FC2ブログ

ムネビロハネカクシ

菜園で草取りしていたら見慣れぬ虫が!
近寄ってもっと撮ろうとしたら見失ってしまった。
帰宅して調べたらムネビロハネカクシのようだ。(初見)
ハネカクシの仲間は多いが、いずれも前翅(鞘翅)が極端に小さく、その中に後翅を折り畳んで格納する。飛ぶときはサッと大きく後翅を展開して羽ばたき飛び去る。この後翅を折りたたむ仕組みが実に巧妙で、腹をクネクネ動かしてあっという間に折り畳んで格納してしまうのだ。実際にこの動作を目の当たりにすると感動する。
この動作からハネカクシの名前が付いた!
ムネビロハネカクシ
この翅の折りたたみ方を解明した東京大学生産技術研究所の論文が面白いので興味ある方は下記ご参照ください。
「昆虫界の“最難”折りたたみ:ハネカクシの翅の隠し方の謎を解明」ここをクリック
人間はまだまだ昆虫に教えられることが多い。 ムシは無視できないね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

タコノアシ

Author:タコノアシ
タコノアシは沼、川原など湿地に生える多年草、花序がタコの足の吸盤のように並ぶさまからついた和名。レッドデータブック(RDB)では絶滅危惧II 類に分類され、年々減少している。
(2007年準絶滅危惧種に分類変更された)
2004年に現役を退き、絶滅危惧種?の仲間入りをしたので、その名を借りて、リタイア後の生活、身近な自然のできごとなどを発信し、落日の輝きを更に増していきたい。
神奈川県藤沢市に細々と棲息。

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード