー世代にはきつい作業、上流の3枚の田圃を除草して早めの終了。
田の草取りb
畦から届く範囲は手製の除草具を使って引っ掛けて取る。 毎年色々な形の除草具が作られて使われるが、これが2017年型の最新型のもの! なかなか好評のようだが、手で引っこ抜くのが一番確実だな。
田の草取りc 田の草取りd
クレソン」が混じって成長していたので、区別して取り最上流の試験区画田に移植した。 増えれば利用価値ありだな。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

タコノアシ

Author:タコノアシ
タコノアシは沼、川原など湿地に生える多年草、花序がタコの足の吸盤のように並ぶさまからついた和名。レッドデータブック(RDB)では絶滅危惧II 類に分類され、年々減少している。
(2007年準絶滅危惧種に分類変更された)
2004年に現役を退き、絶滅危惧種?の仲間入りをしたので、その名を借りて、リタイア後の生活、身近な自然のできごとなどを発信し、落日の輝きを更に増していきたい。

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード