チョウセンアサガオ

早朝ウォーキングで出会った白い大きな花チョウセンアサガオ
雑草に混じって群落を形成して咲いていた!
チョウセンアサガオb
南アジア原産でナス科の帰化植物。 江戸時代薬用に移入され、野生化している。 かなり強い毒性を持つ。 Wikiによれば、世界初の全身麻酔手術に成功した江戸時代の医学者である華岡青洲は、本種を主成分としていた精製した麻酔薬「通仙散」を使用していたそうだ。
チョウセンアサガオa

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

はあ、、、これが(チョウセンアサガオ)ですか。
知らないで育てたことが有ります。
(ダツラ=トランペット)の花が上を向いて咲いているような?

空き地で可愛く咲いていたので、家に持ち帰って栽培しました。
花が終わると(イガイガの栗)みたいな種になりませんか?

それも可愛かったので、採って紙の上に置いておいたら、、、夜中に変な音がして。。。
原因は、夜中にはじけて(中のタネ)がこぼれ出る音でしたが。

同じ花かな、、葉っぱは(茄子の葉)みたいでしたが。
(猛毒)とは、、、v-404

Re: No title

偶然八重咲きのも見かけかので、毒性について更に調べて見ました。
怖いですねぇ!

「ダツラ」は園芸種なそうですが同じチョウセンアサガオ、観賞用だけなら問題ないですね。
とにかく食べないことです。
タネはゴマに似ているとか、危ない危ない・・・。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

タコノアシ

Author:タコノアシ
タコノアシは沼、川原など湿地に生える多年草、花序がタコの足の吸盤のように並ぶさまからついた和名。レッドデータブック(RDB)では絶滅危惧II 類に分類され、年々減少している。
(2007年準絶滅危惧種に分類変更された)
2004年に現役を退き、絶滅危惧種?の仲間入りをしたので、その名を借りて、リタイア後の生活、身近な自然のできごとなどを発信し、落日の輝きを更に増していきたい。

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード