FC2ブログ

参加者たった二人!

有料老人ホームの絵手紙ボランティア。 今回はたった二人しか参加者がおらずさみしい限り・・・。 ボランティアも二人なので内容の濃い?お手伝いができた。

最近入所されたという、おばあさんとの会話が弾んで”傾聴ボランティア”になってしまった。(笑)
少し記憶が飛ぶ傾向に気づいたが、認知症への対応は受講済みなので慌てることなく対応・・・。

広島生まれで13歳で原爆の惨禍にあい、建物の中にいたので火傷もなく奇跡的に助かったが、職場にいた父と動員された兄を失ったそうだ。 
当時の記憶は明確で、悲惨な有様を淡々と語る様子は真に迫っていた。 
被爆体験者と面と向かって話すのは初めて、すごい体験をされた方だった!
絵手紙ボランティア0411

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

おはようございます。
私の母も戦士鵜体験者です。原爆ではないのですが食べる物にかなり苦労したんだと言ってました。
私も絵手紙習ってみたいな。

Re: No title

お年寄りの体験談は貴重ですね。
絵手紙は簡単、自己流で結構、やってみることお勧めです。
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

タコノアシ

Author:タコノアシ
タコノアシは沼、川原など湿地に生える多年草、花序がタコの足の吸盤のように並ぶさまからついた和名。レッドデータブック(RDB)では絶滅危惧II 類に分類され、年々減少している。
(2007年準絶滅危惧種に分類変更された)
2004年に現役を退き、絶滅危惧種?の仲間入りをしたので、その名を借りて、リタイア後の生活、身近な自然のできごとなどを発信し、落日の輝きを更に増していきたい。
神奈川県藤沢市に細々と棲息。

カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード